藤の香漂う頃となりました

落葉果樹栽培を主体化させていく途中で、

庭木や花木のほとんどを処分してきましたが、

藤の花だけは保存・栽培を続けています。



そんな藤も早い開花の花美短藤が開花して、

藤の香りが漂ってきます。



短い花房ですが濃い目の紫が鮮やかな

ヤマフジの「紫花美短」です。

murasaki0422c1



花付きの良い「一才藤」も早咲きです。

淡い紫藤です。

issai0422c1



白系統の地味な花房を付ける香が独特な

「麝香藤」です。

jyakou0422c1



花色が独特な「曙藤」は、

濃いピンクの短い花房です。

akebono0422c1




長尺系の紫花の「三尺藤」や「九尺」は、

花房が少し伸び出しています。

sanjyaku0422c1



古株の2本は「九尺」です。

kyusyaku0422c1




紫の長尺藤も見応えがありますが、

白の長尺藤は遠方からも映える藤花が咲きます。

sironaga0422c1




今年初開花の白い長尺「白六尺」は、

長い花房が期待できそうですので、

開花が待ち遠しいところです。

siroroku0422c1



この藤だけは絶やさずに栽培を続けています。

鉢栽培ですので果樹同様に夏場の水やりは欠かせません。



5月の連休頃が長尺藤の見頃でしょうか。





・・



この記事へのコメント

Shimada
2012年04月22日 15:14
何と、乙な趣味もお持ちでしたのですね。
それも多品種、
これだけでも立派なご趣味と思います。

こちらダンダン風が強くなって、
先日の二の舞にならぬかと、
少々気を揉むところです。
2012年04月22日 15:55
こんにちは。
フジの花はゴージャスで良いですよね~。
私が住む団地にも、大きくて立派な藤棚がありますが、毎年、葉ばかりで花はほとんど咲きません。0.01%ぐらいは咲きますが、探さないと分かりません。
このような立派な藤が咲いたら、みんなビックリすると思います。
しお>Shimadaさん
2012年04月22日 16:30
昼のニュースで山陰の突風被害を見まして、そちらの様子が気掛かりになっています。無事にやり過ごせることを願うばかりです。

昔は皐や椿栽培に凝っていましたが、残った花木はこの藤品種のみです。

風にそよぐ花房と香は、なかなかの風情があって気に入っています。
しお>夕焼け雲さん
2012年04月22日 16:37
こんにちは。
大きな藤棚に沢山の花房は見応えのあるものですが、そちらの藤棚は勿体ないですね。

鉢栽培ながら2mくらいの木になった長藤には,道行く人も足を止めて眺めています。特に、白の長藤は珍しいようです。
日本一の果実
2012年04月22日 17:42
これだけ綺麗に咲きますと藤もやめられませんね。気品があります。
昔、藤棚のある露天風呂に入ったことがあります。
のんびり、じっくり眺めていたいですね。
2012年04月22日 17:47
こんにちは。
沢山の藤をお持ちのようで、果樹以外の植物を見てホッとしました。(^^)
藤の花は情緒があって綺麗ですよね。
私も好きな花の一つです。
私も以前は、山から太い藤を切って来て、それに接ぎ木挿しをして楽しんでおりました。
藤は、どんなに太い枝でも発根し易いんですよね。
そんな藤ですが、当県に有名な藤スポットがあります。
下記のサイトに綺麗な写真が掲載されているので宜しければ観てください。
http://wadaphoto.jp/sakura/oofuji2.htm
ちなみに、この大藤の移植を指揮された方は、女性の樹木医の方です。
しお>日本一の果実さん
2012年04月22日 18:21
藤棚の下で露天風呂とは風情がありますね。
藤は眺めても良いですが、満開時には庭先に出ますと良い香りが充満しています。
これも良いものです。
しお>ホワイトモグタンさん
2012年04月22日 18:42
こんばんは。
果樹以外では唯一の花木です(^_^)。
足利フラワーパークを拝見してきました。
素晴らしい藤の乱舞ですね。
当県も藤の名所は熊野の長藤や藤枝市の公園など数多いですが、規模は極小ですが鉢栽培でスポット化を目指しています(^_^;)。

これらの藤も実生苗に接木で育てたり、穂木の交換で新しい品種など、果樹と似たような楽しみ方もありますね(^_^)。
2012年04月22日 19:20
高尚なご趣味をお持ちで。
このように見ていると藤も良いもんですね。
私のように山に棲んでいる者にとっては藤は天敵なんです。いつも木々に巻き付き藤づる取りに泣かされています。

しお>桃太郎さん
2012年04月22日 22:47
藤蔓を野草と見ますと厄介なんでしょうね。
当地の里山ではめっきり藤蔓が見られず、台木に欲しいですが入手困難ですね。

野生の太蔓に接ぎ木してみたいです(^_^)。