キウイ棚の剪定(上の畑)

落葉が遅れていました上の畑のキウイですが、

ここ3,4日の降霜によって霜枯れました。

やっと剪定できるようになりました。



防鳥ネットまで伸びた蔓が絡みつき、

剪定よりもこの蔓を外すのが一仕事になりそうです。



剪定前のキウイ棚は品種見本棚だけに、

狭い棚なのに8種類の雌雄キウイ苗がひしめき合っています。

kiui1225c1

夏場に何度か徒長枝を捻り曲げたり切り詰めたりしていますが、

あっと言う間に生い茂ってしまいます。



棚下には陽が射し込みませんので、

折角結実したキウイの生育は最悪のキウイ棚です。



半ば品種保存用キウイ棚と割り切っての栽培ですが、

思い切った剪定で多少の収穫も狙いたいところです。



防鳥ネットの外にも古株の「早咲き雄木」が株立ちで茂っています。

ネット外からキウイ棚を眺めても生い茂った蔓で単管パイプの骨組みも見えません。

kiui1226c2

株立ちの雄木には「孫悟空」、「ロッキー」、「早雄」、「A.P.メール」、

「アップルキウイ」などが高接ぎしてあります。




棚のキウイのメインは「ゴールドエンペラー」ですが、

今春初めにこの黄肉種の枝先に「レインボーレッド」を高接ぎし、

枝が伸びていました。

しかし、その枝をすっかり忘れていまして主幹から枝分かれ部分を

ノコギリで切り落としてしまいました。

暫く、そのことに気付かずに剪定していて、

レインボーレッドの名札でアッと息をのむ・・失敗でした。



幸い他にも接ぎ穂が活着していましたので助かりましたが、

切り落としたレインボーレッドは穂木として確保しました。

kiui1227c3

黄色矢印のレインボーレッドは、

雄木として購入した苗が雌木でしたので今春、

レインボーレッドを高接ぎしてあります。

下の畑に移植する予定苗です。



広い棚でしたらもっとスッキリさせたいところですが、

4本の各支柱には2種類ずつのキウイ苗が這い上がっていますので

一杯の剪定枝が出た割りにはまだ混み合う棚上です。




防鳥ネットに絡んだ蔓も時間を掛けてほぼ切り取りましたが、

若干の枯れ葉が残ってしまいました。

強風が吹けば飛ばされるものと思います。

kiui1227c4

前面の株立ちキウイもかなりの枝を剪定しました。




後日、剪定枝は粉砕機でチップにする予定です。



おそらく、下の畑のキウイの葉も霜枯れていると思います。

残った2本の移植とここの「レインボーレッド」を植え付ける予定です。

年内には終わらせたい作業です。





・・



この記事へのコメント

Cr
2010年12月27日 20:37
あの大量に実が生っていた棚が綺麗になりましたね。

私も枇杷の津雲を少しばかり切ってしまいました(笑
3箇所に接いであるので大丈夫でしたが、高接ぎすると剪定するにも普通以上に神経を使いますね。
日本一の果実
2010年12月27日 20:57
東西南北が良くわかりませんが、棚の南側面に実を付けさせられないでしょうか。
日当たりが確保できれば行けそうな気も致します。
これだけ雄木がありますと確実に受粉できそうですね。
食べ比べもできますね。
しお>Cr さん
2010年12月27日 23:03
あのキウイは失敗作でして生らせたいゴールドエンペラーは数果で不作でした。
狭い棚での多品種栽培には限度が有りそうです。スッキリ剪定したものの、またジャングルになるのは時間の問題かと思っています。
Crさんの枇杷は、多品種で今後が楽しみですから間違って切り落とさないようにお気をつけ下さい(^_^)。
しお>日本一の果実さん
2010年12月27日 23:14
棚の南面には紅妃とゴールドエンペラーを植え付けていますが、紅妃はまだ幼苗ですのでまだ実付きは期待薄です。しかし、工夫次第では日本一の果実さんの仰いますように実が見られる可能性は有ると思っています。
来年は思い切った枝隙を敢行してみようかと決意しています。
2010年12月27日 23:17
これだけ繁ると多品種接ぎの剪定は難しそうですね。
私なら頭の中がこんがらがってパニックになりそうです。さすがスッキリしましたね。
しお>桃太郎さん
2010年12月27日 23:27
高接ぎしたレインボーレッドの元枝を誤って切ってしまいましたので褒められたモノではありませんです。
もっとゆったりとした棚でないと無理ですね。
この棚ではこの半分くらいの枝でも良さそうです。
再度、剪定するかも知れませんです。
ホワイトモグタン
2010年12月28日 00:01
こんばんは。
寒い中、剪定作業お疲れ様です。
キウイの剪定は特に大変だったでしょう。
本当でしたら、この棚面積ではオス、メス1本ずつでも一杯一杯な広さなんでしょうけども、これだけ沢山の品種が犇めき合うとなると少し厳しいものがありますね。
やはり、下の畑で伸び伸びと栽培したいところですね。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年12月28日 07:57
おはようございます。
そちらも寒空の中、大がかりな伐採お疲れ様でした。
品種保存棚としての役割が良いところですね。
下の畑はしっかり収穫を目指した管理を徹底しようと思います。