テーマ:剪定

キウイの簡易剪定(上の畑)

朝晩は冷え込みますが良い天気が続きます。 昨日は上の畑の果樹に越冬害虫駆除を狙っての マシン油乳剤を散布しました。 今日はゴチャゴチャ・キウイ棚の剪定を敢行しました。 剪定と言いましても、棚に1品種とは行きませんので、 残したい枝を確認しながらの切り詰めで 狭い棚なのに半日掛かりでした。 一部に緑の葉も残りますが霜…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

露地植え桃の剪定

落葉果樹の剪定の手始めは、 下の畑の地植え桃となりました。 鉢栽培に比べて成長や枝の伸長・太りは 圧倒的に露地栽培の方が旺盛です。 鉢栽培ではほとんど新梢の伸びがありませんので、 剪定枝も僅かですが、 下の畑の剪定枝は多かったです。 突然気まぐれに剪定を始めましたので、 全ての品種を剪定前の画像を残せませんでした…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

60年生佐藤錦の剪定など・・:S.F.Takaさんの桜桃栽培21

山形S.F.Takaさんの近所の公民館には福島県相馬から 避難してきて居られる様です。 早く安泰な環境回復を願っております。 今回はこのシリーズで何度か紹介しています「60年生佐藤錦」の 剪定経過の画像を送って頂きました。 この佐藤錦は60年生の巨木ですのでプロの剪定でも6時間を要した様です。 何度見てもその貫禄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暴れコルト台22年生佐藤錦の剪定:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑳

今回の題材は初めて登場のコルト台22年生佐藤錦です。 コルト台の特徴でもあります樹勢の良さ故に 主枝の調整に手を焼いているようです。 暴れコルト台のこの佐藤錦もようやく落ち着き出した感じで、 これから収穫株としての働きに期待と言ったところでしょうか。 言われてみますと何となく上に向かう勢いが強そうに感じますのは …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

25年生佐藤錦の剪定など:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑲

本日の山形は、朝8時過ぎの気温が1.5℃、作業終了の12時頃が3.1℃でした。 ちなみに当地の同時刻の気温は、4.4℃と16℃でした。 現在、15時過ぎの気温は18.3℃なり。 さくらんぼ圃場の雪も大分解けたようですが、 まだ一面が真っ白の銀世界です。 本日のレポートは25年生佐藤錦の剪定風景です。 去年より徒長枝の数…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

山形からさくらんぼ近況報告:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑱

まだまだ雪解けには時間が掛かりそうな 山形のS.F.Takaさんからさくらんぼの画像便りが届きました。 今日の日曜日は穂木採取も兼ねて、 20年生の佐藤錦の樹形改善風景を送って頂きました。 今日あたりのさくらんぼ圃場では、 雪が固めにしまったので踏み跡も浅くなったようです。 こんな景色だけなら良かったのですが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

りんごの剪定:下の畑

落葉が遅れていた下の畑のりんご2本を剪定しました。 1/2本は「ぐんま名月」単独木で、 もう1本は「シナノゴールド」に多品種高接ぎしています。 剪定前の「ぐんま名月」と「シナノゴールド」です。 落葉し切っていませんが徒長枝を切り詰めました。 このぐんま名月には今春、「つがる」と「らくらくふじ」を高接ぎの予定です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キウイ棚の剪定(上の畑)

落葉が遅れていました上の畑のキウイですが、 ここ3,4日の降霜によって霜枯れました。 やっと剪定できるようになりました。 防鳥ネットまで伸びた蔓が絡みつき、 剪定よりもこの蔓を外すのが一仕事になりそうです。 剪定前のキウイ棚は品種見本棚だけに、 狭い棚なのに8種類の雌雄キウイ苗がひしめき合っています。 夏場に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

欧州種ブドウの撤退

上の畑内に有ります小型ブドウ棚には欧州種の 「ビッテロビアンコ」と「リザマート」を植え付けていました。 樹は出来たのですが良い実が付きにくい(特にビッテロビアンコ) 事やスリップスに弱いなどで美味しいブドウとは程遠いです。 今回の剪定で枝を切り異品種の高接ぎで更新しようかと思います。 葉も黄色く紅葉し落葉が始まりましたので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

露地植えラ・フランス(多品種高接ぎ)の剪定

クリスマス寒波の影響で快晴ですが冷たい強風が吹き荒れています。 朝の早い時間に下の畑に出かけてみましたが、 一面に霜柱が立ってポリタンクに溜まった水は凍っていました。 作業は無理と早々に諦めて上の畑の剪定作業に切り替えました。 例年より落葉が遅れていました露地植え「ラ・フランス」も ほぼ落葉が終わりになったと判断しまして剪…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

桃の剪定(今日は9本)

今日も午後から下の畑で剪定作業です。 桃やネクタリンなどの品種9本を一気に剪定しました。 この剪定が終わりますと残る果樹はリンゴやキウイなど 数少なくなります。 桃類は地植え効果が最も如実に現れた果樹の一つでして、 主幹の太りや枝の発生・伸長は目を見張るものがありました。 剪定前の桃類の落葉した様子です。 本日はこ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

露地植えスモモ数本を剪定しました(下の畑)

天気予報では午後から曇りのち雨でした。 10時前に速攻の剪定作業に出かけました。 所要時間2時間で何本の樹を剪定できるか? 取り敢えず今日はスモモを主体に剪定の予定です。 ポリシーとして、 ①コンパクトな樹形であること。 ②主幹樹高を2m前後に留めること。 ③樹幅を2.5m前後に維持すること。 ④樹冠から陽が射し込む…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

8年生佐藤錦の剪定:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑯

S.F.Takaさんから資料が届いたのは昨日の午後でした。 今日の早い時間にアップしましょうと予定していましたが、 デスクトップPCのHDが壊れかけのリスタートが頻発で、 急遽、HDの交換とOSやアプリのインストール作業で すっかり遅れてしまいました。 幸い、ブログやHPの更新作業はノートPCでやっていますので、 時間に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

各種果樹の剪定など

冬晴れの日が続いて剪定作業がはかどります。 昨日から今日に掛けて、 上の畑内に置いてある果樹の剪定を進めています。 鉢植えのスモモも随時整枝・剪定しています。 60L鉢植えの「紫峰」は細枝が多いですが、 樹冠部とフトコロ枝を整理しました。 生食向きの杏として期待の「ハーコット」は、 非常に実止まり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブドウの行灯作り:(整枝・剪定)

コンパクトな樹形でブドウ栽培を楽しむには、 小鉢植えの行灯作りが良さそうです。 今年は、「キャンベルスアーリー」などの5品種の 行灯仕立てに果房が付いて味わうことが出来ました。 豊作をお望みの愛好家さんには不向きの樹形ですが、 多品種のブドウを味見したい向きには好都合な仕立て方です。 今年は小鉢ながら沢山の房を付けす…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梅「豊後」の剪定と剪定枝の粉砕

梅は年明け早々の動き出しが予想されますので、 早めに剪定が必要と思いましてやっつけました。 目一杯伸びた徒長枝と混み合い枝を間引きました。 隣のキウイの蔓も巻き付いて賑やかな樹冠です。 今年は遅霜被害で結実した幼果は、 一回の降霜で梅干し状態でした。 来年は梅シロップ用の収穫を目指したいです。 背景にキ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

露地植えスモモ3本を剪定しました

上の畑では数少ない露地植え果樹となる スモモの3本と並んで置いてある鉢植え「貴陽」の剪定をしました。 手前から「太陽」、真ん中が「プラム井上」で 奥が品種不明のスモモですが、 株元に接いだ「貴陽」が元株のように大きくなっています。 紅葉後の落葉も進んでいましたので陽射しに誘われて 急遽剪定作業となりました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年最初の「ブドウ剪定」を決行しました

ブドウ棚下で旺盛な伸長を示すアボカド苗は、 先日伸びすぎた枝を切り詰めましたが 昨日は、そのブドウ棚に匍わせてあります「ヒムロッドシードレス」と 「ネヘレスコール」を剪定しました。 このブドウの剪定が今年最初の剪定作業となりました。 去年は樹勢によっては長梢剪定もやっていましたが、 今年は短梢主体で剪定する予定です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

落葉待ちのキウイの様子

下の畑のキウイ棚の下には、 植え付け位置補正が必要なキウイ苗が移植待ち状態です。 おそらく初霜が降りないと落葉しそうもないキウイ苗です。 上の畑では、紅芯系キウイ苗(紅妃、レインボーレッド)や 各種の雄木(A.P.メール、孫悟空、早雄など)の養成苗が 移植に向けて落葉を待っている状況です。 上の畑のキウイ棚は狭い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

観葉植物「アボカド」の整枝・剪定

毎年この時期になりますと目一杯に伸び出した アボカドを切りたくなります。 庭先のブドウ棚の下でブドウ棚を突き抜ける程に伸び出して、 ブドウの剪定作業もままならぬ状態です。 元々、この場に植え付ける予定ではなかったのですが、 大きくなった観葉植物を持て余して、 鉢のまま置いたのが根付いてしまいました。 実生20年は経…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

庭先のスモモを剪定しました

今年のスモモは異常気象の影響でほぼ全滅状態でしたが、 唯一何とか持ち堪えたスモモがこの庭先に地植えしてある 30年生の「ビューティー」でした。 さくらんぼ置き場とブルーベリー置き場に挟まれた狭い場所に、 株元直径25cmのビューティーが植えてあります。 今年は完熟時期に鳥の食害があったのでネットを被せていましたので 今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長果枝っぽい・・だろうか?

本日、S.F.Takaさんからのサクランボ花芽をアップしましたが、 我が家の出来はどうだろうかとデジカメ片手に見回りました。 花芽がガッツリ着いたS.F.Takaさんのレポートの直後では 見劣りは否めないところですが・・・まあ仕方ないです。 今年は春先の結実後のピンチは全く実施せずに、 新梢は伸びるがままにしています…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

さくらんぼの夏剪定:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑫

梅雨明け後は暑い日が続いていますが、 山形のTakaさんから夏剪定の事例レポートが届きました。 剪定ばさみでは切れない太枝を対象にした剪定報告です。 ノコギリやチェーンソーを用いての枝払いのような感じです。 まずは、剪定したサクランボの処置前全景になります。 樹高は不明ですが脚立位置から推測して、 4m前後でし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オウトウ棒苗導入

久々にオウトウ苗を注文し、今日届きました。 特別な品種ではありませんが、 素性・品種の確かなものを確保しておこうということでした。 届いた棒苗の4本は、 芽も満遍なく、よく着いていますので、 今回予定しています樹形作りの素材として 好都合な苗となりそうです。 ↓   今年実施予定の接木苗も、 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

金柑「ぷちまる」の収穫、そして・・

柑橘系には手を出さない私も、 レモンと金柑は成り行きで栽培しています。 レモンは先週遊びに来ていた 長女と孫達が全部(数個です)持って行きました。 残るはこの金柑のみでしたが、 本日全収穫しました。 ↓ 生らせ過ぎで枝が垂れ下がっています。 本来ですともう少し丸くて大きい実になる「ぷちまる」ですが、 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

さくらんぼ多品種接ぎ木の剪定

コルトの原木に接木したさくらんぼの各品種ですが、 接ぎ木1年目の剪定はしないつもりでした。 しかし昨日知った、 仙人さんのブログで紹介されている「樹海仕立て」に触発され 今日の剪定となりました。 本来の樹海仕立てではありませんが、 多品種接ぎ故に、 それぞれの枝を伸び伸びと成長させることには限界があります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キウイの剪定:今年の仕事納めです

西高東低の典型的な冬型天気でして、 晴天で風は強いですが、寒さは感じません。 今年最後の果樹栽培作業となります。 2日前に一部を剪定していたキウイ棚を 続けて剪定しました。 昨年の失敗を教訓に、 やや多めの枝を残しています。 ↓ この小さな棚に7,8品種のキウイが枝を伸ばしています。 頂いた実生「香緑…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブドウの剪定、続きです

先日の剪定作業に続けて、 本日は「リザマート」と「ビッテロビアンコ」の 欧州種のブドウを剪定しました。 小さい棚ですが、 屋根付きでの栽培になります。 両種とも樹勢が強く、 狭い棚で暴れまくりました。 剪定直前の様子です。 ↓ 手前が「リザマート」で、奥が「ビッテロビアンコ」です。 紅葉も他のブドウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブドウの剪定を始めました

今週は、為体(テイタラク)な日が続きました。 やっと本日、重い腰を上げての剪定です。 ブドウ棚の3本の剪定を行いました。 一応、結実し収穫も出来ていますが、 満足な出来映えでなかった「藤稔」です。 今年は、棚の半分程度に枝配置して・・・、 縮小を考えています。 ↓ 大幅に切り詰めるつもりです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

剪定を兼ねて、穂木採取

落葉しきった果樹から冬期剪定を開始しました。 同じスモモでも、貴陽はまだ葉を残していますが、 プラム類は比較的早い落葉でした。 しかし、まだ緑の葉を一杯残している樹種も多く、 これらの剪定は後回しとなります。 さくらんぼは、黄色く色付き落葉が始まりましたが、 豊後梅は、他の梅に比べて落葉が遅れています。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more