長果枝っぽい・・だろうか?

本日、S.F.Takaさんからのサクランボ花芽をアップしましたが、

我が家の出来はどうだろうかとデジカメ片手に見回りました。



花芽がガッツリ着いたS.F.Takaさんのレポートの直後では

見劣りは否めないところですが・・・まあ仕方ないです。



今年は春先の結実後のピンチは全く実施せずに、

新梢は伸びるがままにしています。



まずは「佐藤錦」の花芽ですが、

何とか着いています。

sato1008c1



今まで短果枝作りを主体的にピンチや剪定をしてきた苗木ですので、

一朝一夕には長果枝に成ることはありませんが、

中にはそれらしき花芽の付き方が見える様な・・・気がします。

sato1008c2



以下の③と④は、長果枝候補になりそうな・・・気がしていますが、

如何でしょうか。

sato1008c3



sato1008c02




先日、S.F.Takaさんから”イシドウさんのカタログ裏表紙の

写真は長果枝の良い事例写真”ですとのご連絡を頂き、

早速取り寄せました。



ここにお出での多くの方は手持ちのイシドウ・果樹カタログで

ご確認頂けると思いますが

良い写真なのでスキャナーで取り込んでみました。

tyoukasic13

若干の葉摘みの跡は見られますが、

葉が無いところに実が付いているのが分かります。



2,3年後にはこんな実付きのサクランボを

眺めてみたいものです。



さて現実に戻りまして、

他の品種はどうかと見てみますと、

「紅秀峰」は一寸様子が違います。



他の品種に比べて新梢が出にくいので、

短果枝が主体です。

benisyu1008c7



比較的新しめの枝ですが、

短果枝が多いです。

benisyu1008c8

これはこれで、実付きがよいのでOKではないでしょうか。




気になる黄色いサクランボ「月山錦」にも長果枝っぽい枝が・・。

gasan1008c5



gasan1008c6




「紅さとう」には短果枝も有りますが、

長果枝になりそうな枝も混在しているかと・・見ています。

benisato1008c4




「夢あかり」や「正光錦」は、

今後に期待と言ったところでしょうか。

yumeakari1008c9

枯れ枝も・・(葉ダニか?)



seikonisiki1008c01

短果枝が混在の現状です。




現状では、残っていました短果枝に花芽が多く観察できます。

今後、2,3年後の長果枝形成を目指して試行錯誤が続きます。





・・



この記事へのコメント

2010年10月08日 21:08
取り寄せたんですね。

この画像で重要なのは右上の今春切り詰めたところに結実しているということです。
さらに(意図せず葉芽を残したのでしょうが、)ここから新梢が出て、すでに来年用花芽(長果枝)が出来ていることです。
中央斜め上に伸びているのが3年枝の結果枝ですが、これが主幹としたら。。。

ね、わかりますよね。
主幹近くには禿げあがりが出来て、その先に長果枝があって、その先に新梢が出て、、、というようにわざと葉がないところを作って、結果部位に葉を作らず、日当たりが良い枝に大玉を実らせる、という剪定です。
意図してイシドウさんではこうなったものではないと思いますが、これを意識して剪定したらいいのではないかと最近考えています。
もちろん、鉢植えにこそふさわしい剪定になるのではないかと考えています。
この冬の剪定でちゃんと「意図」してやってみます。再来年の今頃には、明らかな結果と本当におススメ出来る剪定なのかがはっきり分かるはずです。
基本的に「短果枝」を1か所も作らない剪定になるはずです。
しお>S.F.Takaさん
2010年10月09日 09:11
あれから直ぐに送って頂きました。
意図して長果枝を作れるまではまだまだレクチャーが必要ですね。
今春伸びた新梢の剪定は、葉芽を一芽残しで切り詰めて良いモノでしょうか(特に長い新梢)。
S.F.Taka
2010年10月09日 09:43
>しおさん

どこから切るかは、11月末か12月に画像送りますので、それ見て考えてください。
というか、来年の新梢伸び出す時までに切ればいいんですから。

あせることないですよ。。。(笑)
しお>S.F.Takaさん
2010年10月09日 12:22
せっかちは、いけませんですね。
じっくり取り組んでみます。
また時期になりましたら、宜しくお願いします。
いすい
2010年10月09日 16:10
お久し振りです。S.F.Takaさんの木はお隣さんのと比べたら葉数が全然違いますね!管理の仕方であんなにも違ってくるのでしょうか。凄いです!しおさんのも全然葉が残ってますね!私のは、1年生苗ではありますが葉ダニとせん孔病?とで半分ぐらいは落ちてます。葉ダニと知らず、今夏は暑さが厳しかったので日焼けかと思ってました(-_-;)来年は、消毒の決行です。しおさんの花芽の比較で単果枝と長果枝の違いが分かった様な気がします?!
日本一の果実
2010年10月09日 17:25
しおさんの桜桃も来年はますます期待が膨らんできましたね。
花芽の充実も順調のようですね。
私もイシドウさんの表紙を見てイメージトレーニングをしなくては。
桜桃は難しいですが粘り強く行きます。
暖地では最難関の葉ダニですが、対策として風通しの良い場所に苗を植えつけてみます。
自然の力を借りるのも手かと。
来春は今年のリベンジを期待しております。
しお>いすいさん
2010年10月09日 19:33
ご無沙汰しています。
葉を残すのは簡単そうですが、日頃の管理が如何に重要なのかこの時期になりますと感じますね。毎年苦労しています。
まだまだ、参考になるような枝はなくて恐縮です。
S.F.Takaさんのレクチャーをお待ち下さい(^_^;)。
しお>日本一の果実さん
2010年10月09日 19:36
一応、花芽は確保出来たようです。
日本一の果実さんのところは、環境が整っていますからきっと上手く行くと思います。
来春の受粉は何とか成功させたいところです。
ホワイトモグタン
2010年10月09日 23:29
こんばんは。
春に接いだサクランボの苗木、どう料理しようか頭の中でチラチラし始めています。
これから難題続きで何から始めようか、悩むところです。
しお>ホワイトモグタンさん
2010年10月10日 07:15
おはようございます。
長雨で何も出来ません。
1,2年後には立派なサクランボ・ハウスが出来上がっているかも知れませんね。
本格的な栽培を楽しみに拝見しています。
2010年10月10日 22:30
立派な花芽が沢山着いて、防除もバッチリ、我家の苗とは明らかに違います(汗)来年は最適な天候に巡り会い、良い収穫となって欲しいものですね。
今年は我家でも少しなるようになったのですが、鳥除けが必要なことを実感しました。。
しお>かいづさん
2010年10月10日 22:41
長果枝作りはまだまだ先のようですが、間に合わせの短果枝で実付きを楽しみたいところです。
かいづさんのところも来春は倍増が期待できそうですね。
防鳥対策をしっかりして下さいね(^_^)。