テーマ:プルーン

注目度の低いプルーンやスモモ品種にスポットライトを・・

相変わらずどんよりと落ちてきそうな梅雨空が続きます。 九州の連日の豪雨はお気の毒なことで、 早い梅雨明けを願うばかりです。 当地も深夜の2日続けての豪雨で寝不足気味です。 上の畑や下の畑は雨後に入りますと、 枝葉をかき分けての散策ですのでたちまちズブ濡れ状態で、 この時期は余り近づきたくない状況です。 2,3日…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

僅かに残った庭や上の畑のスモモなど・・

先日の台風で大実種は全滅で、 僅かに残っていた早生種の「プラム井上」も この実と残り2果となりました。 無傷の実は少なく擦り傷が目立ったスモモです。 続いて収穫期になったのが「ビューティ」と「紅りょうぜん」です。 プラム井上より一回り大玉です。 開花結実の頃は、 何に加工しようかとあれこれと思案していました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上の畑で高接ぎ梨の摘果など・・

今日から大型連休が始まり、 新東名高速道路の取材ヘリが上空を行き交っています。 上の畑の鉢果樹も葉の展葉と共に水やりが欠かせない 日常作業になりつつあります。 そんな上の畑の多品種高接ぎの梨の幼果ですが、 品種毎の肥大に差が見られますが、 本日摘果してみました。 梨の摘果作業は 2~4番果の形が良く軸の長い実…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

豊作の翌年は?(カリン)

今日は昨夜からの冷たい雨で何も出来ません。 昨日の下の畑では、 昨年豊作だった「カリン」の芽が膨らんでいました。 まだ、花芽か葉芽かの確認は出来ません。 花芽の場合はこの芽の中央に紅い蕾がのぞいてきます。 成り疲れになっていなければ良いのですが・・。 木の状態は新梢も良く伸びて健康そうです。 昨年の春先に新梢…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下の畑も一気に剪定してきました

朝は曇りで風もなかったので、 家の東側に昨年から剪定枝を積んでありましたので、 煙が立ち上らない様に注意しながら焚き火しました。 1/3程度は灰になり身体も温まりました。 午後から、下の畑の残り果樹の剪定を行いました。 スモモや梨・洋梨などを一気にやっつけました。 今日は冬至でしたね。 昼が一番短い日の午後からの剪…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

プラム類の花芽の様子

スモモ、プルーン、アンズなどに来春の花芽が着いたでしょうか。 葉も紅葉前に飛んでしまった木もありますが、 残った葉は紅葉し始めています。 枝先の見通しが良くなりましたので来春の花芽確認には 好都合であります(^_^;)。 ズッとお構いなしだったプルーンの「パープルアイ」ですが、 花芽の準備はしっかり出来ていたようです…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

プルーンの「パープルアイ」

昨夜も長時間の集中豪雨で洪水警報が出ました。 連日の豪雨で現在肥大中の果樹は水分過多で 実割れ果が続発中です。 果樹実割れ警報発令中! 比較的大実のプルーン「パープルアイ」には、 桃用二重袋やBIKOOを使って袋掛け保護していますが、 降雨の影響までは防げないようです。 害虫被害は多少防御している感じの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桃などの様子見で下の畑へ

昨日は午後3時過ぎまでタップリの雨降りでした。 今朝は久しぶりの陽射しもあって、 早速、下の畑の様子見に出かけました。 先日も保護袋内に落下した実が多かった「田上姫」は、 今日も見られましたので回収しました。 ほぼ完熟で無傷の桃でした。 無袋の田上姫は色鮮やかですがまだ固い桃でした。 まだ20果くらい樹上に残ってい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上の畑で若干の収獲です

今日は突然の雷雨など、雨降りの予報です。 降り出す前に上の畑で少量収獲を行いました。 プラム類の中で遅い収獲果樹はプルーンが多いです。 その小果樹もぼちぼち色付き始めてきました。 小粒プルーンで豊産性の「ツアー」も紫色が次第に濃くなっています。 触ってみますとやや弾力を感じますが、もう少し静観しましょう。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大雨台風の中で・・

近畿方面のブログ仲間さんのところでは、 ブドウ棚の対策で大変だったようですが、 ”備えあれば憂いなし”の格言通りに 無事に台風を見送ったようです。 当地では相変わらず降雨が続いていまして、 ”大雨警報発令中”です。 午後から明日の明け方が山場となりそうですが、 予想経路では南海上を進むようで、 強風の影響は少ないかと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大袈裟にもプルーンの袋掛け

プラム類の中ではマイナーなプルーンです。 完熟果は濃厚な味わいが楽しめますが、 夜蛾の吸引などの害虫被害で 完熟まで樹上に残すのが難しい果樹です。 プルーンの中でも比較的栽培し易いのが 「スタンレープルーン」ですが、 残念な事に余り美味しくありません。 中央に写っているイチョウの様な葉は、 スタンレーの後ろに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年のプラム類は良さそうな気がします

朝から降雨で何も出来ませんが、 昨日撮りためたデジカメ画像でブログ更新です。 昨年は遅霜などの冷害で全滅に近いプラム類の結実でした。 今年も冷え込みが昨年以上で気になっていましたが、 開花結実は例年に無い豊作を予感させるものでした。 現在はプルーンの各品種の開花時期で、 白い小さな花はスモモほどではないですが …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日は庭先観察のみでした

水温む程ではないですが日中は大分暖かで、 水弄りも苦になりませんでした。 しばらく餌切り状態で水も汚れたままの金魚水槽を清掃しました。 120Lのアクリル水槽が2槽に240Lが1槽を清掃・水換え作業です。 別に180Lのトロ舟で飼育中のランチュウはカラスの食害で、 12,3匹やられてしまいました。トロ舟には網を掛けて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

すももなどの接ぎ木の様子

かなり春めいてきました。 しかし、まだまだ油断はしていません。 接ぎ木処理したキウイは昨年の冷害を教訓に 遅霜対策でビニール温室や軒下に避難し、 高接ぎ枝には不織布を巻き付けて防寒しています。 冷害に比較的強いのがプラム類の新芽です。 今春施術のすももの居接ぎや高接ぎ枝には 鮮やかな新芽の緑が保湿袋越しに観察できます…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

下の畑でりんごや梨の接ぎ木です

曇りがちな天気で今夜から明朝にかけて しっかりした雨が降る予報です。 陽は射していませんが気温は高めで作業は快調でした。 下の畑に移植したりんご品種にはフジ系が含まれていませんので、 開花しても実止まりが不調でした。 「らくらくふじ」でも高接ぎしようかと考えていましたが、 思いがけなくフジ系穂木を頂けましたので、 3…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「バイオチェリー」の移植

下の畑には当初の予定にはなかったブルーベリーを 11月に植え付けています。 後から追加のBBの植栽で、 昨年末に植え付けたスモモの「バイオチェリー」だけが 見た目に邪魔な位置関係となっていました。 移植は落葉後を予定していましたが、 徒長枝に葉は残っていましたが剪定することで移植を決行しました。 丁度、植え付け…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今日のスモモや桃は・・

暑い日が続いていますが、 鉢果樹への水やりは大事な日課となっています。 散水しながら果樹の様子をチェックできますので、 定例作業ながら飽きやしんどさは感じません。 庭植えのスモモ(ビューティー)に高接ぎした「ジュピター」には、 2果ほどが色付きBIKOOに守られて残っていました。 触ってみますと柔らかくてポロッと採れ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

不作だったプラム類は・・

開花までは順調だったプラム類ですが、 受粉時の低温や虫達の少なさで結実不良となりました。 鉢植えスモモやプルーン類は全滅に近い状況です。 スモモで僅かに結実が確保出来たのは全て露地植えのみで、 鉢植えの欠点が見えた様な今年の出来具合です。 全部でたったの2果の「貴陽」は、 露地植えのプラム井上に高接ぎした枝に着果した…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

果樹の芽動きが・・

ようやく春めいてきたようで、 静岡では桜の開花宣言が発表されました。 下の畑のすももは、秋姫や「貴陽」、「バイオチェリー」が ほぼ満開となりました。 下の畑近くに西洋ミツバチの巣箱が置かれていますが、 最近巣箱の数が減少していました。 今日、柿の接木をしていましたら 駐在署のおまわりさん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「スタンレープルーン」を収穫しました

病み上がりのプルーン「スタンレープルーン」は、 予想に反しての結実でした。 外皮の色付きと実の堅さを確認しながら、 収穫時期を窺っていましたら、 保護袋内に落下したプルーンを見つけました。 特に傷んだ様子はなく柔らかくなっていました。 他の実も熟している様でしたので収穫しました。 ↓ 50…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

プチ収穫物

朝晩は涼しさを感じられて 大分過ごしやすくなりましたが、 日中の果樹作業はまだまだ厳しいです。 ブドウ「藤稔」の残りを全収穫(数房)しました。 土地が合わないのでしょうか? 黒く色付きません。 ↓ コガネムシが葉を食い荒らしています。 放って置きますと葉が無くなりそうなので 収穫後に農薬散布です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プルーン「パープルアイ」の収穫

収穫と言いましても、 僅かに残った3果となります。 カナブン被害などで、 途中で脱落した実もあり少ない収穫でした。 ↓ このプルーンの果肉は、 大変柔らかくなり食感は、 とろっとしたゼリーを食べているような感じです。 甘みもかなり良い感じで、 美味しく頂けました。 昨年より小さめの実でした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プルーンの落果

午前中の豪雨が嘘のように止んで、 時折日射しもある中で果樹の見回りです。 「スイートサンプルーン」の落果が気掛かりでしたが、 他の「パープルアイ」や「スタンレープルーン」が、 保護袋内に落下していました。 今年の最大果(残った3果では・・)の落果です。 樹脂病が最も顕著に見られた「パープルアイ」は、 傷みが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プルーンの様子は・・

樹脂病にやられた「パープルアイ」でしたが、 残った実は膨らみを増しています。 8月下旬~9月上旬が収穫時期の筈ですが、 もう色付きが始まっています。 正常な生育状態なんでしょうか? ↓ BIKOOが農薬で汚れていまして、 見にくいのはお許し下さい。 触った感じでは、 どこかが傷んでいる様子はあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

色付き各種

今日も曇り時々雨で、 梅雨空でした。 カビや病気の発生が気になるところですが、 連日の雨模様ではどうにもなりません。 ブドウの「藤稔」は、 大分色付きが進んで来ました。 ↓ 色付きが紫黒色に進むのはいつ頃でしょうか。 水分過多の影響か・・・、 実割れ果も見られます。 ↓ 8月の収穫…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「山吹あかつき」の収穫など・・

雨の止み間に、 「大玉山吹あかつき」の袋外しと、 一部の収穫を敢行しました。 その他の「照手水密」、「田上姫」、「大玉白鳳」や プルーンの「フロリナ」を半分ほど収穫しました。 「大玉山吹あかつき」は、 傷み果が多くなってきましたので、 袋外しと一部を収穫しました。 ↓ 傷み果の断片を味見してみま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

意外と美味しい「パンサー」

プルーンの「パンサー」が、 色付きが不完全なのに落下します。 果肉は柔らかいので、 ある程度熟していると思います。 7月中旬頃から収穫期ですので、 外皮の色付き以外に不満は無いですが・・。   昨年、今頃の外皮の色は青紫色でしたが、 今年は色付きが薄い色です。 ↓ 糖度の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「貴陽」など、今日の収穫物

午後から、時々日射しがありました。 果樹を見回りますと、 どなたかのブログにもありましたが、 今年はコガネムシが大発生です。 完熟間近な果樹が、 徹底的に突かれています。 「バイオチェリー」などのスモモ類は、 特に被害が大きいです。 本来であれば、 じっくり樹上で完熟させたいのですが、 コガネムシがそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラム類の色付きが・・・

久々に日射しがありますが、蒸し暑いです。 プラム(スモモ、プルーン)の色付きが、 中生種などを含めて始まっています。 スモモの早生種が終わりに近く、 中生種の色付きが進んでいます。 最終的には「黒紫色」に変化していく 「バイオチェリー」の着色具合です。 ↓ 収穫時期の見極めが分かり難いです。 スモモで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

残ったプルーンに袋掛け・・

樹脂病被害で付いた実はほとんど落下しました。 僅かに4果残っていましたので、 大実の「パープルアイ」に袋掛けしてみました。 ゴルフボール大になった実ですが、 完熟まで樹上に残る期待を込めて、 保護袋を付けました。 ↓ 今年は、沢山結実して喜んでいましたが、 どうやらこの木は樹脂病に弱い様です。 接木更新…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more