テーマ:

下の畑1に残る果樹は・・

昨日は1ヶ月ぶりの降雨で乾ききった畑地には幾らかの潤いです。 今日も降るとの予報に期待していましたがカンカン照りの猛暑です。 小木の果樹苗が日照りで枯れ苗も出ていた下の畑1です。 残る果樹も少なくなりました。 今年の次郎柿は病虫害駆除に努めた性か、 何とか収獲果も残りそうです。 昨年は柿のへタムシ被害で全滅でした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キウイ・露茜・柿・カリンなど(下の畑Ⅰ)

そろそろお湿りが欲しいところですが、 天気予報の一時雨・・も外れて空梅雨模様です。 下の畑Ⅰに残っている挿し木プランターに水やりは 欠かせない日課となっています。 圃場が確保できるまでプランターで生き残って貰います。 下の畑のキウイ棚には10種以上のキウイ苗が植え付けてありますが、 まだ成長過程の苗ばかりで棚上は余裕…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柑橘・ブドウ・柿・栗の接木など・・

今回が初めての試みとなる柑橘系の高接ぎや、 難易度が高いブドウや柿の高接ぎや居接ぎをやってみました。 柑橘系は頂いた穂木で賄っていますが、 台木が有りませんので当然のことの様に 多品種高接ぎとなりました。 1本は上の畑の露地植え金柑の「ぷちまる」です。 取り敢えず、品種確保が急務の高接ぎです。 香酸系品種が主体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上の畑を別角度から・・

台風のような大荒れの暴風雨だった昨日です。 吹き付ける風雨で何も出来ませんでした。 今朝の富士山では今季一番の積雪となっていました。 北東の強めの風は吹くものの気温は10.4℃と寒さは感じません。 北側からネット越しに上の畑を覗いてみました。 葉のないこの時期だけ見渡せる畑の様子です。 唯一常緑のビワの緑が外…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

果樹あれこれ・・

ここ2,3日で10℃以下まで冷え込みが進んで来ました。 上や下の畑のキウイ棚には少ないですがまだ実が残っています。 この冷え込みで収獲も近いと思いますが、 樹上のキウイを採って糖度を調べてみました。 上の畑の棚には、 「香緑」、「アップルキウイ」と「ゴールデンキング」が残っています。 このアップルキウイは今年が2回目の収…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

立冬:晩生リンゴや柿の次郎を収獲

今日は暦の上での”立冬”です。 曇天で昨日より肌寒いですが、過ごし易い日となりました。 今年のリンゴは開花・結実と花数も少なくて 不作の年と成りました。 折角付いた実も台風で半分以上が落果しましたので、 早生・中生種は少ない収穫でした。 残った晩生種は更に無残でして、 落果全滅も3,4種ありまして、 辛うじて残ったの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黒柿を収獲してみました

午後から久しぶりの雨模様ですので、 降雨で実割れし易い黒柿を収獲してみました。 まだ青い実もありますがひび割れた実や 色付きの良さそうな柿を収獲しました。 例年より黒の乗りが薄い感じですが 果粉が付いて渋も抜けた感じです。 早取りし過ぎますと渋が残るので要注意です。 この1果を切ってみますとゴマが入って 食べ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

下の畑まで体慣らしの散歩です

今日も汗ばむ陽気です。 ゆっくり歩く分には大丈夫かと思いまして、 しばらく行っていなかった下の畑まで散歩しました。 雑草が伸びて荒れ出しています。 落葉にはもう少し時間が掛かりそうで 桃などの葉は青々としています。 畑内を散策していますと側溝の水溜に”ポチャッ”と何かが落ちました。 水溜の上には野生アケビがありまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

残る果実も少なくなりました

昨日から続いた降雨も早朝には上がり今は薄日が差してきました。 今朝は8時から町内の調整池や公園の草刈りでしたが、 腰痛が一向に治癒せずで家内に代わって貰いました。 果樹の世話も1週間以上手付かず状態ですが、 樹上に残る果樹も少なくなり作業も無いのが救いです。 まだ濡れた状態の果実ですが 腰に負担のない写真撮影をしてみ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上の畑:点描

今日は午後から雨の予報で明日も降雨の一日になりそうです。 現在、今にも降りそうな空模様になってきました。 朝から、果樹居接ぎ苗のポットから鉢増しをしながら、 植え変え作業をこなしました。 果樹の果実で色付きの良いモノを収獲したり、 撮影したりで午前中を過ごしました。 小玉リンゴの「アルプス乙女」が良い色でしたので、 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

サルナシは消えていました

いつ頃まで確認できていたのかさえも忘れてしまい、 今が収穫時期らしいので下の畑に行ってみましたが、 既に落下・消滅のサルナシでした。 実が付いていた証の果梗のみが枝に残っていました。 サルナシの初味見はお預けとなりました。 下の畑で晩生栗の「トゲなし栗」はまだ青い毬が樹上に残ります。 一部の毬は茶色く変化して弾け…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

秋の味覚と言えば柿ですが・・

今日は雨降りの一日となりそうですが、 まだ降り出す前に上の畑で柿の様子をチェックしました。 ドンヨリと今にも降り出しそうな肌寒い朝です。 狭い畑内には露地植えの木が5本と鉢植えが1本です。 露地植えで実付きが確保できていますのが「太秋」と「黒柿」のみで、 他の3本は何年も実を付けていません。 小さい木ながら毎年良く実…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

庭や上の畑で果樹メンテなど

今日も過ごし易い天気でした。 隣の空き地の草刈りを遣った後、 庭の露地植えスモモの剪定や残った実の保護など 雑多な作業をこなしました。 高接ぎ枝に着いた「トパーズ」は薄い黄色に変化しだし、 ヒヨに突かれない様に網袋を被せました。 この露地植えスモモには「太陽」の高接ぎ枝や「貴陽」も有り、 太陽の枝にはネットを、貴陽…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

気まぐれな実付きに依存の柿です

狭い上の畑には驚くべき事実があります。 ほとんどが鉢植え栽培の果樹種の中で、 柿の木だけが5本も露地植えしてあります。 その内の3本はほとんど結実実績無しで数年を経過しています。 ここまで来ますと切るに切れない自分がいます。 下の畑の次郎柿は沢山の花芽で喜んだまでは良かったのですが、 強烈な生理落下で残ったのは3,4…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柿の花芽確認など

柿の剪定は今一つ勘所が捉えきれずに苦労しています。 下の畑では数年間放置の次郎柿を切り詰めて、 樹高を低くし、枝も払っています。 昨年は数品種の高接ぎを実施していますが、 活着したと思われた穂が今春芽吹かずで 確実に成功したのは3品種となってしまいました。 元木の「次郎」は淡い緑の葉が鮮やかに広がりだしています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上の畑の点描

今日は先日のスペクト検査結果を聞きに 朝から病院通いでした。 検査画像を拝見してガックリです。 週末は2泊3日のカテーテル検査入院です。 胸の痛みは気のせいではなかったようです。 帰宅後は、意気消沈の散策です。 桜桃の開花も始まりそうなのに・・とか、 水やりは大丈夫だろうか・・・など、 つまらぬ心配が頭を過ぎり…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

残り仕事をやっつけました

典型的な冬型天気で風さえなければ良かったのですが、 強風が吹き荒れています。 しかし、意外と暖かでした。 春先に完了しておきたい作業で、 挿木や接ぎ木の未着手樹種を仕上げました。 柿品種の居接ぎと高接ぎ、 貴重な穂木を頂いたポポーは初めての居接ぎと高接ぎです。 今年は少ないイチジクの挿木をやって、完了です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

果樹関連:ア・ラ・カルト

昨夜の降雨で濡れた車はびっしりと凍っています。 真冬に戻ったような凍てつく朝でした。 耐寒性ライチは、ほとんど緑の葉がなくなってしまいました。 薄茶色に霜枯れた葉を見ますと、復活は無理かも知れません。 この冷え込みの中、遅咲きの梅「豊後」が開花しました。 気温が低いので昨日まで見られたみつばちの訪花も無いようです。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

柿の実生苗をポット上げしました

昨年、自家産の太秋と黒柿の種を春先に播種しました。 発芽は良好でして沢山の苗が育ちました。 播種後はほとんど放置したままでしたが、 太い苗はタバコくらいの台木となりました。 4月頃の居接ぎに向けて扱いやすいようにポット上げの実行です。 発芽の様子や育ち具合は2種に違いは無く、 ほとんど区別は出来ない苗となっています。…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

富山干し柿を頂戴しました

午後の8時前です。 宅配便が届きました。 富山名産の干し柿です。 越中・越の白柿と言うようです。 大きく粒よりの干し柿です。 送ってく下さった方は、 つい最近、趣味の果樹栽培が縁でメール連絡をさせて頂いている 富山県在住のOさん(仮称)からでした。 Oさんは私より少し年配ですが、 まだ忙しく働いており…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不完全甘柿の黒柿を収穫

今年の黒柿は例年になく大玉で喜んだのですが、 完熟前に実割れが多発で多くの実を失いました。 生らせ過ぎの影響でしょうか なかなか色付きが進まず、渋味も抜けない黒柿でした。 先日、落果していた一果は甘みがありましたので樹上の実を 試し取りしてみましたが渋くて食べられませんでした。 あれから丁度一週間たちましたが今日の樹…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ジャンボ王林と柿の太秋

今日も朝から下の畑ですごしました。 早朝の富士山はうっすらと雪が降った様子です。 最近はほとんど降雨もなくお湿りが欲しいところです。 平地の朝露が雪になったのでしょうか。 北日本は大荒れの天候とのことで、 当地も晴れですが西風が強く吹き荒れました。 沢山結実したリンゴの「ジャンボ王林」ですが、 名称とは裏…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

柿の居接ぎ、その後

春先に実施しました柿の高接ぎや居接ぎですが、 高接ぎの様子は時々アップしていましたが 少ない施術の居接ぎは忘れがちでした。 上の畑の「太秋」もようやく柿色に変化しだしています。 まだ完熟ではなかったので、 道路側で防鳥ネットを破って持って行かれた苦い経験から、 二重の保護ネットで樹全体を覆っておきました。 これで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほったらかしの下の畑の様子は・・その⑤

下の畑では本数の少ないのがリンゴ苗です。 今年の春先に沢山の開花が見られたのですが、 フジや王林、つがる系の受粉樹が無かった性か・・ 結実は僅かでした。 来春は受粉樹の高接ぎが課題となっています。 現在は「ぐんま名月」と「シナノゴールド」に多品種高接ぎした 2本を移植してあります。 「シナノゴールド」の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黒柿

大分秋めいてきましたし 2日前には富士山の初冠雪が見えました。 今日は久々の秋晴れで庭の果樹を見て回りました。 露地植えの小木ですが 柿の「黒柿」が斑に黒っぽく色付き出しました。 年々玉の太りが良くなってきたように思います。 特に摘果もしていませんが小木ながら樹が成長したと言うことでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柿の接木、その後は・・・

活着の状況確認では、まだ諦めるわけにはいきません。 柿の動き出しが極めて遅いのは承知していますが、 遅いです。 ようやくその気配を見せ始めた穂木も幾つか・・・。 失敗を覚悟の多数処理ですが、 だめ出しにはもう少し時間が掛かりそうです。 今年の結果は、最低限の品種確保が出来た感じです。 柿の「次郎」以外は全て露地…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実生、あれこれ・・

肌寒い3月の初めに柿のタネを播種しています。 我が家で収穫した「太秋」と「黒柿」のタネです。 柿の品種保存用の台木確保が播種の目的ですが、 発芽が遅いのが柿の特徴でしょうか。 昨年も老爺柿の実生を行いましたが、 発芽が遅くてヤキモキしました。 しかし、発芽率は大変良くて驚きました。 今年の食用柿の発芽もすこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

柿の台木が届きました

WAHRHEITさんのブログ記事にありました 柿の台木がやってきました。 あの嫁入り道具箱の荷姿でした。 早速、開けてみますと、 ブログの写真にありました柿の台木苗が全部はいっていました。 丁寧な梱包を解いて水揚げをしています。 ↓ 食用柿の台木3本と老爺柿が4本です。 箱にはまだ、何か入っています。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柿の接木(高接ぎ・割り接ぎ)

4月初旬の予定だった柿の接木ですが、 露地植え柿に芽の動きが見られましたので、 高接ぎを決行しました。 上の畑には露地植えの柿が5本在りますが、 4本に7品種の柿を高接ぎしました。 一本当たり3,4品種の穂木を割り接ぎで高接ぎしました。 昨年は、時期も早めで芽接ぎが主体でしたが、 今年は割り接ぎに限定し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

柿の播種など・・

朝方までの雨もあがりましたが、 風が冷たく8℃の気温です。 三寒四温とはよく言ったもので、 こうして次第に春めいていくのでしょうか。 今日は、昨年収穫した柿の種を播種してみました。 ↓ 太秋(丸い)と黒柿(細い)の2種を用いています(27粒)。 黒柿の種は所謂”柿のタネ”菓子の形です。 昨年も老爺柿…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more