テーマ:接ぎ木

動き出した様な接ぎ木キウイの芽

昨日の当地の気温は4月の陽気でしたが 今朝は予報と違って肌寒い曇り空となっています。 そんな寒暖の繰り返しの日々が続いていますが、 1月20日に施術しましたキウイの居接ぎや高接ぎの穂木には、 僅かながら芽動きが始まった様に感じます。 動き出しには品種間に違いが生じているようですが、 基本的には早生種のキウイの穂木が早…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

すももの「いくみ」に受粉品種の高接ぎ

完熟するとまるでいちごジャムの様な・・とのカタログ記載にもある 果肉に特徴のあるスモモの「いくみ」ですが、 結実が不良でした。 時々、立ち寄ってくれる市内の果樹仲間の佐野さんは、 いくみとある品種を捻り合わせ栽培で、 結実良好とのことで昨年は収穫したいくみを頂きました。 本日、受粉相性の良いスモモ穂木を届けて頂きまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デリバリー接ぎ木サービスを実施してきました

日頃、散歩で通りかかる方から 梅の接ぎ木が上手く行かないので接いでくれないかと・・・ 昨年の暮れに声をかけられていました。 昨日も通りかかったので実施を今日の9時からと約束していました。 軽トラで迎えに来てくれました。 どうやら、何年か前に分譲した畑地の様で、 周りではお仲間が同じ様に野菜栽培が主体ですが、 キウイ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上の畑で遊んでいます

ポカポカ陽気でついつい余計な事までしてしまいます。 居残りさんの返信メールにも、陽気に誘われて りんごの接ぎ木をされたとの事でした。 同じ様な事があるモノです。 私も和梨や林檎の居接ぎをやらかしてしまいました。 昨年の接ぎ木で失敗例の台木から芽吹いた枝に誘われました。 保存穂木ではなくて直接枝先を切っての穂木採取で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

少しずつ接木作業を始めています

厳しい氷点下の朝からは開放されて、 曇りがちな天候でも時折の薄陽は暖かいです。 今シーズンの接木作業はザッと数えても盛り沢山で、 各種の穂木が冷蔵庫や土中に保存中です。 メイン作業は3月のお彼岸頃と計画していますが、 少しずつ進めていきませんと捌き切れそうにありません。 既にキウイや梅品種の接ぎ木は何度か処理していま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柿の実生苗をポット上げしました

昨年、自家産の太秋と黒柿の種を春先に播種しました。 発芽は良好でして沢山の苗が育ちました。 播種後はほとんど放置したままでしたが、 太い苗はタバコくらいの台木となりました。 4月頃の居接ぎに向けて扱いやすいようにポット上げの実行です。 発芽の様子や育ち具合は2種に違いは無く、 ほとんど区別は出来ない苗となっています。…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

お二人から穂木などが届きました

予定通りに梅の接木作業をしていましたら、 矢継ぎ早に宅配便と郵便小包が届きました。 送り主様は桃太郎さんとBladeCusinart'さんからでした。 桃太郎さんは今年から接ぎ木を本格化されると言う事で、 少しでも楽しんで頂ければと少々の穂木を遅らせて貰いました。 それが、かえって色々お気遣いをさせてしまうことになって…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

実梅の穂木を頂戴しました

ブログ仲間のCrさんからメール便で 貴重な実梅の穂木が届きました。 封を開いてみますと8種類の穂木が入っていました。 初めて目にする品種名ばかりで、 ネットの梅品種図鑑を見るまで読み方さえ分からない レアーな実梅のようです。 特に実梅を収集していた訳ではありませんので、 手持ち品種が7品種でしたので一気に倍加してし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年最初の梅・接ぎ木作業です

曇りがちな天気で肌寒い一日でしたが、 昨日のキウイ接ぎ木の続きと梅2品種を接ぎ木しました。 昨年の梅接ぎ木成績を見ますと、 居接ぎは全て活着しましたが高接ぎは1/3と不調でした。 接ぎ木技術の未熟さもさることながら 穂木の選別眼も重要では無いかと・・思ったりしています。 今日の2品種は1年枝で太さも理想的な穂を提供し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キウイの接ぎ木を始めました

キウイの接ぎ木時期の適期は水揚げが始まる前の 1月中に接ぐのがよいようです。 昨年は少し遅れて2月初旬でしたが活着率は良好でした。 しかし、発芽後の遅霜で大半の穂木は霜枯れてしまいました。 今年は、この苦い経験を生かして 持ち運び可能なポット植え台木を用意しました。 いざという時は、簡易温室などへ避難させます。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ナシ類の花芽状況は・・。

上の畑の高接ぎ品種や下の畑の露地植えナシ類の 花芽の付き具合を観察してみました。 上の畑は露地植えラ・フランスに高接ぎしたナシ類ですが 少ないながら花芽らしき芽が付いた品種もあるようです。 現在のラ・フランスの様子。 昨日の石灰硫黄合剤がしっかり付着しています。 育成地は鳥取県らしい赤梨。 昨…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

穂木の送付準備

これが終わりませんとどうも落ち着きません。 今年は少なめですが、依頼された穂木の確保は気を遣います。 それでもウッカリ忘れてしまった果樹品種も2,3有りまして、 1年枝の徒長枝が全くない枝からの穂木採取となってしまいました。 どうしようもないのでダメな時は、来年再度採取となりそうです。 穂木の保存はビニール袋に密閉…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

キウイ棚の剪定(上の畑)

落葉が遅れていました上の畑のキウイですが、 ここ3,4日の降霜によって霜枯れました。 やっと剪定できるようになりました。 防鳥ネットまで伸びた蔓が絡みつき、 剪定よりもこの蔓を外すのが一仕事になりそうです。 剪定前のキウイ棚は品種見本棚だけに、 狭い棚なのに8種類の雌雄キウイ苗がひしめき合っています。 夏場に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブルーベリー:接木スパルタンの植え替えなど・・

先週あたりからブルーベリーの小鉢養成苗の 鉢増しや植え替えを少しずつ進めています。 普段、水やり程度であまり構っていませんので、 久々の手入れです。 今日は、BB置き場内の収穫株の一部を植え替えました。 散水ホースのジェット水流で用土を洗い流しながら根鉢の様子を見て、 10号から8号にダウンサイズしたブルーベリーもありま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「紅美人」が届きました

紅芯キウイの「紅美人:クレナイビジン」が届きました。 一緒に黄肉系キウイの「紀州ゴールド」も導入してみました。 初めてお世話になる園芸ショップさんからの導入になります。 根鉢を水洗いして見ますと、 まずまずの根量で良い苗の部類と感じました。 午前中いっぱい水揚げ後、 早速下の畑に植え付けました。 丁度良…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さくらんぼ苗を植え付けました

昨日と今日の二日がかりで酸果桜桃やさくらんぼ苗を、 下の畑に植え付けました。 昨日はS.F.Takaさんに送って頂いた 「酸果桜桃」と自作接木の「佐藤錦」を 植え付けていましたら急に雨が降り出して、 今日はその続きとなりました。 「酸果桜桃」は40Lの不織布ポットで植え付け、 「優良佐藤錦」は35Lで植え付けました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

さくらんぼ苗が届きました

山形のS.F.Takaさんから、さくらんぼ苗が届きました。 自園で栽培中の25年生「佐藤錦」の子孫になる自作接木苗です。 佐藤錦には選抜系が多数発見されていますが、 この25年生の佐藤錦も開花時期が早く、 実付きがよい優良系のようです。   長い段ボールの荷姿で届きました。 自園内に自然発生した…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

枇杷の根にも○○○が・・・

いやぁ!、危ないところでした。 日本一の果実さんのブログを拝見して、 ふと、我が家の様子が気になりまして・・ 一見、問題なしの接木苗でした。 地上部も大分大きく成長しましたので、 鉢増しでもしておこうかと・・・ 極めて健康的な苗と思われました。 貴重な「早五星」の接木苗ですので、 大きく育てたいので鉢換…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「新世界」や「選抜やたか」などの林檎接木苗

昨日当たりから富士山の雪景色が冬モードに変化してきました。 冷え込んだ朝の富士はくっきりと見えて、清々しさを感じます。 今朝7時前の富士山 今日は、今春実施した林檎の接木苗と昨年の苗に まだビニールポットに植えたままの苗もありましたので、 鉢増ししました。 今年の接木数は少なく、 3品種のみでした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キウイフルーツの「紫香」

下の畑でブドウ苗を植え付けていましたら、 ”こんちは”っと、訪問者が・・。 ”紫香を収穫したので、持ってきました・・”と キウイ栽培家の佐野さんです。 家は家内も出かけていましたので留守宅でしたが、 推察力‥よろしく、下の畑まで届けてくれました。 糖度高く、皮ごと食べられる「紫香」です。 樹上で柔らかくな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

柿の居接ぎ、その後

春先に実施しました柿の高接ぎや居接ぎですが、 高接ぎの様子は時々アップしていましたが 少ない施術の居接ぎは忘れがちでした。 上の畑の「太秋」もようやく柿色に変化しだしています。 まだ完熟ではなかったので、 道路側で防鳥ネットを破って持って行かれた苦い経験から、 二重の保護ネットで樹全体を覆っておきました。 これで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほったらかしの下の畑の様子は・・その④

果樹苗と言えば、各種の挿木苗や接木養成苗を 簡易圃場に植え付けています。 今春の台木や挿木苗を植え付けるのは初めてのことでして、 その後の成長は心配なことでした。 案の定、今年挿木したブドウ苗は全滅となってしまいました。 穂木を提供して頂いた方々には大変申し訳ないことをしでかしてしまいました。   ”ご免なさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

柿の接木、その後は・・・

活着の状況確認では、まだ諦めるわけにはいきません。 柿の動き出しが極めて遅いのは承知していますが、 遅いです。 ようやくその気配を見せ始めた穂木も幾つか・・・。 失敗を覚悟の多数処理ですが、 だめ出しにはもう少し時間が掛かりそうです。 今年の結果は、最低限の品種確保が出来た感じです。 柿の「次郎」以外は全て露地…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

世話の出来ない間でも・・

10日間程、鉢果樹の水やりだけは外せませんでしたが、 幸い時期は”梅雨”であり作業はほとんどしていませんでした。 毎年、収穫係は家内と決まっていたブルーベリーですが、 今年は色付き始めてからそのままの状態が続いています。 色付いた実から毎朝摘み取っていた例年に比べて、 収穫係のいない今年は、房生りの様子が観察できました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桜桃接木苗の植え付け(下の畑)

寒さもようやく遠のいたようで 鍬を持ちますとすぐに汗がこぼれ落ちました。 今春コルト台に接木した桜桃苗を 下の畑の圃場に植え付けを行いました。 一部、先日のブドウ挿木苗の残りと、 今春接木したスモモや梅苗も含まれています。 ↓ 地植えにして苗の生長を促す狙いです。 苗の生長具合を見ながら、 落葉後か来…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ビワの様子

5月なのに肌寒い雨降りとなり、 午後4時過ぎに曇り空となりました。 皆さんのビワ栽培を拝見しますと、 ほとんどが露地栽培で沢山の収穫を楽しんで居られます。 そんな光景を羨ましく眺めながら、 栽培場所がない故の危うい鉢栽培を続けています。 袋掛けをする予定でしたが、 つい時機を逸しての現状です。 青い果実は満足…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

りんごの開花も始まりそうです

手持ち落葉果樹では一番晩生のりんごも 動きを開始したようです。 芽動きが感じられ出して久しいですが、 今日、今年の一番花を見つけました。 クラシックな「ゴールデンデリシャス」が 開花一番手となりました。 ↓ ご多分に漏れず、虫達の気配はなく こちらも栽培開始以来、 初の人工受粉での対応が必要な状況です。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

桜桃挿木苗の鉢増し(今春居接ぎ)

今春、コルト台に接木した桜桃各種は 4号ポリポットに植え付けてありました。 めざましい伸長を願うには根鉢が小さくては・・ 接ぎ穂も動き出していましたので、 余り根鉢を崩さずに6号ポリポットに植え替えてみました。 コルト挿木台に居接ぎした各品種の穂木は、 若干の差はあるものの芽動きが見られます。 幸いにも桜桃は多少の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨類の接木、その後は・・

今年の梨類の接木は、 品種が少なくて接木箇所も多くありませんでした。 新入りの穂木としまして、 和梨の「あきづき」、「なつしずく」、「八達」と 洋ナシの「バートレット」、「ル・レクチェ」です。 保険苗作成として 「幸水」、「マリゲリットマリーラ」、「コミス」の居接ぎを行いました。 上の畑の梨類は、 露地植…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桜桃の様子、あれこれ

曇りがちの肌寒い日ですが、 外で遊んでいます。 さくらんぼ置き場では、 ナポレオンや紅秀峰の花芽から 蕾が出ようとしています。 ↓ 開花直前に雨除けシートの展張を予定していましたが、 色々参考書を読んでいて、 直射日光の重要性を再認識させられたことから、 収穫時期間近で実施することにしました…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more