自然の降雨は偉大でした(さくらんぼ花芽)

昨夜からの久々の雨はしっかりと降りまして、

今日の午後3時過ぎまで降り続きました。

この自然の恵みが偉大である事に驚きました。



普段は、水道水ですが水やりに手落ちはないはずでしたが、

今日の降雨で遅れ気味であった花芽の膨らみが

一気に加速したようです。



4時過ぎから花芽を見回り、その膨らみ・進み具合にニンマリです。



雨除けシートの元でも空中湿度が良かったのでしょうか、

乾燥注意報が出続けていました当地の乾燥具合ですので、

花芽には良い保湿効果だったかも知れません。



炭疽病の蔓延で何度か殺菌剤の処理を繰り返していますが、

今年は養生の年と諦め半分でいますものの、

花芽の様子は気になります。



降雨の直後でも雨除けシート下では、

水滴もなく撮影できました。

kouka0409c1

昨日まではほとんど葉の緑は見られませんでしたのに、

自然の潤いには脱帽です。



「アメリカンチェリー」

ameche0409c1



「高砂」

takasago0409c1



「正光錦」

seikou0409c1



話題の「月山錦」。

試しに香夏錦でも受粉してみましょうか。

gassan0409c1



昨日までは最も進んでいた「紅秀峰」の花芽ですが、

今日はその差が目立っていません。

benisyu0409c1



遅れ気味だった「ナポレオン」も加速的な膨らみです。

napole0409c1

何とか間に合って欲しい受粉樹です。



炭疽病のダメージが最も大きかった「紅さやか」は、

かろうじて小さな花芽をチョッピリ付けています。

benisaya0409c1



例年、開花が遅れ気味の「紅さとう」には、

休眠期打破剤のCX-10の塗布で開花を促進効果狙っていますが、

果たして開花は早まりますでしょうか。

benisato0409c1

もう少しでその効果は判明すると思います。




この「豊錦」だけ、雨除けシート外で栽培していますので、

しっかり濡れています。



豊錦が今年の一番花となりそうです。

yataka0409c1

我が家の鉢植え桜桃では一番の大苗でして、

60L鉢植えで樹高2m以上なので持て余し苗になります。




昨年より1週間以上も開花が遅れています。

この遅れが、吉なのか凶なのか、

それも何れ判明します(^_^;)。



兎に角、膨らみだして良かったです。





・・




"自然の降雨は偉大でした(さくらんぼ花芽)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント