テーマ:ブルーベリー

来園者有り

予てから一度当園を訪問したい、 とのお申し出を頂いていました。 この度、当地に出向く用件が有り、 都合がよいのでさくらんぼ栽培など、 当園の様子を見学したいとのお申し出でした。 ブログ「居残りブルーベリー」の居残りさんとは、 初めてお会いしました。 恰幅の良さに、 お若い方ながら、 ちょっぴり圧倒されました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブルーベリーも収穫が始まりました

ノーザンハイブッシュ種(NH)のBBが青く膨らみましたので、 今年最初の収穫を行いました(6/4)。 毎年、収穫一番目は「スパルタン」です。 直径20mm以上の大実が見られるNHの 「スパルタン」。 柔らかくて美味しいBBで、 お気に入りの一品です。 ↓ 比較的大実の「プル」も、 早い収穫となりま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実益重視のBBですが・・

細かな栽培技術や頻繁な植え替えも無いのに、 今年もそこそこ結実してくれました。 開花当初は、ミツバチの訪花が少なくて受粉が心配でした。 遅ればせながらマルハナバチなどの助けもあって、 豊作とは言えませんが、 膨らんだ幼果が確認できます。 2001年に導入、 4年前にホームベルに接木した「スパルタン」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

剪定が苦手なブルーベリー(BB)

ブルーベリー(BB)は、育てやすい果樹としての代表的な種類の一つで当園でも毎年確実に収穫の楽しみをもたらせてくれます。 剪定や植え替えを的確に行えば、もっと収量は増すのかも知れませんが思い切った剪定が出来ずに、そこそこの収量になっています。 テルさんのブログを拝見していますと、育成中の剪定は思いっきりの良さに感心します。 あれが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たまには、ブルーベリーの話題でも

2001年9月に購入した「マイヤース」と「ブルーシャワー」は、毎年多くの開花が見られ結実の期待が大きかったのですが、結果は無惨なモノでした。 ダメな品種は、台木にでも使うしか無いようでバッサリと切り戻しました。 そんなことがありまして、BB置き場に若干の余裕が出来ましたので挿し木3年目の苗…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

我が家のブルーベリー品種が久々に追加

テルさんが手塩に掛けて育成されたBB苗が我が家にやってきました。 ノーザン、サザンおよびラビットアイ種が各種取り混ぜ、ウチにない品種を選択してくれていました。 宅配便の箱から出したばかりの苗の様子。無事、富士にやって来ました。 ポリポットからスリット鉢に少し鉢増ししました。 このまま元気な状態が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラビットアイ種の色付きが始まったようです

今朝、久々にBBの様子を見ますと「フクベリー」の大きな1粒が青く色付いていました。金魚にエサやりなどを終えて、さてデジカメに収めようと見ますと大きな1粒が見あたりません。防鳥網の中ですから、鳥に食われる心配はないのですが・・・。 もしや、と思い家内に訪ねたところ既に胃袋の中でした。まぁ、2・3日待てばまた次の粒が色付いてくれるでしょ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブルーベリーの結実状況は・・

サザンハイブッシュ系のオニールの開花時期には、ミツバチの姿がパッタリと消えてしまい、受粉が出来ないのでは・・と、ヤキモキさせられました。 その後、例年のようにミツバチの訪花が始まりまして、BBの結実は一応大丈夫なレベルに達したようです。 よく見ますと、せっかく着いた花も受粉せずに凋れていくものも数多く有るようです。 「オニール…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブルーベリーの受粉はミツバチさんにお任せ・・

梅の花が咲く頃には、ミツバチをよく見かけましたがブルーベリーの開花が始まる頃には全く見かけなくなりました。折しも吉野桜の開花時期でした。 中には、BBも人工授粉される方が居られるようですが、私はとてもその気になりません。ミツバチさんが来てくれなかったら、諦めます。 と言いながらも、一昨年と同様に”そのうちに来るだろう”と待ってい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more