テーマ:実生

尾張からデービスが届きました

9月7日:日本一の果実さんブログ記事に登場の 落果した手のポポーの「デービス」の2果が届きました。 宅配された段ボールを空ける前から匂いました。 子供の頃に近所の庭先で稔るポポーを見ていましたので、 大きさのイメージは残っていました。 しかし、空けてビックリ! 予想以上の大きさで、在来種の倍近い感じです。 ズッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

志那実桜”はるか”の実生

暖地桜桃や中国実桜は比較的発芽し易い様で、 鉢置き場の周りで自然実生苗を見つけることが出来ます。 手持ちの暖地桜桃台は、 全て自然実生苗を養成した台木です。 今春は冷蔵保存した「酸果桜桃」や「桜桃」の 実生発芽実験を行いまして、一応の成果が得られています。 今回は降雨で実割れを生じた「はるか」を 収穫した直後に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

果樹作業:点描

このところの早朝は、 下と上の畑でキウイの人工受粉です。 おそらく虫達が受粉してくれていると思いますが 観察している時間帯では蜜蜂などの訪花は皆無です。 下の畑で受粉を終わって、 ふと「一才サルナシ」に目をやりますと、 白く厚みのある花びらが可憐な サルナシの花が咲いていました。 サルナシの花は初めて見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜桃の実生実験、その後は・・・

3月21日に播種しました酸果桜桃の種(60粒)は、 発芽は順調そうでしたが、 ある時期からぱったりと新しい発芽が止まりました。 今日時点で発芽数を数えてみますと20本でした。 1/3の発芽率となりました。 保湿カバーも本日撤去しました。 画像右端の苗がやや萎れていますが、 その後見てきましたら復活していました。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日の桜桃あれこれ・・

朝晩の冷え込みが桜桃の花保ちを良くしているようです。 留守中に開花し過ぎる品種もなく、 順次開花している花には受粉操作を繰り返しています。 たいした数の花数ではありませんが、 念入りの受粉は、それなりに時間が掛かります。 受粉樹の要となります「ナポレオン」ですが、 この樹は3本中一番早く咲き出しています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

実生ポポーに花芽が付いていたんです

鉢植え栽培で何年経過したか忘れた実生苗です。 2年前に下の畑に植え付けてありましたが、 今春、 待望のポポー穂木を日本一の果実様から頂戴しました。 嬉しくて接ぎ木時期まで待つのが大変でした。 いざ、高接ぎしようと実生苗の枝を見ますと、 黒っぽい豆粒のような物が・・・ これはもしや花芽なのか? 初めて目にする花芽…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さくらんぼの挿木や実生(酸果桜桃)のその後は?

桜桃類の挿木や実生は、 発根や発芽がし難くてその発根率や発芽率は一桁程度が相場のようです。 そのため古くから発根促進剤や発芽促進のための工夫が試みられているようです。 2月14日に実施しました桜桃穂木の挿木には CX-10という植物生長調整剤を処理して、 発根促進効果を見てみようと挿木しました。 約一ヶ月半が経過…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特報:うっくんさんの桜桃実生レポート

今日は当ブログの桜桃関連記事で 貴重なコメントを寄せて頂いていますHN”うっくんさん”の実験レポートです。 先日、当ブログで”酸果桜桃の実生実験”をアップしていますが、 うっくんさんは味わったさくらんぼの種を保存して置き、 ご自身が播種実験を試みて居られました。 先日、その播種によって得られた実生苗の発根状況を デ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「酸果桜桃」の実生苗を目指して

酸果桜桃の熱烈ファンとなった私は 何とか実生から栽培してみたいとの思いが強くありまして、 昨年の7月に頂いた「酸果桜桃」の種を冷蔵保存してありました。 桜桃の実生は発芽し難いようでして、 東北農業研究に投稿された”山形県農試”の論文では、 ”胚を取り出して、胚表皮の剥皮をやらないと発芽しない” との結論でした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

柿の実生苗をポット上げしました

昨年、自家産の太秋と黒柿の種を春先に播種しました。 発芽は良好でして沢山の苗が育ちました。 播種後はほとんど放置したままでしたが、 太い苗はタバコくらいの台木となりました。 4月頃の居接ぎに向けて扱いやすいようにポット上げの実行です。 発芽の様子や育ち具合は2種に違いは無く、 ほとんど区別は出来ない苗となっています。…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

枇杷の自然実生苗

我が家の南側には茶畑やミカン畑が広がっています。 その一角に枇杷の木が植えられています。 品種は分かりませんが小粒のようでしたので、 茂木あたりかと想像しています。 間近での観察は初めてですが、 立派な大木です。 今年も豊作の様で、 枝一杯に花房が着いていました。 株元も太い枇杷の木です。 毎年、沢山の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

実生キウイの様子

今年の4月に播種したキウイの実生苗は、 7月に一部の苗を下の畑の圃場に植え付けていました。 残った実生苗は少し有効利用しましょうとポット上げしてみました。 発芽後はズッと同じ鉢でしたので7月からほとんど成長は見られず、 か弱い苗になっていました。 半分程抜いて根鉢のしっかりした苗を3号ポットに植え付けました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

さくらんぼ苗が届きました

山形のS.F.Takaさんから、さくらんぼ苗が届きました。 自園で栽培中の25年生「佐藤錦」の子孫になる自作接木苗です。 佐藤錦には選抜系が多数発見されていますが、 この25年生の佐藤錦も開花時期が早く、 実付きがよい優良系のようです。   長い段ボールの荷姿で届きました。 自園内に自然発生した…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

柿の居接ぎ、その後

春先に実施しました柿の高接ぎや居接ぎですが、 高接ぎの様子は時々アップしていましたが 少ない施術の居接ぎは忘れがちでした。 上の畑の「太秋」もようやく柿色に変化しだしています。 まだ完熟ではなかったので、 道路側で防鳥ネットを破って持って行かれた苦い経験から、 二重の保護ネットで樹全体を覆っておきました。 これで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キウイ実生苗の植え付け・・など

4月初旬に播種した緑果系キウイの実生苗が 播き床一杯になってきましたので半分程度の苗を 下の畑圃場に植え付ける事にしました。 シャベルで大凡半分を掘り出して小型プランターに移し替えました。 結果的には100本程度の苗がありました。 4/3播種 苗に大小は見られましたが、根はしっかり着いていましたので 活着に問…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

酸果桜桃と梅の実がどっさり届きました

山形のS.F.Takaさんからまたまた頂き物が届きました。 予てから酸果桜桃を何かに利用しますか・・と言って下さっていましたが、 この度、その酸果桜桃を送って頂きました。 その際、ご自宅の庭で実った小梅まで送りますよ・・との事でした。 荷物が届いてビックリです。 総重量は10kg前後でしょうか。 綺麗な小梅…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

実生、あれこれ・・

肌寒い3月の初めに柿のタネを播種しています。 我が家で収穫した「太秋」と「黒柿」のタネです。 柿の品種保存用の台木確保が播種の目的ですが、 発芽が遅いのが柿の特徴でしょうか。 昨年も老爺柿の実生を行いましたが、 発芽が遅くてヤキモキしました。 しかし、発芽率は大変良くて驚きました。 今年の食用柿の発芽もすこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

柿の播種など・・

朝方までの雨もあがりましたが、 風が冷たく8℃の気温です。 三寒四温とはよく言ったもので、 こうして次第に春めいていくのでしょうか。 今日は、昨年収穫した柿の種を播種してみました。 ↓ 太秋(丸い)と黒柿(細い)の2種を用いています(27粒)。 黒柿の種は所謂”柿のタネ”菓子の形です。 昨年も老爺柿…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

梅実生苗の鉢上げ

今日の天気予報では午後から小雨が降るらしい。 その前に、 りんご鉢に発生した実生梅苗の鉢上げを決行しました。 りんごの「らくらくふじ」の大鉢内に発生した2本の梅。 台木用に使うため鉢上げを予定していました。 ↓ 落ち葉で見えにくいですが、20~30cmの実生苗です。 石灰硫黄合剤散布で黒い鉢が白く見えます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

実生苗や台木の整備

上の畑の鉢置き場には、 自然実生苗が自生していることを以前アップしました。 また、鉢果樹の鉢下には培養土の空袋を敷いて 根が広がらない様にしていますが、 2,3年経過しますとビニール袋を突き破って 根が蔓延ることもあります。 今回、下の畑で露地植えしようと鉢を動かそうとしましたら、 太根が張っている鉢も少なくありま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自然実生苗があちこちに・・

ブルーベリーの鉢に暖地桜桃の苗が・・。 林檎の大鉢に梅の苗が・・。 自然発生の実生苗です。 あちらこちらに自然の実生苗が出ています。 意外とこの苗、利用価値があります。 ビワの実生苗は、 毎年発生し台木確保に重宝してます。 ↓ そろそろ鉢上げして、台木の準備をしても良さそうです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

実生ペカンですが・・

実生18年生のペカンが、 果樹鉢置き場に露地植えで2本鎮座しています。 昨年は防鳥網を突き抜けてしまい、 毎年11月には降雪の場合を予想して片付けていた網も、 張りっぱなしで現在に至っています。 実生13年程度で結実時期を迎えると言われているペカンですが、 4年前に主幹を根際から1.2m程度で…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more