テーマ:洋ナシ

上の畑を別角度から・・

台風のような大荒れの暴風雨だった昨日です。 吹き付ける風雨で何も出来ませんでした。 今朝の富士山では今季一番の積雪となっていました。 北東の強めの風は吹くものの気温は10.4℃と寒さは感じません。 北側からネット越しに上の畑を覗いてみました。 葉のないこの時期だけ見渡せる畑の様子です。 唯一常緑のビワの緑が外…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

下の畑も一気に剪定してきました

朝は曇りで風もなかったので、 家の東側に昨年から剪定枝を積んでありましたので、 煙が立ち上らない様に注意しながら焚き火しました。 1/3程度は灰になり身体も温まりました。 午後から、下の畑の残り果樹の剪定を行いました。 スモモや梨・洋梨などを一気にやっつけました。 今日は冬至でしたね。 昼が一番短い日の午後からの剪…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

梨類の花芽は、如何かと・・

今年の梨は、花芽が少なくて不作の年でした。 来年は挽回を期したいところですが花芽の付き具合は如何かと・・。 下の畑や上の畑で梨類の花芽を探ってみました。 下の畑には2本の和梨と3本の西洋ナシを植え付けました。 しかし、今年和梨の「ジャンボ新高」を枯らしてしまいました。 幸いバックアップ苗を今春作っていましたので助かりま…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

なけなしの梨ですが・・

降りそうで降らなかった雨でした。 孫の運動会で家内は朝早くからそそくさと出かけました。 吹く風も爽やかで秋の気配が感じられます。 先日の台風に寄る南風で潮風となって塩害が多発です。 HCに行く道の国道1号線では海から吹き付けた潮風で 黄色く縮れた葉が目立ちます。 聞いた話では高台の当地でも潮風が吹き付けたとのことです…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナシ類の花芽状況は・・。

上の畑の高接ぎ品種や下の畑の露地植えナシ類の 花芽の付き具合を観察してみました。 上の畑は露地植えラ・フランスに高接ぎしたナシ類ですが 少ないながら花芽らしき芽が付いた品種もあるようです。 現在のラ・フランスの様子。 昨日の石灰硫黄合剤がしっかり付着しています。 育成地は鳥取県らしい赤梨。 昨…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨の葉の紅葉も意外と綺麗!

下の畑に植え付けてあります梨類ですが、 開花と結実・収穫時期くらいで 登場機会が少ない果樹になっています。 しっかり育って養分の蓄積に十分な働きを終えた葉は、 紅葉して散っていきます。 この紅葉ですが、 じっくり見てみますと梨の紅葉も意外と綺麗です。 黄色が鮮やかな「ジャンボ新高」の紅葉です。 大分散ってしまった…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

今春接木の桃・梨・プラム類の植え付け

穂木交換で入手した穂木にも その状態の良し悪しに差が見られました。 1年枝でしっかり登熟し鉛筆くらいの太さが 未熟な私には最も活着率がよい様に思います。 中には爪楊枝程度の太さや 2,3年枝で老化した様な穂木を送って下さる方も見られます。 そういう栽培家さんは凄い技術をお持ちなんだと感心しますが、 私の接木は全て失…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下の畑(野菜用地確保)

今日も朝から良い天気でした。 明日はまた雨になる予報で、 畑地の耕作には打ってつけの日となりました。 下の畑植栽はほぼ完了していましたが、 ブドウの植栽予定地を臨時畑地と変更しました。 ↓ 臨時畑地1は、獣防護ネットを張り巡らせて、 畑地2はトウモロコシをまく予定地となります。 朝から鍬を持って出かけま…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

梨類の接木、その後は・・

今年の梨類の接木は、 品種が少なくて接木箇所も多くありませんでした。 新入りの穂木としまして、 和梨の「あきづき」、「なつしずく」、「八達」と 洋ナシの「バートレット」、「ル・レクチェ」です。 保険苗作成として 「幸水」、「マリゲリットマリーラ」、「コミス」の居接ぎを行いました。 上の畑の梨類は、 露地植…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

多品種高接ぎ梨の花芽は・・

上の畑にあった梨類の鉢植え苗は、 全て下の畑に移植しています。 現在、上の畑の残る梨類は、 露地植えの「ラフランス」が1本のみとなりました。 1本とは淋しい話ですが、 意外と樹上は賑やかなんです。 このラ・フランスには現時点で16品種の高接ぎ穂木が活着しています。 1品種は成長が遅くて花芽の確認が出来ませんでした…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

付いています、梨の花芽

鉢植え果樹の中で、 露地植えした場合との差が大きい種類は、 梨やぶどうが顕著ではないかと感じています。 鉢植えの場合、 実や房の大きさは、 いくら摘果・摘房して調整しても差が出てしまいます。 それを承知の鉢栽培ですが、 大玉系の梨栽培では、 露地栽培の強みをひしひしと感じる今日この頃です。 大実系の「ジャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台木養成:ナシ編+α・・④

昔、雑木盆栽に填っていた頃、 満州豆梨の木を見た記憶があります。 梨類(和梨・洋梨)の台木は山梨や豆梨が使われます。 意識して探してみましたが、 意外と見つかりませんでした。 洋梨を3種ほど購入した際、 台木の根を切り詰めて10号鉢に植え付けました。 切った根は、翌春根伏せで発芽しました。 この根…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

その他の梨は・・。

幸水や豊水の収穫が終わり、 晩生の梨の収穫待ちとなっています。 高接ぎの初生り品種「にっこり」は、 たった1果の貴重梨でしたが、 果重オーバーで枝折れです。 ↓ 10月が収穫時期のにっこりでしたが、 来年までお預けとなってしまいました。 イイ感じの生長でしたので残念です。 ↓ 「王秋」も高…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梨の袋掛け

結実数は少ないですが、 和梨・洋ナシの袋掛けを行いました。 赤星病、黒星病の品種もありましたので、 アンビルFを散布してから袋掛けしました。 鉢植えの「ジャンボ新高」と「豊水」は、 それぞれ数果ずつ残しました。 ↓ この2種には、発病はありませんでした。 露地植えのラ・フランスに高接ぎの 「にっこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

露地植えラ・フランスの大剪定?

用意した道具、剪定ばさみ・ノコギリ・脚立・・・。 さぁ~、切るぞ! 2年ぶりの大幅な剪定を敢行しました。 ラ・フランスは、ひょろひょろ伸びた枝の先端や短果枝に花芽が良く付きますので、 今回の剪定後の結実は期待出来ません。 目的は、ナシ類(洋ナシ・和梨)の台木として整形する・・ことです。 まだ、落葉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

洋ナシの「ラ・フランス」

今年の「ラ・フランス」は、まずまずの出来だと思います。 洋ナシの熟期は、果実の色や堅さからでは判りにくいです。 開花から165日目、とかの目安で収穫します。 ここ数年、収穫は出来ますが洋ナシ特有の追熟で失敗し、味わうことが出来ていません。 趣味の栽培家の何人かにお尋ねしたところ、追熟前…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more