テーマ:もも

栗の「ぽろたん」など・・(下の畑1)

山形の村山地域ではしっかりとした降雨とのことで、 砂漠化一歩手前で復活の兆しのようです。 桜桃樹も息を吹き返していることでしょう。 当地は夜半に一雨有りそうですが、 畑地は十分潤っている様子です。 下の畑1にある栗の「ぽろたん」ですが、 一つの毬が先日より茶色く成り始めていました。 傷み果と思っていましたら本日のこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨「八雲」と桃「西王母」の話題

今日は定期的な通院日で留守にしていましたら、 宅配の不在通知が郵便受けに・・。 届いた荷物は山形・村山でも珍しい青ナシ「八雲」のお裾分けです。 桜桃栽培でお世話になっているS.F.Takaさんが、 サクランボ以外の果樹で手塩に掛けて栽培しているのが この「八雲」です。 昨年は摘果が効いて大玉八雲を頂戴していましたが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

下の畑1に残る果樹は・・

昨日は1ヶ月ぶりの降雨で乾ききった畑地には幾らかの潤いです。 今日も降るとの予報に期待していましたがカンカン照りの猛暑です。 小木の果樹苗が日照りで枯れ苗も出ていた下の畑1です。 残る果樹も少なくなりました。 今年の次郎柿は病虫害駆除に努めた性か、 何とか収獲果も残りそうです。 昨年は柿のへタムシ被害で全滅でした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

連日の獣害で栽培意欲も萎えております

降雨なしの猛暑続きで干ばつのような畑です。 上の畑や下の畑1では、 タヌキや猿の食害が連日のように頻発です。 このところ、 ブログアップや皆様のブログ訪問が遠退いていますが 流石の私も栽培意欲が萎えております。 オマケに最近始めた野菜畑では少ないトマトなどを 鳥に突かれっぱなしです。 100円ショップで見掛けた防…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

大玉”爆弾”が届きました?!

今日から夏の天気が続く予報です。 そんな暑い夏日を吹き飛ばせとばかりに、 大玉の爆弾が届きました。 ブログでお世話になっています日本一の果実さんから 丹精込めた収獲物のお裾分けが今年も届きました。 ご自身では辛口の出来映えと評価されていますが、 店舗に並んでも全く引けをとる物ではありません。 果樹栽培もさることなが…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

久し振りの陽射しでした

記事内容は昨日の事ですが、システム障害で7/22の投稿が出来ませんでした。 梅雨明け宣言で喜んだのも束の間で、 肌寒い雨天が続き何も出来ませんでした。 今日も午前中は小雨でしたが、 午後から時折薄日が差したりで、 久し振りに下の畑1に行ってみました。 相変わらず害虫たちの天国でした。 桃類には梨用の二重袋で警戒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キウイの緑枝接ぎ・・など

下の畑1で今春実施のキウイの居接ぎ苗は、 既に成功苗は移植しましたが、 挿木苗は圃場確保が遅れてまだプランターです。 そんな苗の品種を見ていますと、 黄肉系の雄木が少ない感じでしたので、 緑枝接ぎで苗の確保を図っていました。 実施日は6月28日でした。 展葉に差はありますが活着しそうな雄木達です。 台木は、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

注目度の低いプルーンやスモモ品種にスポットライトを・・

相変わらずどんよりと落ちてきそうな梅雨空が続きます。 九州の連日の豪雨はお気の毒なことで、 早い梅雨明けを願うばかりです。 当地も深夜の2日続けての豪雨で寝不足気味です。 上の畑や下の畑は雨後に入りますと、 枝葉をかき分けての散策ですのでたちまちズブ濡れ状態で、 この時期は余り近づきたくない状況です。 2,3日…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桃やスモモを少々・・

今日は久し振りに朝から夏の陽射しで暑いです。 16リットルの噴霧器を背負い、 入れ替え用の殺虫・殺菌剤の濃縮液(1L)を手に、 下の畑1へ農薬散布に出かけました。 16リットルの2回でほぼ全面に散布できますが、 ブルーベリーは収穫中ですので除外しています。 スモモ類は色付き出しますと鳥達が見逃してくれません。 大し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下の畑Ⅰの桃もそろそろかしら・・

午後から明日に掛けて天候不順の予報です。 家内はBBの摘み取りで一緒に下の畑へ出かけました。 BBの摘み取りが終わった家内が、 あれ!このトウモロコシは新しいんじゃない? 反射的に先日の侵入口を見ますと、 あれまぁ!復活だわさ。 今度は念入りにシート押さえピンの30cm杭を使って、 その上に重石を置いて補強…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

早生桃が袋内落果していました

6月に収獲の早生桃2種が袋内に落果していました。 傷み果ですが、 初生りの桃は収穫時期が分かり難いので、 袋内落果は好都合です。 1本は「はつおとめ」で6月下旬~7月上旬が収穫時期のようです。 ”成熟日数60日の最早生でサクランボの時期に収穫できる。 果重は130~160g位の小果。”とカタログ記載です。 2,3個…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上の畑で梨や桃の袋掛け

昨日と今日で上の畑の桃や梨の袋掛けを仕上げました。 梨は多品種高接ぎでの実付きですので少ない袋掛けでしたが、 桃は2日間に渡っての袋掛けとなりました。 梨の結実は大玉和梨・王秋・秋栄・八達・南水・豊水と 洋ナシのラ フランスでした。 特大二重袋を使いました。 南水はハトロン紙の梨袋を使いました。 上…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桃の袋掛けを始めました(下の畑)

尾張の栽培家さんのブログに刺激を受けまして 下の畑の桃に袋掛けを始めましたが、 途中で翌日に残してしまいました。 予め粗摘果はしていましたが、 実付きの枝配分を見ながらの摘果は面倒で 時間が掛かります。 使用した果樹袋は昨年も使用した梨用の 特大二重袋などを転用しています。 今年の「おどろき」は開花が一番…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マルメロの開花と「西王母」

昨年HCで購入のマルメロが開花していました。 マルメロは他家受粉性品種が多いようですが、 品種は不明です。 花が咲いたら即、生らせる。 これが私の楽しみ方です。 先のことを考えるほど残りが長くありません。 木を作ったところで続ける後継者もいません。 そんな私は1年でも早く実を拝みたいです。 実が着いてなんぼの…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

桃の休眠枝高接ぎは全敗です

苦手意識の兆候はハッキリと出ました。 桃の休眠枝高接ぎや居接ぎはほぼ全滅です。 居接ぎで太めの穂木だった品種が2,3本残った程度で、 高接ぎの細い穂木は活着ゼロの全敗となりました。 これを機に桃の”休眠枝高接ぎ”から撤退を宣言します。 残るは9月の芽接ぎに賭けるつもりです。 過去の実績では芽接ぎの方が成績が良い感…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

今日の果樹点描

昨日のタップリの降雨で乾ききった下の畑も潤ったようです。 開花の早かった桃の西王母は既に散り始めていますが、 「おどろき」は今が満開のようです。 昨年購入したアンズの1本に結実です。 小さい木でも生らせてしまうのが私のやり方です(^_^;)。 此方は上の畑で鉢植えの「平和」ですが、 幼果が肥大して来ました。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

桃や梨の開花具合は・・

今日は風も弱く穏やかな日和です。 昨日、耕耘してマルチ掛けして置いたところに、 少しばかりのトウモロコシの種を播きました。 下の畑の桃は品種毎に開花状況はまちまちですが、 早い品種は7,8分咲になっています。 開花が早かった「西王母」です。 露地植え「田上姫」も大分進んでいます。 下の畑の和梨「…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

4月1日の上や下の畑の果樹は・・

昨日の春の嵐が去って静かになるかと思いましたが、 今日は晴れても強い南風が吹き荒れています。 4月の声を聞きますと各種果樹の蕾の膨らみが 刻々と変化し開花する果樹も日毎に増加しています。 早めの開花だった梅や中国実桜では、 枝先に幼果の結実が確認出来るようになりました。 プルーンの品種の中では開花の早い「フロ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

上の畑のキウイに芽動きなど・・

明日は大荒れの雨天の予報ですが、 今日は晴天なれど強風が吹き荒れています。 気温も大分上昇してきましたのでキウイ棚の新芽が 展葉しだした品種も見られます。 最も早いのが紅芯キウイの「紅妃」でした。 蕾もしっかり確認出来ます。 多品種のキウイが絡み合う棚上では紅妃の 芽動きが目立ちます。 一方、一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃の蕾も膨らんで花色が・・

昨日から典型的な冬型天気でしてピューピューと 強い西風が吹き続けています。 今日は一日中、 DIYで薄鋼鈑製の鉄柱を切り貼りしての ソーラーパネル支持台作りに勤しみました。 休憩時に上の畑を見回りますと、 コルトの開花が始まっていました。 弱々しい開花ですが淡いピンクの花びらです。 膨らんだ蕾から開花まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も下の畑で・・

午前中は良い天気で野良仕事には最高でした。 下の畑には密植気味に桃品種を植え付けていますが、 花芽もやや膨らんできた様に見えます。 昨年、収獲を楽しませてくれた晩生種の 「西王母」や「おどろき」の花芽も順調そうに見えます。 木も大きくないので生り疲れが出なければ良いのですが・・。 先日、露茜の花は白い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

各種果樹の居接ぎや高接ぎ

昨日は各地で思いがけない大雪で混乱していました。 当地は雨でしたが、富士山は今季一番の積雪でした。 ポカポカ陽気の今日は1日中、下の畑で遊んでいました。 今季第2弾の接木作業は、 梅、スモモ、プルーン、桃、リンゴおよび梨類の居接ぎや高接ぎです。 早朝、土中保存してあった穂木を掘り出して、 スモモ挿木台、豆梨台およ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

養成していた桃苗の植え付け

先日、下の畑の桃を大胆に切り詰め小型化しました。 元々、大きな木にしたくない桃の木ですが、 更にコンパクト樹形を目指したのは 今日の目論見が在ったからでした。 昨年の居接ぎ苗を圃場で養成していました。 更に今年の居接ぎ苗も加わって偉いことになっていました。 今日は、朝から 苗を掘り起こしてー穴を掘ってー植え付けて・…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

露地植え桃の剪定

落葉果樹の剪定の手始めは、 下の畑の地植え桃となりました。 鉢栽培に比べて成長や枝の伸長・太りは 圧倒的に露地栽培の方が旺盛です。 鉢栽培ではほとんど新梢の伸びがありませんので、 剪定枝も僅かですが、 下の畑の剪定枝は多かったです。 突然気まぐれに剪定を始めましたので、 全ての品種を剪定前の画像を残せませんでした…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

強風で落葉の桃類

昨日は台風並の暴風雨で大荒れの一日でした。 あの台風15号ほどではないですが、 庭先に家内が植えたブロッコリーはぶっころげていました。 下の畑の様子見に出かけてみますと、 3日前までは青々と茂っていた桃の葉が見事に落ちていました。 紅葉は余り見られない桃の葉ですからザッと落ちることはありますが、 やはり昨日の強風が一因で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

花芽が付かない桃:「黄ららのきわみ」??

下の畑の桃で露地植え前には鉢栽培で結実していた 「黄ららのきわみ」ですが、今年は全く花が咲きませんでした。 今日、来年は大丈夫だろうと枝を観察してみますと、 なんと、来春も開花は厳しそうです。 成長振りが旺盛すぎて花芽が付き難いのでしょうか。 樹高は2m以上で横枝の張りも十分です。 しかし、この時期にはしっかり確…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

リンゴや桃の様子

昨日はタップリの降雨で久々のお湿りとなりました。 2,3週間前からリンゴの「秋映」や「おいらせ」の落下が続いています。 幾分色付きも見られていましたので完熟手前には行っているかと・・。 2,3果樹上に残る秋映も色付き出しています。 自然落下した小玉の秋映は結構色つやが良いです。 無袋ながら外観は綺麗です。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

残暑厳しい下の畑で・・

そろそろ雨が欲しい乾き具合でして、 昨日苗を追加したブルーベリーに散水していますが、 雨水タンクも残り半分以下となってきました。 植え付け時にピートモスや腐葉土などを混ぜていますが、 ブルーベリーに良い土壌ではなさそうです。 昨年の苗は成長が良くないので8本ほど密植しました。 株間を十分空けていましたが期待通りの伸び…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

黄色い「秋姫」:下の畑

スモモもほとんどが終わっていますが、 下の畑の「秋姫」に1果のみ樹上に袋掛けで残っています。 無袋だった数果の秋姫は1週間程前が最終で 全て傷んで落下してしまいました。 1果だけ試しに桃用二重袋を掛けていました。 山形では、 黄色いスモモとして秋姫の有袋栽培が行われているようです。 晩生種故に無袋で無傷の果実収穫は…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

猿の食害:「西王母」

朝の7時過ぎでした。 実家の兄の奥さんから電話があり、 下の畑に猿が進入している・・との連絡でした。 急いで駆けつけましたが、既に猿は居ませんでした。 実家に知らせてくれたのは畑の南側のお宅からでした。 猿が狙うのは当然のように晩生桃の「西王母」でした。 3果ほど遣られましたが、全滅でなくて良かったです。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more