テーマ:プラム

僅かに残った庭や上の畑のスモモなど・・

先日の台風で大実種は全滅で、 僅かに残っていた早生種の「プラム井上」も この実と残り2果となりました。 無傷の実は少なく擦り傷が目立ったスモモです。 続いて収穫期になったのが「ビューティ」と「紅りょうぜん」です。 プラム井上より一回り大玉です。 開花結実の頃は、 何に加工しようかとあれこれと思案していました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

早生系スモモに色付きが・・・

今日もしとしとと雨が降り続いています。 本格的な梅雨空が続く天気予報で、 気分は滅入ります。 パッと明るい話題で梅雨空を吹き飛ばしたいところですが、 そんな話題もなく、 ちょっぴり楽しみといえばスモモの色付きが始まったことでしょうか。 早生系の「いくみ」や「プラム井上」に うっすらと紅が差してきたようです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大袈裟にもプルーンの袋掛け

プラム類の中ではマイナーなプルーンです。 完熟果は濃厚な味わいが楽しめますが、 夜蛾の吸引などの害虫被害で 完熟まで樹上に残すのが難しい果樹です。 プルーンの中でも比較的栽培し易いのが 「スタンレープルーン」ですが、 残念な事に余り美味しくありません。 中央に写っているイチョウの様な葉は、 スタンレーの後ろに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年のプラム類は良さそうな気がします

朝から降雨で何も出来ませんが、 昨日撮りためたデジカメ画像でブログ更新です。 昨年は遅霜などの冷害で全滅に近いプラム類の結実でした。 今年も冷え込みが昨年以上で気になっていましたが、 開花結実は例年に無い豊作を予感させるものでした。 現在はプルーンの各品種の開花時期で、 白い小さな花はスモモほどではないですが …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

すももの開花が進んでいます

今朝まで3日連続の雨天ですが、 プラム類、特にすももの開花が盛んになって来ました。 生憎の天気でみつばち訪花による受粉が出来ないのが チョット気懸かりなところです。 昼頃の雨の止み間に慌ててデジカメ撮影してきました。 すももの花粉は開花3,4日目に多く出るとの記述もありますので、 そこに期待したいですね。 既…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

果樹達は健気に・・・

東北関東の震災や15日の当地での地震の影響で、 ストレス負荷から気力低下に陥っていましたが、 皆さんの強いお気持ちを拝見しながら、 これではいけないと・・更新を始めて見ました。 もうお彼岸なのにまだ降霜の予報が頻発し、 今年も寒冷被害が気になる時期でもあります。 そんな厳しい気象変化の中でも 果樹達は確実な歩みを…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

すももなどのプラム類の蕾が膨らみました

2日間たっぷりの雨でしたが昼前頃から陽射しが戻り、 穏やかな午後となりました。 この雨を吸収した為でもないでしょうが プラム類の花芽が割れ始めて来ました。 すももの蕾は小さくて開花時の花も小型です。 しかし、固まりになって咲く様子はまるで”ぼんぼり”です。 現状では、花芽の付き具合や蕾の膨らみは順調そうに見えます…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プラム類の花芽(上の畑)

昨年のプラム類はこの時期から開花までは 順調そうでしたが遅霜で大打撃を被りました。 そのプラム類ですが寒空の下で固い花芽が開花に向けて ジッと耐えているようです。 先日の石灰硫黄合剤散布で汚れていますが、 クローズアップレンズを付けて花芽に迫ってみました。 弟のベランダ植物を預かっているので「ニュー太陽」の周りは …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今春接木の桃・梨・プラム類の植え付け

穂木交換で入手した穂木にも その状態の良し悪しに差が見られました。 1年枝でしっかり登熟し鉛筆くらいの太さが 未熟な私には最も活着率がよい様に思います。 中には爪楊枝程度の太さや 2,3年枝で老化した様な穂木を送って下さる方も見られます。 そういう栽培家さんは凄い技術をお持ちなんだと感心しますが、 私の接木は全て失…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

すももなどのプラム類の様子

結実が僅かだった今年もスモモですが、 早生種の「プラム井上」に色付きが始まっていました。 早速、ヒヨドリが突き出しています。 あいにく実付きがよいのは庭先の露地栽培スモモでして 防鳥ネットがありません。 家の中からよく見えますので気が気ではありません。 例年では、ほとんど注目しなかった古株ですが、 急遽、防鳥ネッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不作だったプラム類は・・

開花までは順調だったプラム類ですが、 受粉時の低温や虫達の少なさで結実不良となりました。 鉢植えスモモやプルーン類は全滅に近い状況です。 スモモで僅かに結実が確保出来たのは全て露地植えのみで、 鉢植えの欠点が見えた様な今年の出来具合です。 全部でたったの2果の「貴陽」は、 露地植えのプラム井上に高接ぎした枝に着果した…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

プラム類の結実、危うし

今年もプラム類の杏やすももの開花は 極めて順調そのものでした。 しかし、 その後の天候不順の影響か どうかは定かではありませんが 結実状況に異常ありです。 先日の遅霜もその一つに過ぎない、 低温・多雨の気象が大いに影響したかも知れません。 昨日は県内の65%の茶葉が遅霜にやられた とのニュースが放映されていまし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ナシ・プラム類のバックアップ苗更新

ようやく暖かい天候になってきました。 畑の日陰の土中に保存している穂木を掘り起こし、 スモモ以外のプラム類と梨類の接木を行いました。 プラム類では、アンズの「平和」への高接ぎで 2品種(信州大実とゴールドコット)を追加しました。 ↓ この平和には既にハーコットを接いでありましたので、 上手く活着しますと1本で4種…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

寒くても芽は動き出したようです

久々の雨無しの天気となりました。 たっぷりの雨で、果樹は一息ついたことでしょう。 小さな花芽を覗いてみますと、 僅かずつですが膨らみや、色合いの変化が見られます。 今日は、庭の南面に垣根代わりに残してあった、 昔鉢栽培で集めた椿の花と共に 花芽確認と洒落てみました。 (今朝、開花していた花を撮影しています) …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

この冬一番の冷え込みで・・

今朝6:30の外気温は、-1.7℃でした。 快晴の冬晴れです。 昨日のニュースで知った片山右京さん達の 富士山での遭難が信じ難い今朝の「富士山」です。 ↓ 今日も風が強そうです。 昨日まで青々としていましたキウイの葉は、 一気に枯れ葉モードに切り替わっています。 ↓ 梅の「豊後」やりんご…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

果樹の準備状況は・・? ①

落葉果樹のこの時期の様子は、 来年の花芽準備が順調なのか否か・・で、 観察も気になる毎日です。 春から夏場の管理次第では、 来春の花芽が少なかったり病害虫被害で、 木を弱らせてしまう事もあります。 今年は、 一昨年の生らせ過ぎが災いして結実無しだった スモモの「秋姫」(鉢植え元木)には、 小さいながら沢山の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

来春の準備は・・①

台風の影響もほとんどなく、 無事にやり過ごすことができました。 このところあまり構っていなかった 果樹ですが、 季節の移ろいの中でしっかりと 来年の準備が進んでいるようです。 さくらんぼの各品種には、 キリッとした花芽が確認できます。 「正光錦」、「アメリカンチェリー」、「佐藤錦」 ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プルーンの落果

午前中の豪雨が嘘のように止んで、 時折日射しもある中で果樹の見回りです。 「スイートサンプルーン」の落果が気掛かりでしたが、 他の「パープルアイ」や「スタンレープルーン」が、 保護袋内に落下していました。 今年の最大果(残った3果では・・)の落果です。 樹脂病が最も顕著に見られた「パープルアイ」は、 傷みが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スモモ「ニュー太陽」の収穫

昨年が初結実の「ニュー太陽」でしたが、 僅かな実は最終収穫まで残りませんでした。 今年は、 何とか味見を・・と保護袋掛けなど、 それなりのケアーをしてきました。 今週初め頃から、 1つ2つと袋内に落下が見られました。 軽く実に触れてみますと、 柔らかさを感じ取れました。 外皮の色も十分と・・判断しま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンズ「ハーコット」の取り木処理

久々に、雨のない曇り空でしたので、 ハーコットの高枝に取り木処理をしてみました。 60リットル鉢で栽培中のこの木は、 2m以上の樹高となっています。 落葉後に切り詰める予定でしたので、 切り詰め部に「取り木」処理をしました。 ↓ 2本目は○印の部位に処置しました。 伸びた新梢を半分程度に切り詰め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プルーンの様子は・・

樹脂病にやられた「パープルアイ」でしたが、 残った実は膨らみを増しています。 8月下旬~9月上旬が収穫時期の筈ですが、 もう色付きが始まっています。 正常な生育状態なんでしょうか? ↓ BIKOOが農薬で汚れていまして、 見にくいのはお許し下さい。 触った感じでは、 どこかが傷んでいる様子はあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「山吹あかつき」の収穫など・・

雨の止み間に、 「大玉山吹あかつき」の袋外しと、 一部の収穫を敢行しました。 その他の「照手水密」、「田上姫」、「大玉白鳳」や プルーンの「フロリナ」を半分ほど収穫しました。 「大玉山吹あかつき」は、 傷み果が多くなってきましたので、 袋外しと一部を収穫しました。 ↓ 傷み果の断片を味見してみま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「太陽」と「ニュー太陽」、「貴陽」には類似点が・・

スモモの「太陽」は、 樹勢が強く台木用の挿木には好都合です。 「貴陽」も樹勢は旺盛で、 接木でもその伸長は目立つほどです。 ↓ 露地植えスモモの株元に出た新梢に「貴陽」を接木。 3年目で元株の太さに迫る成長ぶりです。 大玉種の「貴陽」は、太陽の交雑実生で 「ニュー太陽」も太陽のオープン実生のようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「貴陽」、今年の最大果か・・

色付いたスモモは、 触って柔らかさを感じたら収穫しています。 果汁を吸う虫被害も見られますので、 早めの収穫になります。 この「貴陽」が、 当園、今年の最大果と思われます。 ↓ 200g越えを期待していましたが、未達です。 この実は、鉢植えの1本から収穫しましたが、 5果ほど付いていた内の1果です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

意外と美味しい「パンサー」

プルーンの「パンサー」が、 色付きが不完全なのに落下します。 果肉は柔らかいので、 ある程度熟していると思います。 7月中旬頃から収穫期ですので、 外皮の色付き以外に不満は無いですが・・。   昨年、今頃の外皮の色は青紫色でしたが、 今年は色付きが薄い色です。 ↓ 糖度の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「取り木」&「緑枝接ぎ」など

久々の雨無し天気です。 プルーンやスモモ、桃などを眺めていましたら、 ホワイトモグタンさんの”取り木処理”を思い出しました。 収穫の終わった「さおとめ」の株元に、 今年初めてヒコバエが出ていました。 このヒコバエに「黄ららのきわみ」を 接いでみました。 ↓ ついでに、露地植え「太陽」に …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「貴陽」など、今日の収穫物

午後から、時々日射しがありました。 果樹を見回りますと、 どなたかのブログにもありましたが、 今年はコガネムシが大発生です。 完熟間近な果樹が、 徹底的に突かれています。 「バイオチェリー」などのスモモ類は、 特に被害が大きいです。 本来であれば、 じっくり樹上で完熟させたいのですが、 コガネムシがそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「バイオチェリー」の試し取り

「サクランボと西洋スモモの 属間交配種」 この説明だけでも栽培したくなりませんか? ましてや、「貴陽」の受粉樹として、 相性がよい(開花時期が合致)。 昨年も沢山結実していましたが、 コガネムシなどの虫被害で ほとんど樹上でダメになりました。 今年は、一寸早めの試食となりました。 鉢植えと露地栽培で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スモモ挿木の鉢上げ・第2弾

2月22日にプランターに挿木した スモモの鉢上げ、第2弾を実施しました。 夜半から雨の予想ですので、 好都合の気象条件です。 6/12に第1弾の鉢上げを報告していますが、 その時の残り1/2プランターになります。 挿し穂自体が若干太った様に思います。 発根状態も良好です。 鉢上げ後の活着も心配ないと思いま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プラム類の色付きが・・・

久々に日射しがありますが、蒸し暑いです。 プラム(スモモ、プルーン)の色付きが、 中生種などを含めて始まっています。 スモモの早生種が終わりに近く、 中生種の色付きが進んでいます。 最終的には「黒紫色」に変化していく 「バイオチェリー」の着色具合です。 ↓ 収穫時期の見極めが分かり難いです。 スモモで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more