少ないですがりんごが結実しています

昨年は斑点落葉病で

上の畑のほとんどの品種がやられました。

その影響は、

今年の花芽の少なさや付かない小苗も多く見られます。



今年は花摘みを徹底して実施しています。

一つの花芽に1輪残しは若干の不安はありましたが、

摘果の必要もない程度の実付きでしたら好都合です。



ほんのサンプル程度の数ですが、

各品種の枝には結実幼果が確認出来て

先ずは一安心です。



我が家の定番品種の「ジャンボ王林」は、

今年も実付きは良好です。

Jorin0509c1



こちらも我が家の古株となる「らくらくふじ」と

「シナノゴールド」です。

sinanoG0509c1



「シナノスイート」と「選抜やたか」は昨年の高接ぎ品種です。

味見が出来ますでしょうか。

sinanosweet0509c1




sizuka0509c1




koutoku0509c1




aika0509c1



懐かしい「ゴールデンデリシャス」は、各品種の親として

交配されています。

ALotome0509c1



「ハックナイン」は初結実で北海道で作出のりんごです。

hakkunaine0509c1



「さんさ」も初結実のポピュラーな品種です。

tugaru0509c1



今年は梅雨時の病虫害予防をしっかり行って、

昨年の失敗を繰り返さない覚悟です。




多くの品種は高接ぎ枝ですので、

収穫は少ないです。



味見・味比べ程度の楽しみとなります。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2011年05月09日 19:28
これだけたくさんの品種を食べ比べ出来ますしおさんが羨ましい限りです。
斑点落葉病はその年の実にも影響しますし、翌年の花芽にも影響します。
私も以前は無農薬と思っておりましたが、現在はさすがに諦めました。
薬剤の用法を間違えないように防除して行くしかありません。
木村秋則さんの奇跡のリンゴとはなかなか参りませんね。

2011年05月09日 21:14
今年も多品種のりんごの味比べが出来そうですね。
私も今年、穂木を戴き何品種か高接ぎに成功したようです。来年結実すると嬉しいのですが・・・来年はまだ難しいかも知れませんね。(^^)
しお>日本一の果実さん
2011年05月09日 21:32
無農薬は土作りから入りますが、鉢では更に難しそうですね。
鉢植えの高接ぎですので実付きには限度が有り、味比べが精々の楽しみ方です(^_^)。
しお>桃太郎さん
2011年05月09日 21:36
そうですか、高接ぎが成功しましたか。
高接ぎは翌年には花芽が付きますので、結実は可能ですよ。
ウチのシナノスイートや選抜やたかは、昨年の高接ぎです。
また、時期になりましたらご希望の穂木をお送りします。
Shimada
2011年05月09日 21:50
またまた幼稚な質問ですが、
1本でも受粉する大玉リンゴは、あるのですか?
暖かい貴地方でも、これだけ多くのリンゴ栽培、
私の方でも作れるのかな?
ホワイトモグタン
2011年05月09日 21:52
こんばんは。
しおさんのところも今年は不調ですか。
不調とはいえ、結実はしているようなので、味の食べ比べはできますね。
我が家は絶不調です。
受粉樹として植えてある、盆栽のような姫リンゴでさえ全く花芽が着きませんでした。
こんな事は初めてです。
2011年05月09日 22:03
こんばんは。
これまたスゴイ数ですね~。お見事!
今年の我が家のりんごは不作で数が昨年の半分以下(15~20個?)です。1つ1つが大事なので早めに薬をまいて袋かけをしようと考えています。プロより早く…。
しお>Shimadaさん
2011年05月09日 22:11
りんごで自家受粉品種は見たこと無いですね。
秋口に夜間の冷え込みがありますと、色付きや蜜入り林檎にもなりますが、当地のような暖地では赤い色付きや蜜入り林檎は出来ませんね。しかし、りんご栽培は楽しめます。そちらでも、栽培は可能かと思います。
しお>ホワイトモグタンさん
2011年05月09日 22:18
こんばんは。
絶不調とは、移植の影響も有ったのでしょうか。
林檎栽培には絶好の土地柄ですので不思議ですね。
姫林檎まで花芽無しとは、何があったのでしょうか。
しお>ぴょんすけさん
2011年05月09日 22:34
こんばんは。
今年のりんごは裏年なんでしょうかね?
実付きが少ないと大玉に成りそうですね。
早めの袋掛けは過保護になりませんように‥(^_^)。