久し振りにイチジクが味わえるかも・・

2,3年前までは上の畑で露地植えの「バナーネ」、

「ドーフィン」、「ホワイトゼノア」、「ヌアールドカロン」や

「ビオレーソリエス」が夏果・秋果と収獲出来たこともありました。



しかしこれらは全てカミキリ幼虫にやられて枯らしてしまいました。



幸いにも挿木苗が残っていましたので下の畑Ⅰ,Ⅱへの植え付けと、

上の畑の鉢栽培で復活を目指してきました。



やはり露地植えの木の成長は良好でした。

枝も出来だして漸く秋果が確認出来るようになりました。

itijiku0704c1

相変わらずの混みようですが、

ビオレーソリエスは今春植え替えたばかりの小苗で見えません。



奥でこんもり繁っていたのが「グッドー」です。

中を覗きますと秋果が見つかりました。

goodo0704c1



今年が初生りで味見が楽しみな品種です。

goodo0704c2



夏果の大実も見たいですが、

秋果の味わいから復活の「ダルマティ」です。

daruma0704c1



鉢植えで既に稔りは経験済みでしたが、

まともに味わっていませんのでこの「レディホワイト」も

初生り扱いです。

Lwhite0704c1



ダルマティと並んで大実種の代表格は「バナーネ」ですね。

先ずは秋果の収獲から・・。

banane0704c2

実付きは良い感じです。



この「バナーネ」は上の畑で鉢植えしています。

8banane0704c1



同じく鉢植えの「ロードス」です。

豊産性らしいですが、納得の実付きです。

rodos0704c1



昨年も収獲出来た「ロンドボーデックス」です。

今年も実付きは良さそうです。

londbo0704c1



「キング」は樹勢が強く大分切り詰めましたが、

また狭い上の畑で伸び出しています。

king0704c1



小鉢で息づいている「ホワイトゼノア」にも

秋果が付いていました。

Wzenoa0704c1



昨日は鹿の食害に圧倒されて、

写真撮影は出来ませんでしたが、

下の畑Ⅱのイチジクにも秋果が結実していました。



下の畑Ⅰとことなる品種もありますので、

初収穫も期待されますが獣害で全滅かも知れません。

既に袋掛けしたリンゴの大半は

猿に悪戯されていました。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2012年07月05日 20:15
収穫が期待出来る話題でホッと致しました。
イチジクは甘い果樹の代表格ですので、外敵も多いです。
小さな巨人の蟻も侮れません。
昨年この蟻に結構やられました。
今年もゴム臭で対決します。
近年は甘いイチジクが輸入され楽しみな果樹になりました。
不思議とスーパーなどではドーフィンしか見掛けません。
甘いイチジクが世間に知れ渡らないのは勿体無い気が致します。
Shimada
2012年07月05日 21:40
イチジク復活と聞いて、あれ?
そうでしたか、あのカミキリに。
しかし完全地植え復活ですね。
私も、バナーネ夏果が久々に賞味できそうです。
我が家は、現状これ一種ですが、
大きく育ち、秋果が無数に付いています。
摘果は不要なのでしょうか?
しお>日本一の果実さん
2012年07月05日 21:51
災難事例ばかりでは果樹栽培になりませんですね。
久し振りに復活イチジクが味わえそうです。
蜂、コガネ、蟻と害虫にも要注意ですね。
生産量が少ないのでしょうか。
営農作物として最新品種は狙い目かも知れませんですね。
そちらの農場で、如何ですか?
しお>Shimadaさん
2012年07月05日 21:58
地植えのバナーネは豊産ですし、夏果は強大化で食べ応え十分ですね。
木が大きく育っていますなら摘果は必要ないかと思います。
今日も防鳥ネットにカミキリ虫が飛んできました。株元に穴が出来ないように注意が必要な時期になりました(^_^;)。
いすい
2012年07月06日 09:29
果実を見ると、なんか、ほっとしました。当方も昨年戴いた3種、ロンド・・、バナーネ、ヌアール・・が着果し初物の味見が出来そうです。来年は、ビオレ・・、グッドーも出来ればと期待してます。
しお>いすいさん
2012年07月06日 13:25
ここしばらく、まともな収獲が出来ていませんでしたからね。
そちらのイチジクは順調な様で、どれも十分美味しい品種ですので楽しんで下さい。