テーマ:花芽

久々にブルーベリーの観察

ほとんどの品種はすっかり葉を落とし、 細い枝には小さな花芽が目立つようになりました。 水管理さえしっかり出来れば、 そこそこの収穫をもたらしてくれるブルーベリーは 栽培し易い果樹の筆頭に挙げられると思います。 他の果樹に比べますとチョット手抜きのBB栽培ですが、 毎年沢山の実を付けて収穫を楽しませてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

桃の花芽図鑑?

昨日撮影した桃の花芽観察でしたが、 PCメンテナンスに時間をとられて 今日のアップになってしまいました。 皆同じに見える花芽ですので、 覚え書き(防備録)として花芽図鑑もどきのタイトルです。 唯一、ハッキリとした花芽がないのが「黄ららのきわみ」です。 下の畑では午後日陰になりやすいのが影響したのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

暖地向きの桜桃品種は・・

昨夜、山形のS.F.Takaさんからお電話で 「暖地における桜桃品種に関する研究報告」を見つけました・・ との情報を頂きました。 暖地とは福井県でして、高温多湿の気象条件下で結実が安定し、 高品質果実の生産が可能な適正品種を選定するという 福井農業試験場のレポートでした。 今日の桜桃花芽の様子を見ながら、 研究報…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

さくらんぼ(樹海一本仕立て)のその後は・・

今年の1月頃から始めました桜桃の”樹海一本仕立て”ですが、 夏過ぎにはさくらんぼ置き場の混み具合が厳しくなりまして、 最南面に並べた一本仕立て苗にアクセス出来なくなってしまいました。 春先から長果枝栽培に目覚めた性もあって、 管理が疎かになってしまいました。 先日、さくらんぼ置き場の整備を決行していますが、 久しぶり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長果枝っぽい・・だろうか?

本日、S.F.Takaさんからのサクランボ花芽をアップしましたが、 我が家の出来はどうだろうかとデジカメ片手に見回りました。 花芽がガッツリ着いたS.F.Takaさんのレポートの直後では 見劣りは否めないところですが・・・まあ仕方ないです。 今年は春先の結実後のピンチは全く実施せずに、 新梢は伸びるがままにしています…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

さくらんぼの花芽や葉の様子:S.F.Takaさんの桜桃栽培⑭

まだ夏日の日もありますが、大分秋めいてきました。 この時期の桜桃の枝には 来期の花芽が準備されているのが確認できます。 また、落葉時期を控えていますがまだ青い葉を残しておきたい 時期でもあります。 山形のS.F.Takaさんからリアルタイムな便りが届きました。 佐藤錦と思われますが、長果枝にガッツリと花芽が着いてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビワの花芽

寒い時期に開花するビワの花芽は、 10月頃に毎年確認が出来ます。 枝先を覗いてみますと有りました。 小さいモノからしっかりと蕾が確認できる花芽まで 様々なサイズが品種の違いを反映した付き方のようです。 ビワの「田中」の花芽はしっかりとしたモノで 蕾も確認できました。 今年高接ぎしました3品種の枝先にも …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

樹海仕立て・・などの桜桃栽培

不作で終わった今年のサクランボでしたが、 来年はリベンジをと意を決していますものの、 その準備は既に始まって・・・いる訳ですね。 1月(1/26)にブログ記事にしました「樹海一本仕立て」のその後は、 4月(4/13)にピンチ作業で更新していますが、 その後の苗木の様子を見ますと・・。 頂芽の伸びは良好でして、 1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブドウあれこれ・・

昨年は大粒狙いで栽培を楽しめた「藤稔」ですが、 やけに芽動きが遅いので、 棚に配置した枝を触ってみますと・・・ なにやら乾いた感触、 他の枝も同様に固く芽の膨らみもありません。 ↓ 鉄砲虫などの虫食い被害かと株元などを見てみますと 木くずはなく幹が縦に大きく割れています。 ↓ まだ根を見ていませ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

S.F.Takaさんの桜桃栽培②

山形の桜桃は、このところの低温と日照不足で 開花が遅れているようです。 今回は、樹齢60年の「佐藤錦」が登場です。 やはりこの木も横枝が張りだしてその枝に 結果枝が沢山付いています。 ↓ 堂々たる佐藤錦ですね。 こちらは、その側枝を拡大・・ ↓ 古木の貫禄が漂っていますね。 こんな木が庭に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

S.F.Takaさんの桜桃栽培①

当ブログへのコメント書き込みから始まった S.F.Takaさんとのやり取りから、 鉢栽培や小規模な露地栽培では味わえない 本場(山形)のサクランボの様子を 写真提供して頂けることになりました。 私も以前、山形へ出張した際に 桜桃栽培のビニールハウスの巨大さに驚いた思い出があります。 S.F.Takaさんの農場は、ま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

りんごの開花も始まりそうです

手持ち落葉果樹では一番晩生のりんごも 動きを開始したようです。 芽動きが感じられ出して久しいですが、 今日、今年の一番花を見つけました。 クラシックな「ゴールデンデリシャス」が 開花一番手となりました。 ↓ ご多分に漏れず、虫達の気配はなく こちらも栽培開始以来、 初の人工受粉での対応が必要な状況です。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

桜桃の様子、あれこれ

曇りがちの肌寒い日ですが、 外で遊んでいます。 さくらんぼ置き場では、 ナポレオンや紅秀峰の花芽から 蕾が出ようとしています。 ↓ 開花直前に雨除けシートの展張を予定していましたが、 色々参考書を読んでいて、 直射日光の重要性を再認識させられたことから、 収穫時期間近で実施することにしました…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブルーベリー纏めてup

年に1,2度のBBネタですが、 開花直前の様子をアップしてみます。 今年、収穫を予定しています10号鉢植え株について、 花芽の様子を観察してみました。 また、春肥を施肥する前に草取りを行いました。 開花が始まった「オニール」は、 花芽が着きすぎでしたので枝先を切り詰めたりしました。 対照的に「プル」の花芽はまだ固い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

下の畑の果樹

今日は一日中下の畑で過ごしました。 雑木の整理や笹刈りなどを行いました。 植え付けた果樹は全株異常はなく、 新芽の動き出しや開花し出した果樹もありました。 植え付けたすもも類には開花が始まった品種もあり、 植え替えの影響はなさそうです。 「バイオチェリー」は上の畑よりチョッピリ早めの開花です。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

寒くても芽は動き出したようです

久々の雨無しの天気となりました。 たっぷりの雨で、果樹は一息ついたことでしょう。 小さな花芽を覗いてみますと、 僅かずつですが膨らみや、色合いの変化が見られます。 今日は、庭の南面に垣根代わりに残してあった、 昔鉢栽培で集めた椿の花と共に 花芽確認と洒落てみました。 (今朝、開花していた花を撮影しています) …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

多品種高接ぎ梨の花芽は・・

上の畑にあった梨類の鉢植え苗は、 全て下の畑に移植しています。 現在、上の畑の残る梨類は、 露地植えの「ラフランス」が1本のみとなりました。 1本とは淋しい話ですが、 意外と樹上は賑やかなんです。 このラ・フランスには現時点で16品種の高接ぎ穂木が活着しています。 1品種は成長が遅くて花芽の確認が出来ませんでした…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

りんごの花芽確認

今日は、初めての試みとしまして、 現在栽培中のりんご品種(全29種)の花芽を撮影してみました。 幸いにも、昨年接ぎ木の幼苗にも花芽が着いていましたので、 手持ち品種の全てを撮影できました。 各品種の詳細は割愛させて頂きますが、 今後、開花・結実の様子と共にご紹介できればと思っています。 No.1 らくらくふじ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さくらんぼの摘蕾

寒さも一段落で今週中には暖かい日もありそうな予報。 風がないと暖かく感じますが、風は弱くても冷たいです。 さくらんぼの結実において、 量から質を求めるには花芽調整が必要のようです。 以前にも、花芽調整はやっていましたが、 今年はしっかり摘蕾しようと思います。 基本的には葉芽を囲んで3,4芽の花芽を残すことになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼの植え替え

3,4年振りにさくらんぼ大鉢の植え替えを、 昨日の午後から今日の午前中にかけて行いました。 根鉢を崩すにはジェット水流噴射が効率的で、 噴射場所まで運ぶのが一苦労でした。 ねじり合わせで栽培していた佐藤錦とナポレオンは、 40リットル鉢ですので持ち上げるのは止めて、 引きずって移動しました。 この2本は20…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さくらんぼの花芽確認

まだ、葉が落ちきっていませんが、 さくらんぼの花芽が観察しやすくなりました。 今年300果以上を付けた「正光錦」の1本ですが、 特に疲弊した様子もなく、 来春の準備も順調なようです。 ↓ 正光錦は収穫時期も早めで、 失敗の少ない品種だと思います。 結実株が3本ありますがどの株も沢山の花芽が付いて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ビワの摘蕾

手持ち果樹の中でこれから開花予定の果樹は、 常緑のビワのみとなります。 2品種(田中、大五星)には、 花房が着き開花直前に見えます。 ↓ 大実品種のビワは、 下から2段残しの摘蕾が必要です。 伸びた「田中」の花房は、 定法通りに下2段を残して摘蕾しました。 ↓ 開花結実後は、 さらに摘果を行…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

果樹の準備状況は・・? ②

曇り空の週明けの朝です。 今日あたりから寒波が降りてくる予報。 明日朝の気温は6℃との予想です。 果樹の落葉も一気に進みそうな感じです。 サクランボの葉も、黄ばんできています。 各品種の花芽準備状況を見てみますと、 特に手入れをしていませんが、 花芽形成は良好なようです。 ↓ お気に入りの「紅さとう」も準…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

果樹の準備状況は・・? ①

落葉果樹のこの時期の様子は、 来年の花芽準備が順調なのか否か・・で、 観察も気になる毎日です。 春から夏場の管理次第では、 来春の花芽が少なかったり病害虫被害で、 木を弱らせてしまう事もあります。 今年は、 一昨年の生らせ過ぎが災いして結実無しだった スモモの「秋姫」(鉢植え元木)には、 小さいながら沢山の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

来春の準備は・・②

先日収穫したばかりの梨ですが、 もう来春の花芽が確認できます。 今年が初生りの高接ぎ品種でしたので、 来年は本来の品種特性を発揮することを期待しています。 まだ実が付いている 「菊水」と「王秋」 ↓ 来年の花芽がはっきりと識別できます。 「豊水」、「楽山」、「ジャンボ新高」も 堅い花芽が見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来春の準備は・・①

台風の影響もほとんどなく、 無事にやり過ごすことができました。 このところあまり構っていなかった 果樹ですが、 季節の移ろいの中でしっかりと 来年の準備が進んでいるようです。 さくらんぼの各品種には、 キリッとした花芽が確認できます。 「正光錦」、「アメリカンチェリー」、「佐藤錦」 ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さんくらんぼの花芽は・・

サクランボの成木においては、 この時期、既に花芽が形成されています。 実が付き始めた木は、 難しい事は何も考えなくても、 来期の花芽がしっかり準備されています。 色付きが遅い品種では、 実が付いた状態で花芽を付けていました。 収穫が早かった「紅さとう」と、 最も遅い収穫の「佐藤錦」でも、 花芽形成に差…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブドウの花穂など・・

ブドウ栽培に若干の注力を・・と、 今年の目標としています。 と言いましても花穂が付きそうな苗はまだ少なく、 準備段階にあります。 ここ2,3年連続で結実している2品種の 「藤稔」と「ヒムロッドシードレス」は、 今年も収穫できそうです。 「藤稔」の花穂調整、 いわゆる「房づくり」を実施しまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

さくらんぼの雨よけシート

皆さんのブログを拝見していますと、 今年もさくらんぼの開花だよりが出始めています。 当園のさくらんぼも、「ナポレオン」が1番花となり、 開花が始まったようです。 遅れていましたさくらんぼ置き場の雨よけシート張りを決行しました。 ↓ ビニールシートを展張し終わるのを待っていたように 雨が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

1週間後の梨は・・

3/22から僅か1週間で、梨は大きく動いています。 今週は、まだ梨の様子を見ていませんが、 ここにある写真の蕾は、 咲き出しているかも知れません(3/28撮影)。 今年、ラ・フランスに高接ぎの梨の穂木も、 新芽が気持ちよく伸びています。 今年の高接ぎ「にっこり」も、 活着しそうな新芽の伸長です。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more