テーマ:結実

ビワに幼果が付いた様です

昨日、今日と雨が降ったり止んだりで、 明日も降雨の予報です。 雲間に隠れて見えない富士山ですが、 久し振りの大雪で真っ白に雪化粧した冬富士が見られそうです。 柑橘系を栽培していない我が家では、 常緑性の果樹の葉は貴重です。 先週末に上の畑で観察した鉢植えビワの様子です。 見通しの良くなった落葉果樹越しにビワの緑が目…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ビワの早生種で結実か・・

上の畑の鉢栽培ビワは晩生の「大五星」がようやく開花し出しました。 まだ蕾の花房も見られ、早生種より大分遅れての開花です。 天気の良い午前中にはミツバチの訪花も見られ、 受粉はお任せ状態です。 日陰を作り安いビワですが上の畑では、他の果樹の木陰で育っています(^_^)。 周りの果樹の落葉でようやく陽射しを受けられ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枇杷に花芽が付く頃です

上の畑の奥に追いやられた感が強い枇杷ですが、 葉色は綺麗な濃い緑で元気は良さそうです。 25リットル鉢植えの「大五星」と「田中」ですが、 それぞれに木には「早五星」、「長崎早生」、「クイーン長崎」の 3品種を高接ぎしてあります。 隣に露地植え「ラ・フランス」や大鉢の桃苗が隣接していて、 枝張りもままならない枇杷の木です。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

3本の佐藤錦で定点観測④:S.F.Takaさんの桜桃栽培32

明日から2日間ほど雨降りの予報です。 今朝は果樹から離れて、 早朝から下の畑の野菜周りの草取りに勤しんできました。 昼頃帰宅して昼食後にパソコンを見ますと、 S.F.Takaさんからデータ便が届いていました。 定点観測の定期便です。 先ずは、”いち”の15年生青葉台佐藤錦の様子です。 3本の定点観測…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪”あきさん”の桜桃のその後は・・

大阪在住のあきさんの品種不明8年生桜桃は、 4月30日の当ブログでアップしています様に ”ソメイヨシノ”の花粉で人工受粉に成功していました。 しかし、試練は準備されていたようです。 あきさんによりますと、 ”幼果は200程着き収穫を楽しみにしていたのですが、 小豆~大豆大で、褐色となり干乾びたり生理落果とで、 1…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

蜜蜂の訪花がほとんど見られなかったブルーベリーですが・・

今年のブルーベリー開花時期の訪花昆虫の少なさは、 危機的とも言えそうな状況で、 たまに小型の蜂を見かけましたが 日本みつばちや西洋みつばちを見た記憶がないほど、 訪花蜜蜂は少ない状態でした。 例年ですとソメイヨシノが終わりますと BBに戻ってきたのですが、 今年はその変化も見られませんでした。 そんな状況で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

3本の佐藤錦で定点観測③+α:S.F.Takaさんの桜桃栽培30

山形でも雨降りの中草刈りを行ったS.F.Takaさんから 定点観測データや長果枝年枝の画像などが届きました。 この雨で生理落果も進み、実の肥大も加速するようです。 大雨で何も出来ずに 家の中でくすぶっていましたので、 有り難い画像のご提供でした。 ウチのさくらんぼ置き場の桜桃は吹きつける豪雨で びしょ濡れ状態です。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

台風2号の影響が心配で・・(桜桃の様子)

台風2号が発生以来、 予想経路から今年のさくらんぼも終わりかと・・覚悟しました。 しかし、今朝起きてネットで予報を確認しましたら、 当地に接近する30日頃には ”温帯低気圧”に変わるとの予報です。 それでもまだ、風雨の強い状況は残るでしょうから 多少の被害は覚悟しなければと‥思っています。 そんなわけで雨が降り…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

3本の佐藤錦で定点観測②:S.F.Takaさんの桜桃栽培29

去る5月16日から始まりました定点観測の 第2報が届きました。 3本の樹齢が異なる佐藤錦に観測点を設けて、 経日的な変化を追っています。 先ずは15年生青葉台佐藤錦の5月18日から23日までの 観測結果です。 (画像中の数値は撮影日を記しています) 19日の観測では花柄も取れて スッキリ見えてきました。 (ク…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

我が家の梨は裏年かしら?

昨年は豊作でした「豊水」は猿の食害で全滅でした。 今年は1,2果付いたようですが完全に不作の年のようです。 また、下の畑に植え付けた「ジャンボ新高」は、 葉が萎れて枯れそうな状況です。 幸い今年バックアップ苗を作っていたのが救いです。 上の畑のラ・フランスに高接ぎした梨類も同様で、 1,2果程度の寂しい実付きです。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

3本の佐藤錦で定点観察:S.F.Takaさんの桜桃栽培28

この時期から収穫までのさくらんぼの肥大・色付きの様子を 3本の佐藤錦に目印テープを付けて観察して頂けるようです。 それぞれの佐藤錦は樹齢や台木が異なり、 さらに、結実している枝も2年枝や3年枝などと条件が異なり、 微妙な違いが観察できるかも知れません。 先ずは対象になりますそれぞれの佐藤錦と 定点(テープ)枝付近の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

上の畑のキウイの様子

今日は市内在住のKさんのご訪問がありました。 日本みつばちの見学とのメールでしたが、 まだ捕獲できていないと言うことで、 梅の接ぎ木などでの果樹を見学希望となりました。 昨日から「アップルキウイ」の開花が始まりました。 同じタイミングで雄木の「孫悟空」も開花が始まりました。 全く蕾が付かなかった「ゴールドエンペラー」…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

庭の露地植えスモモ(多品種高接ぎ木)

今年のスモモ類の結実状況は、 皆様の様子との比較は兎も角、 私としては良い状態かと思っています。 スモモは沢山結実しましても、 生理落果が激しいので、 摘果はやらないか、最終的な段階で減らすのが 良策だと思います。 庭植えの「ビューティ」に多品種を高接ぎしていますが、 今春の高接ぎ以外の枝には、 結実数の違いは…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桜桃の花も終盤で・・:S.F.Takaさんの桜桃栽培27

S.F.Takaさんの本職では木曜日が定休日。 そこで、昨日はさくらんぼ園の1回目の草刈りでした。 その合間に現在の桜桃の様子を撮影して頂きました。 まだ、ハッキリと幼果が見え出すには早いですが、 結実の兆候は見て取れます。 太くて長い花梗(花柄)は健康な花であることの証ですね。 きっと良い玉が付くはずです。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花も終わったさくらんぼ その3

その1、その2の状況は趣味栽培での 最低限度の実付きを確保していますので 良しと言えるかも知れませんが この3番目のレポートは不調報告になります。 そうです「月山錦」の登場です。 先ずは花柄が無残に残るズームアップ画像です。 先日の結実状況でもしかして結実したかも・・とお見せした その後ですか特に膨らんだ様…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花も終わったさくらんぼ その2

受粉昆虫の訪花が極めて少ない当地では、 受粉樹からの花粉採取が必須の状況です。 そのためにはナポレオンや高砂は必須で、 最近では「紅さやか」や「紅きらり」なども受粉樹として 確立されているようです。 今春居接ぎした「ジャボレー」も今後の受粉樹として 期待は大きい品種です。 我が家の貴重な受粉樹の「ナポレオン」は …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花も終わったさくらんぼ その1

2,3日降雨が続く予報でしたが、 本当によく降ります。 強い雨音で目覚めました。 昨日、撮りためたデジカメ画像で 花後の桜桃を3部作でアップしたいと思います。 遅かった佐藤錦の受粉を2,3日前に終了し、 汚れた梵天を綺麗に洗って乾かしています。 何度やっても受粉確率の嵩上げが出来ず、 結実状況に不満が残…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

少ないですがりんごが結実しています

昨年は斑点落葉病で 上の畑のほとんどの品種がやられました。 その影響は、 今年の花芽の少なさや付かない小苗も多く見られます。 今年は花摘みを徹底して実施しています。 一つの花芽に1輪残しは若干の不安はありましたが、 摘果の必要もない程度の実付きでしたら好都合です。 ほんのサンプル程度の数ですが、 各品種の枝には…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

活着は3本となりました:さくらんぼ花芽付き2年枝の居接ぎ

2月22日にナポレオン、高砂、紅さやかの花芽付き2年枝を 下の畑のコルト台に居接ぎしました。 長い穂木では50cm近くの長さがあり、 今までの居接ぎ経験の中では2,3倍くらい長い穂木でした。 今日現在の様子では、 接ぎ木に成功した穂木が3本 (ナポレオン2本、高砂1本)と判断しました。 最初に芽動きが見られ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小果樹の結実・色付きなど・・

果樹の中には、林檎・梨・桃のように 大玉で見映えのする果樹もありますが、 小粒の小果樹も結実から色付き、収穫と 色々な場面で楽しさを味わうことが出来ます。 色付きの場面では丁度中国実桜の「暖地桜桃」と「はるか」が ルビーを思わせる色付き変化が始まっています。 赤く色付き出したばかりですが樹全体に色付き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブルーベリーの結実状況

今年のブルーベリーの開花始めには、 訪花昆虫の姿が全く見られず受粉が大丈夫かと ずいぶん心配していました。 落果が始まっても相変わらず受粉昆虫の姿はなくて、 今年の結実は激減かと覚悟していましたが、 BBの枝先を見ますと膨らみだした幼果が見られます。 今日は今年初めてBB置き場で蜂を見つけました。 知らないウチに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大分遅れた桜桃の開花

我が家の桜桃の開花は大分遅れて、 皆さんの結実レポートに焦りました。 我が家の手持ち品種では「佐藤錦」が最も遅くて、 ただ今受粉真っ盛りです。 一番早かった「紅秀峰」や「ナポレオン」、「正光錦」などで、 結実の兆候が見られ出して、 人並みの受粉が出来ていそうなのでホッとしています。 開花が早かった「紅秀峰…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梅や杏の幼果の様子

穏やかに晴れて暖かい日です。 上の畑にある梅や杏の幼果を観察してみました。 今年の梅は鉢栽培の小苗ながら、 少しばかりの実が収穫出来そうです。 唯一露地植えの「豊後」も、 それなりの実付きで膨らんで来ました。 60L鉢の「竜峡小梅」は綺麗な実が収穫出来そうです。 杏のゴールドコットの台木で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ソメイヨシノの受粉能力は素晴らしいです

4月8日の当ブログでご紹介しました8年生桜桃ですが、 大阪在住の”あきさん”から結実のご報告を頂戴しました。 4月13日には開花の様子も頂いていましたので 合わせてアップしてみます。 桜桃は1本なので受粉用の花粉は 勤務先の庭に咲く”ソメイヨシノ”の花を ご実家まで持ち帰って、通い受粉をされたようです。 沢…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

桃の結実状況(上の畑)

桃の花もほぼ終了のようで、 晩生の白桃に僅かばかりの花が残っています。 摘蕾もせずに開花・結実となっていますので 幼果の確認後は早めの摘果が必要です。 生理落果を考慮しての2,3段階で摘果をする予定です。 100L鉢植えの「大玉山吹あかつき」と「なつっこ」には、 結実が確認出来、豊作です。 今年のあ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

今年の桜桃は、如何に?

強風が連日吹き荒れていましたが、 今日は比較的穏やかな日となりました。 人工受粉を朝・昼・晩で、せっせと繰り返しています。 就寝時に右手首の痛みで目が覚めます。 さては、 先日の入院時の動脈カテーテル挿入部位の後遺症か? 手首の傷口部分に触れても痛みはありません。 腫れは引いているし、おかしいなぁ。 右手首の内側…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

8年間ほったらかしの佐藤錦?との事ですが・・・

何処かで見たようなタイトルですが・・・。 先般、メールで「さくらんぼ出荷基準板」の入手先のご質問が 切っ掛けとなりまして、昨日写真添付のメールを頂きました。 通称”あきさん”のご実家の庭には、 露地植え8年生の桜桃があるようです。 この苗を購入した時の説明書きには、 自家受粉する「佐藤錦」と記載されていたよう…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

梅の接ぎ木や結実の様子

今春、豊後梅や南高の枝先に品種保存の高接ぎや、 スモモ挿木台に居接ぎなどを多数実施しています。 梅の芽動きは非常に遅くて、精神的に良くありません。 梅の接ぎ木は、苦手な樹種です。 まだかまだかと観察していましたが、 一部、芽動きを示す穂木が見られる様になりました。 とは言うものの、ダイナミックな展葉はまだ先かも知…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ミニ・ブルーベリー園の整備?

下の畑の一角をミニ・ブルーベリー園に仕上げようと思い出してから、 植え付け場所の確保から始まり、土作り・植え付けを 昨年末までに完了していました。 今日は、米ぬかを振って剪定枝の粉砕チップを敷き詰め、 除草シート張りなどを行いました。 キウイやブドウなどの剪定枝を粉砕して野積みしてありましたが 先週末に袋詰めして搬…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヒムロッドシードレス

早朝から昼頃まで激しい雨が降り続いていました。 サクランボの樹に残っていた紅秀峰やさおりの実は、 花火の様に破裂しています。 当地では雨除けシート無しでは まともな収穫は絶対に無理な桜桃栽培です。 さて、先日少ない房数ですが、 果粒肥大のジベ処理をしたブドウに袋掛けをしています。 例年では短梢剪定でした…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more