テーマ:プルーン

樹脂病に炭カル塗布

プルーンなどの樹脂病予防にプロ農家は、 炭酸カルシウムを塗布して予防するようです。 昨年大実を付けた「パープルアイ」ですが、 今年は結実増加で喜んでいましたら、 恐るべし”樹脂病”または”コスカシバ”被害で、 見る見る落下、枝枯れです。 思い切った手段となりました。 他のプルーンにも多少の樹脂漏れが見られま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プラム(スモモ・プルーン)

スモモの幼果はだいぶ膨らみ、 プルーンは結実が確認できるようになりました。 スモモの幼果は、 生理落下時期を過ぎて、 膨らみを増す時期に入ったようです。 今年は初収穫が期待できそうな 「ニュー太陽」です。 ↓     露地植えプラム井上に高接ぎの「秋姫」 そろそろ摘果す…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プルーンの開花

プラム類のしんがりは、プルーンの開花です。 スモモの花に似ていますが、花茎の短めの小さな花です。 既に「スタンレープルーン」と「フロリナ」は、 開花して2週間以上になります。   基本的には、自然受粉に任せていますが、 離れた場所に鉢を置いていますので、 梵天で時々受粉しています。 ・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

西洋スモモ:プルーン

毎年プルーンの一番花は「フロリナ」です。 二番花は「スタンレープルーン」でした。 続いて咲きそうな品種は、 「パープルアイ」か「パンサー」のようです。 2年前に主幹を、 根元近くから切断しなければならない程の枯れ込みを経験した苗ですが、 今年は、しっかり花芽が付き開花となりました。 ↓ &#…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

プルーン、ベビーキウイ

当園のプルーン品種の1番花は、 「スタンレープルーン」の見込みです。 2年前にだいぶ傷んだ苗ですが、 回復してきたようです。 少ないながら、花芽が確認できました。 ↓ これから、プルーンの他品種の発芽や花芽が動き出すものと思います。 ***********************************…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

プラム(プルーン)の接木

お気に入りの大実プルーンとして、 「パープルアイ」を育てています。 8月の収穫時には109gと大きく重い実となりました。 今年は、鉢増し(25L→45L)して、 収穫アップを図ります。 植え替えの際に、 台木から発生していたヒコバエを養成し、 プルーン苗用の台木としました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

プルーン(西洋スモモ)の様子

西洋スモモのプルーンは今年ようやく収穫まで漕ぎ着けることが出来て、一つの課題をクリアーしました。 しかし、まだ開花にも至っていない品種もあり私にとっては厄介な品種の一つとなっています。 何年か前のことですが、初めて露地栽培でシュガーとスタンレープルーンを栽培しました時は、すごい数が稔り驚きました。しかし、収穫時期に虫害に合い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プルーンに保護袋を・・

プルーンの中では大実種の「パープルアイ」が良い感じで膨らんでいます。 実は、このパープルアイは昨年コスカシバ被害でとても実が付くとは思いませんでしたが、僅かながら結実したものです。   実割れし出していましたので、桃用のBIKOOを使って保護してみました。   たかがプルーンに、果樹保護袋は大袈…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

課題のプルーンに色付きが・・

毎年、着果まではこぎ着けるのですが病虫害の被害で収穫には至らず、悔しい思いが残るのみでした。 それでも挫けずに、2006年11月に「ツアー」と「スイートサンプルーン」の3年生苗を購入し、今年は開花・結実まで進んでいます。 「ツアー」は、プルーンの中では極早生種らしく薄い赤味からブルーに変化する色付きが見られるようになりました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

木イチゴや小果樹

木イチゴの「モミジイチゴ」や「カジイチゴ」が、熟れてきました。一粒試食しました。甘くて美味しいです。今年のモミジイチゴは、ぼかし肥料が良かったのか、大粒になりました。 「モミジイチゴ」 「カジイチゴ」 「暖地桜桃」は、畑の防鳥網の中で雨よけシート下に置いています。赤いルビーのように輝いて観賞用には打って付けです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プルーンが結実しましたが・・

10年ぐらい前になりますが、まだ鉢栽培が主体でない頃の畑には1本の大きなプルーンの木がありました。たわわに実って青く完熟間近の時、突然木の周りが青くなるほど落果してしまいました。正体は分かりませんが、害虫の仕業のようです。 それ以来、これがトラウマとなり、プルーンの収穫には懐疑的な年が続いています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

果樹園は春爛漫 フンフン♪

庭は果樹の開花で、春たけなわです。 花が咲いて、やがて実が付き・・・。 今年一番手の結実は、梅の「南高」でしたが二番手に「暖地桜桃」が結実しました。 梨の「ジャンボ新高」や「豊水」の開花も始まりそうです。 今日は、遅れていました殺菌剤と殺虫剤の散布をやっと行うことが出来ました。 すもも、梨、プルーンに「トリフミン」の2000倍…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more