梅が咲き出す前に石灰硫黄合剤散布です

遣らねば遣らねば・・と

気掛かりだった石灰硫黄合剤散布ですが、

梅の開花が始まる前に散布出来ました。



昨年購入した18リットル石灰硫黄合剤の残りを使用しました。

iougouzai0211c1



庭先のブドウ棚は、飛散を考慮して筆塗りで塗布しました。

メダカ水槽にはビニールシートを被せて保護しました。

medaka0211c1



上の畑、下の畑と一気に散布しました。

晴れの天気予報でしたが一時的に風花が舞ってビックリです。



石灰硫黄合剤も残りは1リットル一寸で2年でほぼ使い切りとなりました。



幸い、今日の午前中は風も弱く散布日和でした。

散布後のさくらんぼ品種札はしっかり汚れています。

outo0211c1



ブドウもさることながら、桃類では縮葉病予防に欠かせない

石灰硫黄合剤の散布です。

この時期のノルマ的な農薬散布ですが

梅の開花前までの遣り終えてホッとしています。




午後からは下の畑Ⅱで脚立のペンキ塗りの仕上げをしました。

ここが畑南面にある工事屋さんの資材置き場と

廃材置き場です。

haizai0211c1

ここから、錆びた脚立を頂戴しています。



昨日の午後に、錆びおとしと錆止め塗料を塗っていました。

今日は仕上げの「アイボリー」色のペンキ塗りです。

after0211c1

仕上げには2度塗りしておきました。




下の畑Ⅱの移植準備は一通り整った感じです。

キウイ棚が建つまでは大がかりな定植は出来ませんが、

周辺への小苗は移植出来ると思います。



少しずつ手を着けようかと・・。





・・




この記事へのコメント

日本一の果実
2012年02月11日 20:04
お疲れ様でした。
石灰硫黄合剤の18Lは困ります。
2年で使い切りは、やはり果樹が多いですね。
私は恐らく3年程度かかりそうです。
マスクにゴーグル又は保護メガネは曇って見えません。
これも困りものです。
Shimada
2012年02月11日 20:49
でかい18ℓですね、
私は、何とか10ℓ入りを見付けました。
これでも使い切るには何年かかるか?
私は年末にブドウ以外散布済です。
ブドウは発芽前に散布します。

お~、脚立、新品同様になりましたね。
大小セットで、準備は着々と、ですか?
しお>日本一の果実さん
2012年02月11日 21:21
Shimadaさんの10Lか5L位の容量が欲しいですね。
3年で使い切るのですと、やはり果樹苗は相当な数でしょう。
臭いもきついですからマスクや保護メガネは外せませんね。
しお>Shimadaさん
2012年02月11日 21:41
今年も当地のHCでは18Lが山積みで、10Lは見掛けませんでした。石灰硫黄合剤は経年的に析出が多くなりますので、1年で使い切り容量が欲しいですね。

一応、見た目だけは良いようにと塗装してみました。この2脚が有れば用は足りそうですね。

Cr(クロム)
2012年02月11日 22:15
散布されましたか~。
早くお送りしなくては(笑
Cr
2012年02月11日 22:16
書き込みがなかなかできないですなぁ…
ホワイトモグタン
2012年02月11日 22:22
こんばんは。
梅は他の果樹よりも一足早く開花するので、石灰硫黄合も早めの散布が必要ですね。
一度散布すると中々落ち難いから効くのでしょうが、着いてほしくない物にまで着いて落ち難いのが難点ですね。
脚立は新品同様になりましたね。(^^)
脚立が二つ以上あると、物を仮り乗せなどが出来て便利ですよね。
そちらには、園芸三脚はございますか?
私はいつも必需品になっています。
安定性があるので作業が凄く楽です。
特に支え棒の上部にステップが付いているタイプが便利です。
しお>Crさん
2012年02月11日 23:14
ついつい早めの作業で楽しんでいます。
何が届くんでしょうね(^_^)。

書き込みは不調ですか?
しお>ホワイトモグタンさん
2012年02月11日 23:21
こんばんは。
ウチはほとんどが落葉果樹で、多少の散布濃度の変化が必要ですがかまわず散布してしまいました。掛け具合を手加減して、BBにも散布しました。

園芸用の脚立ではないと思います。設備工事屋さんが使っていた物のようです。使い勝手がよい物では無さそうです(^_^)。