テーマ:接ぎ木

長雨後の果樹の様子は・・

タップリ、2日間降り続いた雨も上がった今日は、 昼前から強烈な陽射しで果樹の新芽は萎れていました。 降り出す前に良い色だった中国実桜ですが 実割れ果が多発していました。 実割れした「はるか」です。 受粉状況が心配だった上の畑の「紅妃」ですが、 多少のロスは仕方ないですが、 水滴の残る早朝に虫の訪花が見られてホッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

主要果樹の接木や挿木がほぼ終了

昨日の午前中と今日の1日で 予定していました落葉果樹の接木や挿木を終了しました。 一部、実施時期の調整で手を着けていない果樹もありますが、 主要な果樹種はカバー出来た感じです。 肌寒い不純な天気が続いていますが、 一気に仕上げました。 下の畑は、奇異な保湿袋が花盛り状態です。 桃、リンゴ、スモモ、梅、梨類の接木…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ビワの居接ぎ(Ωカットの本番利用)

昨夜半から降り続けた雨は予報より早めに上がりました。 今日は1日ノンビリとごろ寝でも・・・と思っていましたが、 午後1時過ぎには薄日も射して気温は14℃前後・・と、 とても動かずにいられませんでした。 昨年、失敗していたビワの「大五星」の居接ぎは、 どうやら実施時期が5月頃と遅かったとの反省で、 今年は2月末から3月初旬…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おもちゃが届きました・・(^_^)。

果樹仲閒のluftchenさんのブログで拝見した 接木用カッターが面白そうでしたので、 早速、私もeBayで購入しました。 昨日、国際郵便で届きましたが発注から8日目でした。 意外と早くて、接木シーズンに間に合いました。 先ずはカッターの全容から・・ 見た目はガッチリとした造りに見えます。 刃受けや替え刃はネジ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

キウイの接木・挿木:第二弾

今日は仕上げのキウイの挿木や接木を行いました。 下の畑で土中保存していた穂木を掘り起こし、 ビニールハウス内で先日の続きで作業しました。 今日は6品種の挿木や居接ぎ・高接ぎを実施しました。 実生台木を用いて居接ぎしています。 例年、切り接ぎが主体でしたが今回は割り接ぎでやってみました。 挿木もタップリ挿してみ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

午後から、少しばかりのキウイ居接ぎなど・・

日曜日は娘のノートPC購入に付き合って 娘宅で無線ルーターの設置を行いました。 帰宅時にお気に入りの”富士山ビュースポット”を通りましたので、 小型デジカメに納めてきました。 もう少し上に上がりますと裾野が見渡せるのですが、 家内がコンビニで昼食を吟味している間でしたので 徒歩で1,2分の農道から見上げています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

キウイ実生苗のポット上げ

2日間降り続いた雨も朝には上がって、 薄曇りながら陽射しもあって暖かい日です。 積雪が極端に少なかった富士山も、 今季一番の積雪となったようです。 見通しは良くありませんで、傘雲がかかっています。 キウイの居接ぎの場合、台木を掘り上げて接ぐ場合は、 落葉時期の冬季であればいつでも良いようです。 圃場の台木に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鉢植え「月山錦」を移植しました

さくらんぼ置き場には6年生と自作月山錦の2本があり、 今年も2本には沢山の花が咲きましたが、 受粉作業の甲斐もなく全滅でした。 S.F.Takaさんが推奨の無剪定栽培には、 さくらんぼ置き場は手狭ですので先ずは10号鉢の 自作月山錦を下の畑に移植する事にしました。 この時期ですので根鉢は崩さずに、 鉢から抜いたま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桜桃居接ぎの枝払い

今春、下の畑に植え付けのコルト台に 桜桃の12~13品種程度を居接ぎしていました。 私の癖のようなところで接ぎ穂には3,4芽付けて 接ぎ木していましたので今頃になりますと 伸びた枝が重なり合って窮屈な圃場と成っています。 そこで、頂芽のみを残して一本仕立てへの 改変作業を実施しました。 昨日までの居接ぎ苗の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

庭の露地植えスモモ(多品種高接ぎ木)

今年のスモモ類の結実状況は、 皆様の様子との比較は兎も角、 私としては良い状態かと思っています。 スモモは沢山結実しましても、 生理落果が激しいので、 摘果はやらないか、最終的な段階で減らすのが 良策だと思います。 庭植えの「ビューティ」に多品種を高接ぎしていますが、 今春の高接ぎ以外の枝には、 結実数の違いは…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桜桃の多品種高接ぎの結実

鉢植えのコルト台に桜桃の多品種を接ぎ始めたのが 2009年の2月でした。 この時は、15品種の接ぎ木や芽接ぎを実施しています。 購入したコルトの親木から挿木苗も採れたので、 ガッチリと太さを増して枝も出ていたこの購入コルト親木を 台木としています。 活着しなかった芽や穂木も有りで、 毎年、更新してきましたが漸く開…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

活着は3本となりました:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

2月22日にナポレオン、高砂、紅さやかの花芽付き2年枝を 下の畑のコルト台に居接ぎしました。 長い穂木では50cm近くの長さがあり、 今までの居接ぎ経験の中では2,3倍くらい長い穂木でした。 今日現在の様子では、 接ぎ木に成功した穂木が3本 (ナポレオン2本、高砂1本)と判断しました。 最初に芽動きが見られ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柿の花芽確認など

柿の剪定は今一つ勘所が捉えきれずに苦労しています。 下の畑では数年間放置の次郎柿を切り詰めて、 樹高を低くし、枝も払っています。 昨年は数品種の高接ぎを実施していますが、 活着したと思われた穂が今春芽吹かずで 確実に成功したのは3品種となってしまいました。 元木の「次郎」は淡い緑の葉が鮮やかに広がりだしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

高砂も開花して:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

前回は、高砂に芽動きが始まった事をレポートしましたが、 今日見ますと開花していました。 葉芽も伸び出していますので全体のバランスは良さそうです。 完全に停止した芽は無さそうで、 花梗(花柄)がやや短い感じで開花しています。 しかし、もう一本の「高砂-2」は、 見ての通りでして目立った芽動きは無さそうです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高砂にも芽動きか・・:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

さくらんぼの居接ぎの様子を見に行きますと、 ダメかと思っていました「高砂」の1本に芽動きらしき変化が・・。 黙り状態が長かったのでダメになったかと思われた穂ですが、 しっかり息づいていたようです。 ナポレオンほど派手な芽動きではありませんが、 葉芽の先端には緑が覘いていますし、 花芽にも緑が見えだしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

林檎:あれこれ

昨日、雨上がりの鉢置き場を見回った時、 りんご類、今年の一番花が「ジャンボ王林」である事に気づきました。 雨の中で開花した様です。 ピンクの蕾ながら、開くと真っ白の花です。 下の畑の「ぐんま名月」と「北紅」に蕾が確認出来ました。 上の畑の鉢栽培・林檎にも、 蕾が準備されています。…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

動きがあるのはナポレオンだけ?:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

前回アップから4日経過していますが、 目立った変化がないのが気懸かりな状況です。 ナポレオンが開花しそう・・との更新でしたが、 その後、「高砂」と「紅さやか」にはほとんど変化が見られません。 危ない状況かも知れません。 ナポレオンは2輪ほど開花した様ですが、 花に勢いが感じられません。 この穂木の先端部の花芽…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梅の接ぎ木や結実の様子

今春、豊後梅や南高の枝先に品種保存の高接ぎや、 スモモ挿木台に居接ぎなどを多数実施しています。 梅の芽動きは非常に遅くて、精神的に良くありません。 梅の接ぎ木は、苦手な樹種です。 まだかまだかと観察していましたが、 一部、芽動きを示す穂木が見られる様になりました。 とは言うものの、ダイナミックな展葉はまだ先かも知…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブルーベリー挿木・接ぎ木

先日、居残りさんからお願いしてあったブルーベリーの 穂木便が届いていました。 頂いた穂木は太い良質の穂木でしたので、 接ぎ木も実施しています。 長くてしっかりした穂木です。 かつてNHK昼番組のBB園中継で美味しいお勧め品種 として紹介されたBBで、栽培したい衝動を抑えきれずに、 居残りさんに捜して頂きました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

昨日に続けて:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

昨日は気付きませんでしたが、 今日じっくり見ましたら保湿袋を掛けてある「ナポレオン」の 葉芽に動きが見られました。 しばらく保湿袋を掛けたままにしようと思っていましたが、 何時、開花が始まっても良いように袋を全て取り外しました。 昨日の保湿袋越しの観察では葉芽がよく見えませんでしたが、 今日、袋を外してみますと葉芽の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多少は手応え有りの桜桃品種の居接ぎ

今年の桜桃品種は台木不足でして、 品種配分に苦労しました。 コルト台に統一して接ぎ木したかったのですが、 台木不足は暖地桜桃の実生苗や青葉台など手当たり次第で 対応しています。 現状では、脱落例は見られず順調そうな穂木達に見えます。 まだ安心の状況ではありませんが、 現状のご報告となります。 デジカメ撮影時に一時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ:その後の様子は?

去る2月22日に大胆な実験的接ぎ木をやらかして 早1ヶ月余りを経過しています。 このブログをご覧になった多くの栽培家さんは、 その後、アップ出来ない状況だろうとのご推察が多数で、 話題として取り上げる事も出来なかった・・・のではと、 申し訳なく思っている次第です(^_^;)。 さて前置きはともかく、 一応生き残っている…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

すももなどの接ぎ木の様子

かなり春めいてきました。 しかし、まだまだ油断はしていません。 接ぎ木処理したキウイは昨年の冷害を教訓に 遅霜対策でビニール温室や軒下に避難し、 高接ぎ枝には不織布を巻き付けて防寒しています。 冷害に比較的強いのがプラム類の新芽です。 今春施術のすももの居接ぎや高接ぎ枝には 鮮やかな新芽の緑が保湿袋越しに観察できます…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブドウの接ぎ挿し、挿木の様子

3月4日に行いましたロックウール利用の ブドウの接ぎ挿しのその後様子見です。 まだ発根は見られませんが、 接ぎ穂に芽動きが見られるようになりました。 台木はテレキ5BBを使用し、 台木・接ぎ穂をパラフィルムで包帯巻きしていますので、 穂木の芽はこのパラフィルムを突き破って出てきました。 基本的に穂木には1芽を…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桜桃の挿木や接ぎ木の様子

朝晩の冷え込みは厳しいですが日中の陽気は大分春めいてきました。 2月に実施の実験的桜桃の挿木や2年枝花芽付き穂木の接ぎ木など その後の経過を観察してみました。 先ずは2月14日に桜桃穂木を挿木したその後の様子です。 既に葉芽は開きだしたものも見られます。 中には沢山の葉芽が着いた穂木もありますので、 穂木の蓄積養分を加減…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

“ブドウの簡単な接ぎ木育苗法”をやってみました

今朝も真冬の冷え込みでした。 例年に比べて降雪量が極めて少ない富士山ですが、 今季の中では一番の積雪量でしょう。 今朝の富士山(7:48) さて、大層なタイトルに驚かれた方も居られるかと思いますが、 島根県農業技術センターの 技術レポートの表題、そのものです。 引用:2007.5.15 353号 PDF…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

枇杷のバックアップ苗として居接ぎしました

昨年、自然実生苗を鉢上げしていましたが、 大分良い苗に生長しましたので台木として利用してみました。 「大五星」は現在の実付き苗のみでしたので、 バックアップとして保険苗を作ることにしました。 株元の太りもまずまずの実生苗でしたので、 居接ぎはやり易い作業でした。 「大五星」のほとんどの枝先には幼果が着いていまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今季最後の桃の接ぎ木

比較的良い天気が続いていますので 作業は捗ります。 今日は今季の最終接木作業となります 桃類の接ぎ木を行いました。 下の畑に植え付けてあります”おはつ桃”台に居接ぎしました。 品種は少ないので午前中で完了しました。 台木のおはつ桃の太りが良すぎて、 やや腰高の居接ぎとなってしまいました。 自分では余り収…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実験:さくらんぼの花芽付き2年枝の接ぎ木

さくらんぼの接ぎ木に使用する穂木は、 1年枝の新梢を使うのが常法だと思います。 当ブログの一つ前にご紹介しました接ぎ木記事でも 使用しました穂木は新鮮な1年枝の新梢を使いました。 大分前のことですが、 S.F.Takaさんがさくらんぼ生産者の会合に参加された時、 ある方が花芽付き2年枝の接ぎ木の可能性を話されていたとの事…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

こんな大量穂木の消費は無理です!

昨夜の7時半過ぎでした。 山形のS.F.Takaさんからさくらんぼ穂木が届きました。 その穂木の量が半端でないです。 こんな本数を接げる程の台木は準備してありませんでした。 下の畑の圃場で養成していたコルト台は、 せいぜい30本程度です。 予めS.F.Takaさんとは、 扱いやすい穂木の太さなどについてお話しして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more