露地植えライチの様子は‥

12月になってもまだ暖かい日が多いです。

でもいずれは厳しい冷え込みの季節となります。

今年の2,3月の当地は例年になく冷え込みましたが、

今季の冬は如何なものでしょうか。



厳しい冷え込みで大分傷められた露地植えの「ライチ」ですが、

現時点では何事もなかったように綺麗な青葉に戻っています。

raiti1203c1



ここまで回復してきたライチですが、

もうじきに初霜の降りる季節がまたやってきます。

raiti1203c2



寒冷被害で枯れてしまうことはないのですが、

霜枯れた枝の回復で1年が過ぎようとしています。

なかなか成長への展開は難しそうです。



ちなみに、

今年の2月2日時点の露地植えライチは

こんな状態でした。

laiti0202c1




何時の日か回復に要する時間より伸長に要する時間が多くなって、

樹高の変化が目に見える成長を期待したいところです。

raiti1203c3



ダメ元で始めた”耐寒性ライチ”への変革ですが、

2007年12月から現在に至っています。



この冬のダメージを少なめに過ごせますと、

伸長への転換も早いのではと考えています。



冬はそれなりに冷えて欲しい反面、

ライチには暖冬であって欲しいとも思います。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2010年12月04日 06:38
しおさんの耐寒ライチ凄く気になっておりました。
とりあえず元気そうで安心致しました。
私も耐寒ライチを目指しておりますので。
昨年の厳しい寒さに耐えたと言うことは行けるのではないでしょうか。
多少の防寒対策で一気に成長し始めそうな気も致します。
今年花は咲きましたでしょうか。
しお>日本一の果実さん
2010年12月04日 10:01
ご注目頂きましてありがとうございます。
日本一の果実さんも耐寒ライチを狙ってますか。じっくり根競べですね。
まだ花芽は確認出来ていませんです。
tangor農林8号
2010年12月04日 12:35
耐寒性ライチすごいですね~。寒害のときよりは微妙に大きくなっているような気がしますね。ある程度大きくなったらもっと耐寒性が付きそうな気も・・・。まずは周りに軽くビニールでも張ってやったら霜は防げますでしょうか・・・。それともこもの方がよいんでしょうかねぇ・・・。
しお>tangor農林8号さん
2010年12月04日 15:10
チョッピリ伸びたでしょうかね。
基本的に成木では耐寒性が備わるようですので、そこまでが辛抱ですね。
最初の年は、防寒対策をして植え付けましたが地上部が全て霜枯れました。それ以降は、対策なしでやっています。