テーマ:花芽

暖地でのリンゴ栽培も早20年ですが・・

本日、果樹管理記録用のエクセル・ファイルで 初めてリンゴ苗を購入した時期を調べましたら、 1992年に「アルプス乙女」を導入していました。 続けて「ジャンボ王林」と「らくらくふじ」などを植え付けていました。 当時は上の畑への地植えがほとんどで、 その他の果樹では桜桃が4、ブドウが2、プルーンを2品種と 質素に楽しんでいました…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

多品種高接ぎ梨の花芽の様子

上の畑では唯一の露地植え梨の「ラ・フランス」ですが、 今は多品種高接ぎ用に枝を供給の台木化しています。 今年も7、8品種の追加となりますます多品種化しています。 保湿袋の花が賑やかです(^_^;)。 北側にあった柿の木も下の畑Ⅱへの移植で、 背景はスッキリしています。 昨日現在、花芽に膨らみが見られた品種を拾って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露地植え桃の剪定

落葉果樹の剪定の手始めは、 下の畑の地植え桃となりました。 鉢栽培に比べて成長や枝の伸長・太りは 圧倒的に露地栽培の方が旺盛です。 鉢栽培ではほとんど新梢の伸びがありませんので、 剪定枝も僅かですが、 下の畑の剪定枝は多かったです。 突然気まぐれに剪定を始めましたので、 全ての品種を剪定前の画像を残せませんでした…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

小鉢で栽培中のリンゴの様子

今朝はこの冬一番の冷え込みでして、 寝床から起き出すのに決意が必要でした。 日中は風邪も弱く過ごし易い一日でした。 日頃、余り面倒を見ていませんでした養成中のリンゴ、 10号鉢以下の鉢サイズに限定して状況を観察しました。 小さい鉢では7号くらいのサイズも有りますが、 ほとんどの苗の枝先には少ないながら花芽も見られま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花芽が付かない桃:「黄ららのきわみ」??

下の畑の桃で露地植え前には鉢栽培で結実していた 「黄ららのきわみ」ですが、今年は全く花が咲きませんでした。 今日、来年は大丈夫だろうと枝を観察してみますと、 なんと、来春も開花は厳しそうです。 成長振りが旺盛すぎて花芽が付き難いのでしょうか。 樹高は2m以上で横枝の張りも十分です。 しかし、この時期にはしっかり確…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

枇杷に花芽が付く頃です

上の畑の奥に追いやられた感が強い枇杷ですが、 葉色は綺麗な濃い緑で元気は良さそうです。 25リットル鉢植えの「大五星」と「田中」ですが、 それぞれに木には「早五星」、「長崎早生」、「クイーン長崎」の 3品種を高接ぎしてあります。 隣に露地植え「ラ・フランス」や大鉢の桃苗が隣接していて、 枝張りもままならない枇杷の木です。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

本場山形のさくらんぼの開花速報:S.F.Takaさんの桜桃栽培25

今年の山形も厳しい冷え込みで昨年同様に 例年より遅れた桜桃の開花状況のようです。 満を持して始まった本場山形の桜桃開花便りです。 この冬の大雪で太枝が裂けてしまった「ジャボレー」は、 適切な修復作業が功を奏して ほぼ満開に近い開花となっています。 無事復活出来そうで良かったです。 「佐藤錦」はまだ1…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

開花を待つさくらんぼ園:S.F.Takaさんの桜桃栽培24

S.F.Takaさん、ご免なさい。 アップするのをすっかり忘れていました。 この情報は私が治療入院前の17日に受領していました。 S.F.Takaさんには後日掲載の旨をお伝えしたまま、 お蔵で眠っていました。 山形ではS.F.Takaさんの予想では4月30日頃が さくらんぼの開花が始まる・・・との事でしたが、 状…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柿の花芽確認など

柿の剪定は今一つ勘所が捉えきれずに苦労しています。 下の畑では数年間放置の次郎柿を切り詰めて、 樹高を低くし、枝も払っています。 昨年は数品種の高接ぎを実施していますが、 活着したと思われた穂が今春芽吹かずで 確実に成功したのは3品種となってしまいました。 元木の「次郎」は淡い緑の葉が鮮やかに広がりだしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

高砂にも芽動きか・・:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

さくらんぼの居接ぎの様子を見に行きますと、 ダメかと思っていました「高砂」の1本に芽動きらしき変化が・・。 黙り状態が長かったのでダメになったかと思われた穂ですが、 しっかり息づいていたようです。 ナポレオンほど派手な芽動きではありませんが、 葉芽の先端には緑が覘いていますし、 花芽にも緑が見えだしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

実生ポポーに花芽が付いていたんです

鉢植え栽培で何年経過したか忘れた実生苗です。 2年前に下の畑に植え付けてありましたが、 今春、 待望のポポー穂木を日本一の果実様から頂戴しました。 嬉しくて接ぎ木時期まで待つのが大変でした。 いざ、高接ぎしようと実生苗の枝を見ますと、 黒っぽい豆粒のような物が・・・ これはもしや花芽なのか? 初めて目にする花芽…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自然の降雨は偉大でした(さくらんぼ花芽)

昨夜からの久々の雨はしっかりと降りまして、 今日の午後3時過ぎまで降り続きました。 この自然の恵みが偉大である事に驚きました。 普段は、水道水ですが水やりに手落ちはないはずでしたが、 今日の降雨で遅れ気味であった花芽の膨らみが 一気に加速したようです。 4時過ぎから花芽を見回り、その膨らみ・進み具合にニンマリです。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下の畑の桃の様子

下の畑に植え付けて果樹では、 桃類が一番多い樹種になります。 狭い畑ですのでノビノビ樹形は御法度で、 厳しい切り詰め剪定が必至の管理は続きます。 それでも、植え付け2年目で樹も大分かたちが出来てきました。 花芽の付き方にはむらがありますが、 多少の収穫は楽しめそうです。 下の畑では1番の大苗ですがこれが限度の大きさ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日は庭先観察のみでした

水温む程ではないですが日中は大分暖かで、 水弄りも苦になりませんでした。 しばらく餌切り状態で水も汚れたままの金魚水槽を清掃しました。 120Lのアクリル水槽が2槽に240Lが1槽を清掃・水換え作業です。 別に180Lのトロ舟で飼育中のランチュウはカラスの食害で、 12,3匹やられてしまいました。トロ舟には網を掛けて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナポレオンが開花しそうです:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

昨日の当地の気温は22.4℃でしたが、 また寒気が降りてきたようで肌寒い曇り日です。 恒例の見回りで下の畑に行きますと、 保湿袋を外したばかりの「ナポレオン」が開花直前でした。 本来のナポレオンの蕾から見ますと、 やや小振りな花になりそうですが開花直前です。 角度を変えて撮影してみました。 他の花芽も蕾が割…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

昨日に続けて:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

昨日は気付きませんでしたが、 今日じっくり見ましたら保湿袋を掛けてある「ナポレオン」の 葉芽に動きが見られました。 しばらく保湿袋を掛けたままにしようと思っていましたが、 何時、開花が始まっても良いように袋を全て取り外しました。 昨日の保湿袋越しの観察では葉芽がよく見えませんでしたが、 今日、袋を外してみますと葉芽の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さくらんぼ置き場:2年ぶりの雨除けシート展張

今日は風が弱いとの予報でしたが、 昨日の方が微風でした。 時折風に煽られながらビニールシート張りを実施しました。 昨年は手抜きで雨除けシート無しでしたが、 やはりさくらんぼ栽培は雨対策・鳥対策が必須と実感しました。 ビニールシートは一度使った物を再利用ですので、 思いの外汚れていました(^_^;)。 ビニー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ:その後の様子は?

去る2月22日に大胆な実験的接ぎ木をやらかして 早1ヶ月余りを経過しています。 このブログをご覧になった多くの栽培家さんは、 その後、アップ出来ない状況だろうとのご推察が多数で、 話題として取り上げる事も出来なかった・・・のではと、 申し訳なく思っている次第です(^_^;)。 さて前置きはともかく、 一応生き残っている…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年の桜桃開花は昨年より遅れそう・・

今日は比較的穏やかに晴れましたので、 さくらんぼの様子を観察してみました。 昨年の3月27日のデジカメ画像を確認しましたら、 ナポレオンや紅秀峰の花芽が緩み出していました。 今年の花芽はまだ固く開花が遅れる見通しです。 毎年安定して開花が早い「紅秀峰」ですが、 今年の花芽はまだ固い感じで直ぐさま開花とは行きません。…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

りんごにも芽動きが見られます

果樹の中では春先の動き出しがおそう部類のりんご類も 芽動きが始まった様です。 淡い緑が枝先に見られますと、 枯れてしまったかと思うような冬枯れから風景から しっかりとした息遣いが感じ取れます。 まだまだ眠ったままの品種もありますが、 幾つかの動きが感じられる品種を拾ってみました。 我が家では古木になります「ジャンボ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桃の蕾に花色が覗いてきました

サブッ!! 真冬に逆戻りです。 冷たい長雨や 零下近くの朝晩の冷え込みが続いています。 でも、上の畑にあります鉢植え桃品種の幾つかで 蕾が緩んで花色を覗かせていました。 ピーチ類の先陣的な品種が例年のように 今年も「ドワーフピーチ・ボナンザ」です。 既に2日前から開花が始まっていました。 他の桃品…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

和梨の花芽にほころびが・・

先日の日曜日は気温も高くスモモ類の開花も始まりました。 そんな陽気に誘われたのか、和梨の花芽が大分緩んできました。 今春、高接ぎした穂木にも芽動きが見られ活着の期待が高まります。 和梨の幾つかで見られた花芽の動きをスケッチしてみました(3/20)。 3月20日、当県では国内一番手のソメイヨシノの開花宣言が発表されました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

60年生佐藤錦の剪定など・・:S.F.Takaさんの桜桃栽培21

山形S.F.Takaさんの近所の公民館には福島県相馬から 避難してきて居られる様です。 早く安泰な環境回復を願っております。 今回はこのシリーズで何度か紹介しています「60年生佐藤錦」の 剪定経過の画像を送って頂きました。 この佐藤錦は60年生の巨木ですのでプロの剪定でも6時間を要した様です。 何度見てもその貫禄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暴れコルト台22年生佐藤錦の剪定:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑳

今回の題材は初めて登場のコルト台22年生佐藤錦です。 コルト台の特徴でもあります樹勢の良さ故に 主枝の調整に手を焼いているようです。 暴れコルト台のこの佐藤錦もようやく落ち着き出した感じで、 これから収穫株としての働きに期待と言ったところでしょうか。 言われてみますと何となく上に向かう勢いが強そうに感じますのは …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

25年生佐藤錦の剪定など:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑲

本日の山形は、朝8時過ぎの気温が1.5℃、作業終了の12時頃が3.1℃でした。 ちなみに当地の同時刻の気温は、4.4℃と16℃でした。 現在、15時過ぎの気温は18.3℃なり。 さくらんぼ圃場の雪も大分解けたようですが、 まだ一面が真っ白の銀世界です。 本日のレポートは25年生佐藤錦の剪定風景です。 去年より徒長枝の数…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

すももなどのプラム類の蕾が膨らみました

2日間たっぷりの雨でしたが昼前頃から陽射しが戻り、 穏やかな午後となりました。 この雨を吸収した為でもないでしょうが プラム類の花芽が割れ始めて来ました。 すももの蕾は小さくて開花時の花も小型です。 しかし、固まりになって咲く様子はまるで”ぼんぼり”です。 現状では、花芽の付き具合や蕾の膨らみは順調そうに見えます…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

花芽の膨らみが進んできました

上の畑の鉢果樹の花芽や蕾の膨らみが ハッキリした樹種が見られ出しました。 今年の開花時の気温は気になるところですが、 自然現象はお任せしかないですね。 先日まではまだ固そうな花芽や蕾でしたが、 プックリと膨らんだり、花色が判別できる程に緩んだ果樹種もあります。 今年は沢山の花芽が確認出来ていた杏の「平和」も、 赤い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天気に誘われて、桃の花芽観察です

昨日は当地の初雪が観測されましたが、 積もる事はありませんでした。 富士山の雪も今年は少なくて、 いつもの白さでは無いのが寂しい景色です。 今朝の富士山ですが、 新雪を纏ってはいますが真っ白ではありません。 今朝は厳しい冷え込みで周りの畑は真っ白で、 雪が降ったようでした。 昨日とは一変して、日中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

枇杷の開花も終わったようです

鉢植えの枇杷2種には3品種の枇杷を高接ぎしています。 昨年の11月初旬に「クイーン長崎」の開花から始まった 枇杷の開花時期も遅かった「大五星」の開花がほぼ終了し、 結実した幼果の膨らみを待つ段階になりました。 房調整をしながらの開花でしたが、 幼果の膨らみが遅いように思います。 昨年、田中の枝先に高接ぎした「クイーン…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

余り見かけないりんご品種の花芽ですが・・

昨夜から待望の雨が明け方まで降ってくれました。 大雨ではないですが数時間の降雨で、 乾ききった畑地は潤ったようです。 午後は暖かい陽射しが戻りましたので、 上の畑のポピュラーでないりんご品種の花芽を観察しました。 いつも登場しますアルプス乙女、あいかの香り、らくらくふじ、 シナノゴールド、ぐんま名月、つがる、J王林…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more