テーマ:挿し木

ほったらかしの下の畑の様子は・・その④

果樹苗と言えば、各種の挿木苗や接木養成苗を 簡易圃場に植え付けています。 今春の台木や挿木苗を植え付けるのは初めてのことでして、 その後の成長は心配なことでした。 案の定、今年挿木したブドウ苗は全滅となってしまいました。 穂木を提供して頂いた方々には大変申し訳ないことをしでかしてしまいました。   ”ご免なさ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっと鉢上げが出来ました

10日間程の一時休止も解禁となりました。 2月19日に頂いた穂木を挿し木したイチジクでしたが、 やっとポット上げを実施する事が出来ました。 2つのプランターに挿してあった穂木は三十数本で、 少ない培土で生育は阻害されていたようです。 中でも比較的しっかりと根鉢が出来ていたのが 「レディホワイト」の1本です。 6…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

挿木の様子

久しぶりに陽の光を浴びました。 でも長くは続かず、曇りがちの1日となりました。 今春、挿し木した各種の台木や挿木苗は、 今年の異常気象をなんとか保ちこたえてくれたようです。 明日から気温は例年に戻るようです。 被せていたプランター・カバーを外して 展葉の様子を撮影してみました。 スモモ台と豆梨台・おはつ桃台を挿した…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

不調なブドウ挿木

昨年は沢山のブドウ品種を挿し木しています。 1年後の登熟枝の充実ぶりは最悪の状態です。 原因は、 挿し穂の調整法のようです。 参考書がありながら詳細に見ていませんでした。 今年、Nさんから頂いた自作挿木苗を見た時、 自分の未熟さに愕然としました。 一芽から伸びた枝はしっかり登熟し、 大きな芽を付けていました。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

キウイ、ブドウの挿木

庭のキウイやブドウの様子を観察していますと、 新芽の動きが始まっています。 キウイでは、接ぎ穂の芽が伸び出しており、 ブドウでは昨年の挿木苗で新芽が伸び出していました。 当初、4月になってから実施の予定だった キウイやブドウの挿木を前倒しで実施しました。 キウイの挿木は主に台木用として挿しています。 一部、接木の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

挿木作業も完了です

昨日のことですが、雨が降り続く中、 テラスの下で挿木作業を決行しました。 挿し床は、3日前にプランターや鉢に用意していました。 ↓ 赤玉土・鹿沼土・バーミキュライトを混合し、 隠し味としてピートモスないしは籾殻燻タンを混ぜています。 肥料っけの無い用土を使っていますので、 灌水には天恵緑汁で作ったぼかしを…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

イチジクの挿木・接木

天気は予報通りのぽかぽか陽気です。 今シーズンの手始めの挿木を行いました。 2月下旬~3月上旬が挿し木の適期となる イチジクの挿木を実施しました。 8種類の穂木を用意しまして、 プランターに挿し木しています。 ↓ 穂木の切り口には蒸散防止のペーストを塗っています。 さらに、 保湿用プランターカバー…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブドウ挿木苗の植え付け

ブドウの穂木を挿木して、 発芽・発根までは順調ですが その後の成長が良くありません。 一つには、苗の置き場所が果樹鉢の隙間や裏手といった 半日陰である点が大きく影響していると思います。 そんな挿木苗ですが、 2,3年後には何とか伸長してくれる苗も見られます。 今日は、 2m以上に育った「ゴルビー」を 露地植…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

コルト苗の鉢増し

コルト台に接木された「月山錦」の鉢底から派生した コルトの根から新梢が伸びたのを、 1年間養成しました。 挿木のコルト苗もあるのですが、 この苗も春先の台木として無駄に出来ません。 8号鉢で良く伸びています。 3本の台木が確保できそうです。 ↓ 既にひこばえも2,3本見られます。 3本に分…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台木養成:ナシ編+α・・④

昔、雑木盆栽に填っていた頃、 満州豆梨の木を見た記憶があります。 梨類(和梨・洋梨)の台木は山梨や豆梨が使われます。 意識して探してみましたが、 意外と見つかりませんでした。 洋梨を3種ほど購入した際、 台木の根を切り詰めて10号鉢に植え付けました。 切った根は、翌春根伏せで発芽しました。 この根…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台木養成:サクランボ編・・②

第2弾は、桜桃の接木用台木の挿木苗になります。 さくらんぼ(桜桃)の接木用台木には「青葉」、「コルト」と 「スーパー6」がよく知られています。 特に「コルト」台木を使用したサクランボ苗は、 鉢栽培で生育が早く花芽も付きやすくて 管理しやすいと思います。 出来ることなら、 手持ちの品種はすべてコルト台にしてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台木養成:スモモ編・・①

プラム類(スモモ、プルーン)、桃および杏などの 接木用台木にはスモモの挿木苗が使えます。 私の経験では、 「太陽」の挿木が発根良好で、 接木後の穂木の生育が旺盛であるようです。 「貴陽」の挿木も同様に使えそうです。 今春、2月~3月にかけて挿木した苗は、 多数です。 比較的太めの挿木苗です。 鉛筆の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台木用ホームベルの鉢上げ

昨年の2月にブルーベリーの接木用に、 ホームベルの挿木をトレーに挿していました。 1年半以上も挿しっぱなしでしたので、 根は絡み合ってしまい引き千切って株分けしました。 徒長苗では80cmの良苗もありました。 株元の太さは鉛筆よりやや太めで、 来春の台木としては理想的な太さです。 ↓ 分けた苗は水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スモモ挿木の鉢上げ・第2弾

2月22日にプランターに挿木した スモモの鉢上げ、第2弾を実施しました。 夜半から雨の予想ですので、 好都合の気象条件です。 6/12に第1弾の鉢上げを報告していますが、 その時の残り1/2プランターになります。 挿し穂自体が若干太った様に思います。 発根状態も良好です。 鉢上げ後の活着も心配ないと思いま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イチジクなどの挿木の鉢上げ

3月1日に挿木したイチジクと豆梨の鉢上げ実施です。 この時、「キング」の接木も行っていました。 葉の展葉も順調そうで明日から雨模様の予報。 鉢上げには好都合の気象条件・・・かと(6/29)。 発根状況はまずまずと言ったところです。 イチジクは今春、四日市市のKさんとの 穂木交換で入手の「キング」、 栽培中の「ロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビワ(大五星)を剪定し・・・

ひょろひょろと伸びてしまったビワの大五星。 導入してから初めて、切り詰め剪定を行いました。 6月2日に剪定しましたが、 太めの主幹に芽が吹き出しました。 ↓ 一寸心配しながらの切り詰めでしたが、 芽吹き確認で、一安心です。 切り落とした枝ですが、 時期も時期ですので、 ダメ元の「挿木」、「接木」をやってみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コルト挿木の鉢上げ

サクランボの台木であるコルトの挿木苗を 4号ポットに鉢上げしました。 3月の彼岸頃の挿木ですが、 葉の茂りはまあまあと思いましたので、 本日の決行となりました。 コルトの穂木は、 違う目的で太めの穂木を使用しましたので、 貧弱な台木になりそうです。 根はゴボウ根が主で、細根が少ないように思います。 鉢上げ後…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

台木養成中

2月に挿木したスモモやアンズの鉢上げを 1/2プランターで実施です。 今春は、台木の準備不足で 頂いた穂木を無駄にしてしまうという、 とんでもない失敗をしました。 反省の元に、 来春用の台木養成を、しっかり実施しました。 発根も上々のようです。 ↓ 本数が多いので、 3号ビニールポットと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブドウ挿木の鉢あげ

やっと実施の挿木苗の鉢上げです。 貧弱な地上部に比べて、 発根は良好のようです。 例年では、挿木したまま翌年に持ち越すことが 多かったブドウ苗ですが、 今年はやや遅れましたが鉢上げできました。 プランターを見た感じでは、 新梢に勢いが無くて、 発根が十分なのか心配でしたが、 「峯寿」と「選抜ピオ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブドウの挿木の様子

3回に分けて行ったブドウの挿木です。 1回目と3回目の時期は、 2ヶ月近い差があります。 しかし、一番遅かった挿木の成長が 最も良好なようです。 4月になってから挿木した3回目のプランターです。 葉の伸長に勢いが感じられます。 ↓   3月初旬に挿木した2回目のプラン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

挿木、高接ぎのその後

2月末に各種の果樹穂木を挿木しました。 プランターに挿して、透明プランターカバーで保護しておきました。 来年以降の台木養成が目的です。 カバー越しに見ますと、新芽が青々と伸び出していました(3月21日)。 カバーを外してみました。 ↓ > このまま、カバーは外そうかと思いましたが、 1,2時間後に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブドウ:既存苗の様子

昨年の挿木苗で、僅かに残ったブドウの様子。 芽吹きが始まり、生き残ったようです。 ブドウの挿木は、1年目の発芽・発根は意外と楽勝なんですが、 その年の鉢上げや植え替えでロスが大きいことにガックリです。 今年も、沢山の品種を挿木しましたが 植え替えロスの軽減が課題となります。 挿木2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バラ(薔薇)繁殖法の応用

ばら(薔薇)の繁殖法では、 「接木挿し法」がよく行われているようです。 当ブログでも紹介しています 「サクランボの接木挿し」は、 この手法の応用例なんです。 バラ科植物には、 サクランボ、リンゴ、モモ、 そしてプラム類も含まれます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブドウ挿木、芽が動き出しました

2月22日に実施したブドウの挿木ですが、 新芽の動きが確認できました。 丸く膨らんだ大きな新芽が、 弾けて新芽の展葉が始まった品種もあります。 牛乳パック使用の挿し床は、 VIP待遇で、 簡易ビニールハウスでスクスク?と生長している様です。 牛乳パック挿し24品…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さくらんぼ接木挿し

こちらも施行後4週間経過して、若干進行した感じです。 コルト挿し穂自体に発芽が見られますが、 接いだ芽もほぼ同時に動いているようです。 ゆったりした発芽状況は、 発根待ちの挿木には好都合かも知れません。 月山錦の芽は、葉が伸び出しそうです。 コルト台の芽も同時に伸び出しています…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

葡萄の挿木

ブドウの繁殖法で、 最も成功確率が高いのが 挿木の様です。 生長が早いのは休眠枝接ぎで、 花芽を持った穂木の場合、 その年に結実もあるようです。 ところが、 この接木が難しいらしい。 一応、4,5月に休眠枝接ぎにトライする予定ですが、 穂木確保の保険として挿木を行います。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

サクランボ(接木挿し)のその後

2週間前に処理したサクランボの接木挿しを観察してみました。 処理時点では、接ぎ芽や接ぎ穂は、 接木テープで全体を覆い保湿に努めました。 今日見てみますと、 接木テープを突き破って、 緑の葉芽が伸長していました。 第一段階の新芽の伸長が始まったようです。 台穂のコルトに…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

サクランボの接木挿し

毎年、この時期から挿木、接木の作業が始まります。 例年の事ですと、 昨年挿し木したコルト台に、 増やしたい品種の穂を割接ぎしていました。 ・ ・ 今年は、「接木挿し」または「芽接ぎ挿し」と言うべき方法で サクランボの品種維持を図ろうと思います。 前出の「宮式」芽接ぎ法を応用して、 コルトの挿し穂…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年も福袋から・・

昨年の12月31日に宮さんから、 貴重なキウイの実生苗や穂木(キウイ・ブドウ)のご提供を頂きました。 接木法で”宮式高接方式”という方法をご存知の方も多いと思います。 試行錯誤の結果から独自の接木法を考案されたのが「宮菜園」の園主(送り主)さんです。 多品種高接ぎの実践は圧巻で、当園のような狭い場所で多品…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スモモの剪定

露地植えのスモモの剪定を決行しました。 遅れていた作業で、ホッと一息ってとこです。 3本のスモモの剪定でしたが、手前の「太陽」は太枝も整理し来春「高接ぎ」を予定しています。 剪定で切り取られた枝は、根元に山盛りとなりました。 切り落とした枝は無駄にしません。 来春の彼岸頃に挿し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more