「酸果桜桃」の実生苗を目指して

酸果桜桃の熱烈ファンとなった私は

何とか実生から栽培してみたいとの思いが強くありまして、

昨年の7月に頂いた「酸果桜桃」の種を冷蔵保存してありました。



桜桃の実生は発芽し難いようでして、

東北農業研究に投稿された”山形県農試”の論文では、

”胚を取り出して、胚表皮の剥皮をやらないと発芽しない”

との結論でした。



良い情報を得ましたので、播種に先立って種の殻を割って、

胚を取り出し、ピンセットで丁寧に胚表皮を剥離しましょうと・・・

意気込んで保存してあった種を取り出してみますと・・



なんと、まあ~

冷蔵中に殻を被ったまま発芽準備を進めている

良くできた種が混じっていました。

sanka0311c1




殻をかぶった残りの種は、

胚を傷つけないようにペンチで割って取り出しました。

hai0311c1

文献によりますと胚表皮は発芽を阻害しているようですので、

剥ぎ取る必要がありますが指で擦ると容易に剥がれる状態でした。




昨年の7月に種を保存する際、

不良な種を除くために水に沈む種を選別していました。



胚を取り出し、胚表皮を破って播種用土上に並べました。

丁度60粒を播種できました。

misyou0311c1




1cm厚の覆土後にたっぷりの灌水をして播種完了です。

hasyu0311c1

保湿・保温の鉢カバーと

鉢底には鉢トレーを敷いて水分補給をしています。



当初の予定では、

播種後は簡易ビニール温室に入れて置こうかと思っていましたが、

冷蔵中に良い感じで発芽しそうな種も有りましたので、

戸外で発芽を待つ事にしました。



60粒の種ですが何本の実生が確保出来ますでしょうか。

非常に楽しみな酸果桜桃の実生です。

(尚、この播種作業は3/11AMに実施しています)





・・




追記:播種後10日目の今日現在発芽は確認出来ず。

この記事へのコメント

S.F.Taka
2011年03月21日 16:40
お!これは
新しい知見かもしれません。
確かに畑の自然実生は翌年出てくるような気がします。
まだ残っていましたら、ペットボトルななど透明な容器で発根を確認できる環境でやっていただけると面白いですね。
しお>S.F.Takaさん
2011年03月21日 19:27
意外な冷蔵保存種でした。
残念ながら残りはありませんので来年の検討課題として下さい(^_^)。
特に柔らかくなった種もなかったのでチョット期待しながら発芽を待っている状態です。

当地では昨日ソメイヨシノの開花宣言が発表されました。早く発芽宣言をしたいところです。
日本一の果実
2011年03月21日 19:48
家でも桜桃の実生はほとんど見かけません。
なるほど、こう言うことでしたか。
簡単に発芽するものもあれば、桜桃のように難しいものもありますね。
面白いオリジナル酸果桜桃が出来ると良いですね。
しお>日本一の果実さん
2011年03月21日 20:00
昨年の7月に胚を取り出してガーゼに水を満たして発芽を期待しましたが、胚表皮の発芽阻害を知りませんで失敗しました。
今度の種は是非発芽して欲しいところです。
ホワイトモグタン
2011年03月22日 07:39
おはようございます。
これは楽しみですね。
どんな優等生が現れるか、実生の面白いところです。
以前、私もサクランボの種を蒔いた事がありましたが発芽率は悪かったです。
なるほど、こういう事だったのですね。
しお>ホワイトモグタンさん
2011年03月22日 08:37
おはようございます。
情報通りの発芽と成りますかチョッピリ不安なところですが、じっくり待っています。
そちらも精力的な活動で嬉しく思います。