テーマ:金稜辺

金稜辺が咲けども・・

下の畑に置いてあった4鉢の誘引蘭は既に満開を過ぎました。 一匹も日本蜜蜂が訪花せずに先日全ての花穂を切り落としています。 庭先の戸外に置いてあった金稜辺も咲き出しています。 3,4年前には庭先に咲くこの花にも日本蜜蜂が来たのですが、 最近は全く見られません。 他の金稜辺も少ない花穂ですが咲き出しています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベビーキウイに蕾か?

2007年7月に挿木苗を頂いてから かれこれ今年で5年目のベビーキウイですが、 初の蕾らしきものが確認出来ました。 鉢栽培で上の畑にあった苗は、 下の畑のキウイ棚の一角に植え付けていました。 今年伸び出した新梢の枝先に小さな粒が・・。 随分待った気がする初開花です。 確か「ブランディジャム」と言う品種だ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年もあだ花だった金稜辺

別名で蜜蜂蘭とも呼ばれる金稜辺の花も 大分傷んできました。 これが日本みつばちの受粉で萎れているのなら 嬉しい限りですが、自然の開花終盤と言う事です。 庭先で順次咲いた花に日本みつばちの訪花は 一度も見かけませんでした。 花穂数も沢山付いて、 適地であれば強力な誘引蘭として働いた筈の株ですが、 全くの無駄花となり…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

金稜辺の開花が始まりました

日本みつばち誘引捕獲に打ってつけと言われます シンビジューム類の「金稜辺」蘭が開花し出していました。 開花したのは一番の大株のみですが、 他の株も大分蕾が膨らんでいます。 そろそろ受精防止の袋掛けして 待ち桶の横に置こうかと思います。 花芽も多かった大株ですので開花も早い様です。 でも、庭先で咲いていた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

たまには花(金稜辺・花藤)の話題でも・・

唯一、花木で真面目に栽培していますのが 花藤の各品種栽培です。 風にゆれる長尺の藤の花に魅せられて、 30年近く栽培管理しています。 果樹以外でコレクションしているのは藤のみです。 手持ち品種では早咲きの花美短藤です。 花穂は短く濃い紫が特徴です。 正式な名称は画像中の(ムラサキカビタン)通りです。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more