露地植えスモモ数本を剪定しました(下の畑)

天気予報では午後から曇りのち雨でした。

10時前に速攻の剪定作業に出かけました。

所要時間2時間で何本の樹を剪定できるか?



取り敢えず今日はスモモを主体に剪定の予定です。

ポリシーとして、

①コンパクトな樹形であること。

②主幹樹高を2m前後に留めること。

③樹幅を2.5m前後に維持すること。

④樹冠から陽が射し込む枝配置であること。

 

狭い畑を有効活用する為の苦肉の策です。

笑ってやって下さい。



園の南面から開始です。

まずはスモモの「紅りょうぜん」です。

beniryou1221c1

黄色矢印の枝は今後外したい枝です。

譲り受けた苗で元々枝が上部に偏り気味でした。

2,3年くらいで胴吹きを期待したい樹形です。

樹高はほぼMAXです。




こちらも同様な腰高の「大石中生」です。

O_tyusei1221c1

この大石中生も下枝が欲しいところです。




まだ小苗ですが、樹形は作りやすそうな「李王」です。

rio1221c1



李王より一回り大きめの「月光」です。

樹高的にはまだ余裕があります。

gekkou1221c1

ここまでの4品種は全てお譲り頂いた鉢植えスモモでした。




相変わらず旺盛な枝伸長を見せている「貴陽」です。

太い徒長枝を思い切って外しました。

kiyo1221c1

樹冠内部にも陽が入ることをイメージしています。



上の畑で鉢植えだった「大石早生」は大分形が出来つつあります。

oisiwase1221c1




杏の「紅浅間」払子台です。

beniasama1221c1

今まで小さな杏しか生っていませんが、

露地植えで多少の改善策となってくれるのかが楽しみな

払子台効果を全く発揮していない紅浅間です。



下の畑には他に3本のスモモが残っていますが、

生長不良(秋姫)や小苗(トパーズ)、移植(バイオチェリー)などで

その都度の剪定で処置済みとなっています。




結局、6本のスモモ類を剪定しました。



今後は、桃類の剪定を速攻で仕上げなければなりません。

 

素人剪定ですが、

その結果の良し悪しは来春の開花・結実で明らかになります。



おお!、くわばらくわばら。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2010年12月21日 18:10
胴吹きが待たれるものもありますね。
植え付け時にどれだけ切り戻すかも関係するかもしれませんね。
私も中途半端な高さで切り戻したものは腰高になりがちです。

樹高も手が届く範囲が一番良いように思います。
私も基本路線はコンパクト樹形です。
小さな木にたくさん生らせましょう。目指すはここにあります。
やはり枝は下から出したいですね。

しお>日本一の果実さん
2010年12月21日 18:27
頂き苗で数年栽培した苗でしたので、切り戻しは難しい状況でした。
今後、自力が付けば胴吹きもあるかと予想しています。
家庭果樹、特に庭先ではコンパクト樹形が良いでしょうね。
2010年12月21日 21:38
それぞれ半分くらいのボリュームになったでしょうか、スッキリしましたね。
地植えとは言え、あまり樹高があると何かと作業が大変そうです。我家は鉢植えですので、さらにコンパクトにと思っていますが、鉢サイズに限界がありますので、色々と思案中です(汗)
しお>かいづさん
2010年12月21日 22:26
徒長枝が勢いよく伸びていましたのでバッサリと切り詰めました。
ほどほどの収穫が出来れば十分ですので、小振りの樹形を維持したいですね。基本的には、管理形態は鉢果樹と同じですね。
ホワイトモグタン
2010年12月22日 07:40
おはようございます。
剪定ですが、こうするとどうなるかの基本が分かっていれば、考えるというよりも、勝手に手が動いてくれると思います。
武道の型のようなものですね。
更に樹種の特性を熟知していれば数年先まで見通せると思います。
これは経験なくしては無理だと思います。
若木たち、しおさんの理想の樹形になってくれるといいですね。
これからが楽しみですね。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年12月22日 11:45
こんにちは。
素人ながら考えなしでササッとやっています。一応参考書は時折確認しながらの作業ですが、ほとんど自己流ですね。ホワイトモグタンさんの様なプロから見れば笑ってしまうでしょうが、こうした失敗をしながら覚えていくのかと思っています。
日々勉強ですね(^_^)。