テーマ:プラム

完熟果はビューティか?

今日は朝から降雨でした。 午後5時過ぎには雨も上がり、 日も差して来ました。 防鳥ネット(タマネギ袋)で覆った果実の内、 最大果が完熟でネット内に落下していました。 既に小蝿が付いていました。 果皮の色は2009/06/25の果皮より、 若干濃い目の色と思います。 ↓ 実は種を挟んで真っ二つに切ろうと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

色付き出したスモモです

沖縄では梅雨明けなのに、 当地の今週は雨模様の予報です。 これから一杯の陽射しを受けて、 真っ赤に色付いて欲しいスモモには、 あいにくの天気であり、 糖度の上昇にも影響します。 比較的色付きの早いのが、 「バイオチェリー」です。 先ず赤く色付いてから暗紫色に変化します。 大きめの実ではゴルフボール大となります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スモモの品種特定・・・

「大石早生」と断定したスモモの残り1果を収穫。 「メスレー」ではなく、 「りょうぜん早生」の可能性が想定される 1果を収穫しました。 ↓ 今日の午後には、ヒヨドリに突かれてしまいました。 2つのスモモの外皮は、 ほとんど同じ様な色に見えます。 ↓ 大石早生の方が丸くて、 りょうぜん早生はやや尖り状…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

残ったプルーンに袋掛け・・

樹脂病被害で付いた実はほとんど落下しました。 僅かに4果残っていましたので、 大実の「パープルアイ」に袋掛けしてみました。 ゴルフボール大になった実ですが、 完熟まで樹上に残る期待を込めて、 保護袋を付けました。 ↓ 今年は、沢山結実して喜んでいましたが、 どうやらこの木は樹脂病に弱い様です。 接木更新…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

露地のスモモ

今朝もシトシトと雨が降り続いていましたが、 一寸の止み間に写真記録です。 品種確認中の20年生スモモは、 水分をたっぷり吸って枝が枝垂れてきました。 「メスレーもどき」の1果が色付き出しました。 完熟間近で丸みを増しています。 ↓ 斑に色付く様子は、 「りょうぜん早生」に似ているように思います。 少し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気になるスモモ品種など・・

一つ前にアップしました「大石早生」らしきモノに次いで、 「メスレー」なのか否かのこの品種は・・。 大石早生ではないのかとのご指摘を頂きましたが、 このスモモは自家受粉性であることから、 否定されました。 では、「メスレー」なのか・・は、 完熟果での検証待ちになります。 実の形に特徴が有ります。 まん丸ではな…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

これは、「大石早生」かな?

2004年4月にHCで購入の「ビューティー」 の筈が、異品種のようです。 カタログによれば”超豊産性で花粉多く受粉樹に向く。 果肉は柔軟多汁で甘い。果皮は淡黄色で果肉は赤色、 6月下旬ごろ収穫。”とありますが、 この木は、実付きが良くなく昨年も、今年も1,2果と 少ない結実でした。 今日、収穫してみました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スモモ、今年の初収穫

昨日、 スモモの「プラム井上」を収穫しました。 今年の一番手となります。 鉢栽培のこのプラム井上は、 露地栽培の同種よりやや早い色付きです。 真っ赤な外皮は、鮮やかです。 ↓ 収量は少ないですが、 良い色付きのスモモとなりました。 ↓ これに続いて、 庭植えの「メスレー」や「プラム井…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スモモの色付きが始まったようです

鉢植えの「プラム井上」に色付きが始まりました。 早生種で美味しい品種です。 露地植えはまだ固い緑ですが、 鉢植えは毎年早い収穫となります。 良い色になってきた「プラム井上」です。 ↓ 同じ品種でも、 露地植えの「プラム井上」では、 まだ緑色のままです。 ↓ 上記のプラム井上を高接ぎした元木…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭植えのスモモの木は・・

庭に植え付けて20年生のスモモには、 現在、7品種のスモモが結実中です。 元木は「メスレー」として購入していますが、 品種違いの可能性もあり、 今年の収穫時に最終確認の予定です。 とりあえず「メスレー」としておきます。 ↓ 摘果忘れの枝 ↓ 木の内部で、見つかりませんでした。 最初に高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラム(スモモ・プルーン)

スモモの幼果はだいぶ膨らみ、 プルーンは結実が確認できるようになりました。 スモモの幼果は、 生理落下時期を過ぎて、 膨らみを増す時期に入ったようです。 今年は初収穫が期待できそうな 「ニュー太陽」です。 ↓     露地植えプラム井上に高接ぎの「秋姫」 そろそろ摘果す…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プルーンの開花

プラム類のしんがりは、プルーンの開花です。 スモモの花に似ていますが、花茎の短めの小さな花です。 既に「スタンレープルーン」と「フロリナ」は、 開花して2週間以上になります。   基本的には、自然受粉に任せていますが、 離れた場所に鉢を置いていますので、 梵天で時々受粉しています。 ・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

PCの復活 第一弾はスモモで・・

ブログやHP用PCのハードディスクをいじりすぎて、 起動できなくなってしまいました。 HDを取り外してみますとシリアルATAでした。 アマゾンでシリアルATA & IDE - USB 変換ケーブルを注文 デスクトップPCでHDを修復し、復活第一弾のアップとなります。 プラム類の結実が確認できるよ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

西洋スモモ:プルーン

毎年プルーンの一番花は「フロリナ」です。 二番花は「スタンレープルーン」でした。 続いて咲きそうな品種は、 「パープルアイ」か「パンサー」のようです。 2年前に主幹を、 根元近くから切断しなければならない程の枯れ込みを経験した苗ですが、 今年は、しっかり花芽が付き開花となりました。 ↓ &#…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

果樹ア・ラ・カルト

開花時期が早すぎて、結実が心配された梅ですが、 結実していました。     暖冬の2月に開花で、ミツバチの訪花も見られましたが、 異常に早い開花は、結実に支障を来すのが心配でした。   しかし、数は少なめですが結実が確認できました。 「南高梅」にちらほらと幼果が・・・。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラムの開花

一週間見ない間に、 プラムの開花が進んでいました。 心配していた開花のズレも、 予想に反して例年にないグットタイミングであり、 2月の暖冬が良い影響をもたらした様です。 今朝は嵐で目を覚ましましたが、 風は残ったものの昼過ぎからは、 時折陽射しもある好天となりました。 朝、車の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

受粉樹の高接ぎについて

プラム類には受粉樹を選ぶ品種(貴陽や太陽)があります。 リンゴにも受粉相性があり、 サクランボは他家受粉性で相性もきつい事は、 よく知られています。 また、自家受粉性であっても、 他の花の花粉で受粉した方が 実止まりは良いようで…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

プラム・桃・さくらんぼの割接ぎ

毎年、春分の日前後に接木を行っています。 今年は、 芽接ぎや割接ぎをフライング気味に開始していますが、 今日、 本名の台木への割接ぎを行いました。 台木類は予め用意していました。 プラムはプルーン(ヒコバエ)、スモモ(挿木苗)を、 モモは実生苗、挿木苗、ユスラウメなどを使います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プラム類の花芽は・・

プラム類の今年の一番花は、スモモのハリウッドとなりました。 毎年、一番乗りのハリウッドは、 早すぎて受粉樹の役割を果たしていません。 しかし、今年は「貴陽」が続いて開花しそうな程に、 膨らみを増しているのが期待できそうです。 2009.03.01開花 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

プラム(スモモ・アンズ)、カイドウ、モモの挿木

毎年この時期には、各種果樹の接木が始まります。 接木法には、 既存果樹の枝に接木する高接ぎ法や、 予め養成していた台木を用いる方法が有ります。 私は、両方の接木法を用いています。 台木を得るには、 既存の台木から出るヒコバエを養成する方法と 挿木で台木を養成する方法があります。 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more