久し振りの陽射しでした

記事内容は昨日の事ですが、システム障害で7/22の投稿が出来ませんでした。



梅雨明け宣言で喜んだのも束の間で、

肌寒い雨天が続き何も出来ませんでした。

今日も午前中は小雨でしたが、

午後から時折薄日が差したりで、

久し振りに下の畑1に行ってみました。



相変わらず害虫たちの天国でした。

桃類には梨用の二重袋で警戒していましたが、

お構いなしの突撃です。

odoroki0722c1

袋を破って食事会をやっていました。

全滅してしまうかも・・。



他の桃も同様で色付き出した桃には悉くカナブンが集っていました。



上の畑の鉢植え桃もカナブンの攻撃は見られますが、

多少はマシかも知れません。

それより、生らせ過ぎの影響が大でして、

小玉桃となっています。

natukko0722c1



台風の影響で落下や傷み果で大分目減りした

「山吹大玉あかつき」ですが、完璧に小玉化しています。

akatuki0722c1



「なつっこ」と「山吹大玉あかつき」は、100個以上の袋掛けでした。

来年は50袋に制限してみましょう(^_^;)。



本日の収獲物の桃類です。

momo0722c1



初生りの「あまとう2号」は残っていた1果もカナブンに齧られ、

「スイート光黄」も食害で袋内落下となり完熟前の回収です。

鉢から植え替えたばかりの「白鳳」は来年に期待でしょう。

momo0722c2



今年は”大玉”を返上しまして「山吹小玉あかつき」です。

でも、味はまずまずで完熟果の収獲が楽しみです。

momo0722c3



下の畑に居ましたら、珍しく実家の兄貴がやって来ました。

下の畑2の獣害対策用の単管を購入するとの事・・。

手土産に色付きの良い「田上姫」などを渡したので、

残りの「田上姫」はやや色付き不良果です。

momo0722c4

上の畑の「なつっこ」もまだまだ完熟にはほど遠い袋内落果です。



下の畑の露地植え「貴陽」、今年は貴重なスモモです。

うっすら色付きが始まったようです。

kiyo0722c1



栗の「ぽろたん」は虫害もなく順調な様で、

昨年の1毬から何十倍の収量です(^_^)。

porotan0722c1



先日、開花し始めたパッションフルーツ苗でしたが、

結実した幼果が確認出来るようになりました。

passion0722c1

天気の良い午前中は受粉作業が日課になります。



2ヶ月後に自然落果したら完熟のようです。





・・



この記事へのコメント

Shimada
2012年07月23日 17:33
貴方には珍しい早朝UPで、見逃すところでした。
カナブンも数が集まれば、もの凄い攻撃ですね、
当方も小さなのは時折見ますが、
それほど大した葉の食害ではありません。
果樹を始めて間が無く、まだ昆虫類が気付いてない?
色とりどりの桃、
これだけ多種の収穫、食害は残念ですが、
楽しそうですね。
しお>Shimadaさん
2012年07月23日 18:21
昨日のアップで用意したのですが、システムが不調で今朝になってしまいました。

虫達の食害も侮れませんですね。
年々増えているように思います。桃は夏の味覚として好きな果樹ですので、獣害もさることながら虫害対策の必要性が高まってきました(^_^;)。
日本一の果実
2012年07月23日 20:19
桃を完璧な状態で収穫するのは至難の業です。
桃は昆虫も獣も鳥も蟻も、地上の生き物全てが好物のことでしょう。
もはや袋掛けだけでは防御出来ないかもしれません。
木をコンパクトに仕立て、ネットで覆うのが一番のように感じて来ました。
安心して完熟を迎えたいですね。
ハラハラ状態は疲れます。
しお>日本一の果実さん
2012年07月23日 23:12
最後に残った昆虫は強敵でした。
蟻も侮れませんがカナブンの強襲は手強いです。
仰る様な防虫ネットが最終手段でしょうね。
コンパクト樹形が意外な方向で功を奏すかも知れません。