注目度の低いプルーンやスモモ品種にスポットライトを・・

相変わらずどんよりと落ちてきそうな梅雨空が続きます。

九州の連日の豪雨はお気の毒なことで、

早い梅雨明けを願うばかりです。



当地も深夜の2日続けての豪雨で寝不足気味です。



上の畑や下の畑は雨後に入りますと、

枝葉をかき分けての散策ですのでたちまちズブ濡れ状態で、

この時期は余り近づきたくない状況です。



2,3日前に見たプルーンは大分良い色になっていたのを思い出し、

タオルとカメラを首に提げて突入しました。



黄色いプルーンの「フロリナ」です。

残り果ですので少ないですが全収獲となりました。

frorina0714c1

鉢も倒されたりで傷んだ木でしたが、

何とか少数果を保持してくれました。



雨続きで本来の糖度は望めませんが、

普段注目度の低い果樹でしたので、

計測してみました。

frorina0714c2

食感はスモモの果肉よりゴム質的な感じがあり、

独特の風味があります。



今年は、裏年的な少数果で更に夜蛾で全滅状態でしたが、

最後まで樹上に残った1果を計測してみました。

panser0714c1

完熟ではなかったようですが、

プルーン風味はタップリと感じます。




受粉樹として知られる「ハリウッド」と「バイオチェリー」です。

その割りに果実の詳細は少ないでしょうか。



美味しくないスモモらしい・・

と言うことで口にすることはほとんどありませんでした。

hariwood0714c1

バイオチェリーと高接ぎ枝が隣り合っていましたので、

似たような玉サイズと色合いです。



触ると柔らかくなっていましたので、

2,3果を収獲してみました。

hariwood0714c2

意外や、特にケチを付けるほど不味いスモモでも無いようです。

甘さも感じます。



くせ者がこの「バイオチェリー」でして、

収穫時期の見極めが非常に分かり難いスモモです。

biochery0714c2



毎年、カナブン達の食事場となる高接ぎ枝です。

既に吸汁で傷み果が多発ですが、

虫達には分かる熟れ具合の判別が難しいです。

ここに見える大半は触って見ますとカチカチに固い実です。



同じスモモの木に接がれた別枝では、

やや色付きが黒っぽくなっています。

biochery0714c1



まだ、早いですね。

果肉も固かったです。

biochery071418

でも、今年もほとんどがカナブンの餌になるのでしょう。




syukaku0714c1




意を決して下の畑1にも行ってみました。

桃の枝先を入念に見て回りますと、

袋内落下に気付きます。

回収した品種は、

「田上姫」、「白桃」、「おどろき」などでしたが、

一度保護袋から出してしまったら区別が付きません(^_^)。

momo0714c1

画像上部の赤い桃は上の畑の大久保(1果)です。



強い陽射しで、一気に糖度上昇の季節が待たれます。



桃の本番収穫も近づいています。





・・







【6か月枯れ保証】【春・夏に収穫する果樹】プラム/太陽 15cmポット 5本セット 送料無料 【あす楽対応】
トオヤマグリーン
【プラム/太陽】(酢桃、李)学名:Prunus salicinaバラ科サクラ属落葉高木別名:スモモ、

楽天市場 by 【6か月枯れ保証】【春・夏に収穫する果樹】プラム/太陽 15cmポット 5本セット 送料無料 【あす楽対応】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"注目度の低いプルーンやスモモ品種にスポットライトを・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント