テーマ:さくらんぼ

今日の桜桃あれこれ・・

朝晩の冷え込みが桜桃の花保ちを良くしているようです。 留守中に開花し過ぎる品種もなく、 順次開花している花には受粉操作を繰り返しています。 たいした数の花数ではありませんが、 念入りの受粉は、それなりに時間が掛かります。 受粉樹の要となります「ナポレオン」ですが、 この樹は3本中一番早く咲き出しています。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

高砂も開花して:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

前回は、高砂に芽動きが始まった事をレポートしましたが、 今日見ますと開花していました。 葉芽も伸び出していますので全体のバランスは良さそうです。 完全に停止した芽は無さそうで、 花梗(花柄)がやや短い感じで開花しています。 しかし、もう一本の「高砂-2」は、 見ての通りでして目立った芽動きは無さそうです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜桃が開花し出していました

検査入院で2,3日留守の間に、 桜桃類が開花し出していました。 既に、「豊錦」は咲き出していましたが、 留守の間に3,4品種で開花が進んでいました。 恐らくさくらんぼ置き場では一番手であろうと、 紅秀峰の雄しべから推定されます 「アメリカンチェリー」も開花が進んでいる品種でした。 受…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

高砂にも芽動きか・・:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

さくらんぼの居接ぎの様子を見に行きますと、 ダメかと思っていました「高砂」の1本に芽動きらしき変化が・・。 黙り状態が長かったのでダメになったかと思われた穂ですが、 しっかり息づいていたようです。 ナポレオンほど派手な芽動きではありませんが、 葉芽の先端には緑が覘いていますし、 花芽にも緑が見えだしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

自然の降雨は偉大でした(さくらんぼ花芽)

昨夜からの久々の雨はしっかりと降りまして、 今日の午後3時過ぎまで降り続きました。 この自然の恵みが偉大である事に驚きました。 普段は、水道水ですが水やりに手落ちはないはずでしたが、 今日の降雨で遅れ気味であった花芽の膨らみが 一気に加速したようです。 4時過ぎから花芽を見回り、その膨らみ・進み具合にニンマリです。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

8年間ほったらかしの佐藤錦?との事ですが・・・

何処かで見たようなタイトルですが・・・。 先般、メールで「さくらんぼ出荷基準板」の入手先のご質問が 切っ掛けとなりまして、昨日写真添付のメールを頂きました。 通称”あきさん”のご実家の庭には、 露地植え8年生の桜桃があるようです。 この苗を購入した時の説明書きには、 自家受粉する「佐藤錦」と記載されていたよう…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

動きがあるのはナポレオンだけ?:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

前回アップから4日経過していますが、 目立った変化がないのが気懸かりな状況です。 ナポレオンが開花しそう・・との更新でしたが、 その後、「高砂」と「紅さやか」にはほとんど変化が見られません。 危ない状況かも知れません。 ナポレオンは2輪ほど開花した様ですが、 花に勢いが感じられません。 この穂木の先端部の花芽…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナポレオンが開花しそうです:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

昨日の当地の気温は22.4℃でしたが、 また寒気が降りてきたようで肌寒い曇り日です。 恒例の見回りで下の畑に行きますと、 保湿袋を外したばかりの「ナポレオン」が開花直前でした。 本来のナポレオンの蕾から見ますと、 やや小振りな花になりそうですが開花直前です。 角度を変えて撮影してみました。 他の花芽も蕾が割…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

耳寄りな話・・・:S.F.Takaさんの桜桃栽培23

昨日の当ブログ記事にS.F.Takaさんからコメントを頂いた際、 天香園に出かけて時、社長の岡田氏との雑談から 「月山錦」の秘話を聞き、感銘・興奮を覚えたとの事でした。 ”何時かその話をお聞かせ下さい”と返信コメントを入れて間もなくでした。 興奮気味のS.F.Takaさんから電話です。 この話は、後ほど触れる事にしま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

昨日に続けて:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

昨日は気付きませんでしたが、 今日じっくり見ましたら保湿袋を掛けてある「ナポレオン」の 葉芽に動きが見られました。 しばらく保湿袋を掛けたままにしようと思っていましたが、 何時、開花が始まっても良いように袋を全て取り外しました。 昨日の保湿袋越しの観察では葉芽がよく見えませんでしたが、 今日、袋を外してみますと葉芽の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さくらんぼ置き場:2年ぶりの雨除けシート展張

今日は風が弱いとの予報でしたが、 昨日の方が微風でした。 時折風に煽られながらビニールシート張りを実施しました。 昨年は手抜きで雨除けシート無しでしたが、 やはりさくらんぼ栽培は雨対策・鳥対策が必須と実感しました。 ビニールシートは一度使った物を再利用ですので、 思いの外汚れていました(^_^;)。 ビニー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

多少は手応え有りの桜桃品種の居接ぎ

今年の桜桃品種は台木不足でして、 品種配分に苦労しました。 コルト台に統一して接ぎ木したかったのですが、 台木不足は暖地桜桃の実生苗や青葉台など手当たり次第で 対応しています。 現状では、脱落例は見られず順調そうな穂木達に見えます。 まだ安心の状況ではありませんが、 現状のご報告となります。 デジカメ撮影時に一時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さくらんぼの挿木や実生(酸果桜桃)のその後は?

桜桃類の挿木や実生は、 発根や発芽がし難くてその発根率や発芽率は一桁程度が相場のようです。 そのため古くから発根促進剤や発芽促進のための工夫が試みられているようです。 2月14日に実施しました桜桃穂木の挿木には CX-10という植物生長調整剤を処理して、 発根促進効果を見てみようと挿木しました。 約一ヶ月半が経過…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ:その後の様子は?

去る2月22日に大胆な実験的接ぎ木をやらかして 早1ヶ月余りを経過しています。 このブログをご覧になった多くの栽培家さんは、 その後、アップ出来ない状況だろうとのご推察が多数で、 話題として取り上げる事も出来なかった・・・のではと、 申し訳なく思っている次第です(^_^;)。 さて前置きはともかく、 一応生き残っている…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枝裂けジャボレーの修復:S.F.Takaさんの桜桃栽培22

今年の積雪で受粉樹のジャボレーが 枝折(裂けた)被害を受けた事は既に紹介していました。 その特異なS遺伝子型(S9S6)は受粉樹として貴重な存在です。 ご近所さんに手助けをしてもらっての修復作業の様子です。 先ずは傷んだ枝を機械的に添え木で持ち上げ、 裂け目を補正します。 傷口に癒合促進剤やトップジンMペ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年の桜桃開花は昨年より遅れそう・・

今日は比較的穏やかに晴れましたので、 さくらんぼの様子を観察してみました。 昨年の3月27日のデジカメ画像を確認しましたら、 ナポレオンや紅秀峰の花芽が緩み出していました。 今年の花芽はまだ固く開花が遅れる見通しです。 毎年安定して開花が早い「紅秀峰」ですが、 今年の花芽はまだ固い感じで直ぐさま開花とは行きません。…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

特報:うっくんさんの桜桃実生レポート

今日は当ブログの桜桃関連記事で 貴重なコメントを寄せて頂いていますHN”うっくんさん”の実験レポートです。 先日、当ブログで”酸果桜桃の実生実験”をアップしていますが、 うっくんさんは味わったさくらんぼの種を保存して置き、 ご自身が播種実験を試みて居られました。 先日、その播種によって得られた実生苗の発根状況を デ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「酸果桜桃」の実生苗を目指して

酸果桜桃の熱烈ファンとなった私は 何とか実生から栽培してみたいとの思いが強くありまして、 昨年の7月に頂いた「酸果桜桃」の種を冷蔵保存してありました。 桜桃の実生は発芽し難いようでして、 東北農業研究に投稿された”山形県農試”の論文では、 ”胚を取り出して、胚表皮の剥皮をやらないと発芽しない” との結論でした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

60年生佐藤錦の剪定など・・:S.F.Takaさんの桜桃栽培21

山形S.F.Takaさんの近所の公民館には福島県相馬から 避難してきて居られる様です。 早く安泰な環境回復を願っております。 今回はこのシリーズで何度か紹介しています「60年生佐藤錦」の 剪定経過の画像を送って頂きました。 この佐藤錦は60年生の巨木ですのでプロの剪定でも6時間を要した様です。 何度見てもその貫禄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜桃の挿木や接ぎ木の様子

朝晩の冷え込みは厳しいですが日中の陽気は大分春めいてきました。 2月に実施の実験的桜桃の挿木や2年枝花芽付き穂木の接ぎ木など その後の経過を観察してみました。 先ずは2月14日に桜桃穂木を挿木したその後の様子です。 既に葉芽は開きだしたものも見られます。 中には沢山の葉芽が着いた穂木もありますので、 穂木の蓄積養分を加減…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

暴れコルト台22年生佐藤錦の剪定:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑳

今回の題材は初めて登場のコルト台22年生佐藤錦です。 コルト台の特徴でもあります樹勢の良さ故に 主枝の調整に手を焼いているようです。 暴れコルト台のこの佐藤錦もようやく落ち着き出した感じで、 これから収穫株としての働きに期待と言ったところでしょうか。 言われてみますと何となく上に向かう勢いが強そうに感じますのは …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

25年生佐藤錦の剪定など:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑲

本日の山形は、朝8時過ぎの気温が1.5℃、作業終了の12時頃が3.1℃でした。 ちなみに当地の同時刻の気温は、4.4℃と16℃でした。 現在、15時過ぎの気温は18.3℃なり。 さくらんぼ圃場の雪も大分解けたようですが、 まだ一面が真っ白の銀世界です。 本日のレポートは25年生佐藤錦の剪定風景です。 去年より徒長枝の数…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

桜桃挿木の様子

無謀な試みとして始めた”さくらんぼ穂木”の挿木。 2月14日に挿して鉢カバーを被せていますが、 さくらんぼ置き場で寒風に晒されています。 水滴で曇ったカバー越しに覗きますと、 葉芽が動き出していましたので撮影してみました。 芽動きが見られたところで、どうなの? ・・・と言われてしまうと返答に困ってしまうところですが・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

チョッピリですが、さくらんぼ穂木のお裾分け・・

頂いたさくらんぼ穂木が処理しきれませんので ご希望の趣味家さんにお裾分けさせて頂きます。 と言いましても残り物ですので、 沢山というわけにはいきません。 穂木をお送り頂いたS.F.Taka様のはご了解を頂いていますので、 台木や高接ぎ場所を確保出来る方は 遠慮なくご連絡下さい。 さて、肝心の穂木ですが 写真の穂木…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

実験:さくらんぼの花芽付き2年枝の接ぎ木

さくらんぼの接ぎ木に使用する穂木は、 1年枝の新梢を使うのが常法だと思います。 当ブログの一つ前にご紹介しました接ぎ木記事でも 使用しました穂木は新鮮な1年枝の新梢を使いました。 大分前のことですが、 S.F.Takaさんがさくらんぼ生産者の会合に参加された時、 ある方が花芽付き2年枝の接ぎ木の可能性を話されていたとの事…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

こんな大量穂木の消費は無理です!

昨夜の7時半過ぎでした。 山形のS.F.Takaさんからさくらんぼ穂木が届きました。 その穂木の量が半端でないです。 こんな本数を接げる程の台木は準備してありませんでした。 下の畑の圃場で養成していたコルト台は、 せいぜい30本程度です。 予めS.F.Takaさんとは、 扱いやすい穂木の太さなどについてお話しして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山形からさくらんぼ近況報告:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑱

まだまだ雪解けには時間が掛かりそうな 山形のS.F.Takaさんからさくらんぼの画像便りが届きました。 今日の日曜日は穂木採取も兼ねて、 20年生の佐藤錦の樹形改善風景を送って頂きました。 今日あたりのさくらんぼ圃場では、 雪が固めにしまったので踏み跡も浅くなったようです。 こんな景色だけなら良かったのですが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本番前の接ぎ木あれこれ・・

下の畑の一角に保存中の穂木を掘り起こし、 西の方に穂木を送る準備などをしたついでに、 上の畑の多品種接ぎのラ・フランスに 受粉用の「豊水」を高接ぎしました。 昨年もそうでしたが今年も開花期には下の畑から 「豊水」の花(花粉)を運ぶことになります。 ウッカリ受粉相性の良い豊水を下の畑に移植してしまいましたので、 来…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スモモ台・桜桃台木の挿木などを行いました

午後から天気が崩れるとの予報だったので、 午前中から今季初の本格的な挿木作業を行いました。 土中に保存してあった穂木を掘り起こして、 水揚げをしながら挿木を行いました。 毎年、恒例の行事のようになった作業です。 掘り起こした穂木には異常も見られず 健全な穂木と思いました。 挿し床は昨日用意しました用土…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今年もダメそうなさくらんぼですが・・

先日、S.F.Takaさんに重大な気付きを伝えられました。 流石プロの目は鋭いです。 私のブログ写真から”炭疽病”にやられている桜桃を 目敏く見つけられた様です。 S.F.Takaさんのご経験では、 1年間たっぷりの消毒を繰り返す事で翌年には解消する・・との事です。 今月から農薬散布を始めようかと思っています。 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more