テーマ:りんご

りんごの剪定:下の畑

落葉が遅れていた下の畑のりんご2本を剪定しました。 1/2本は「ぐんま名月」単独木で、 もう1本は「シナノゴールド」に多品種高接ぎしています。 剪定前の「ぐんま名月」と「シナノゴールド」です。 落葉し切っていませんが徒長枝を切り詰めました。 このぐんま名月には今春、「つがる」と「らくらくふじ」を高接ぎの予定です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

りんご「らくらくふじ」などの全収穫

今年のりんごは果樹栽培を始めてから最も小玉となり、 色付きも不調の年となりました。 少しでも色付きを増してやろうとここまで粘ってみましたが、 真っ赤になる様子はありませんでした。 余り長い時間実を付けていましても樹勢に影響しそうなので、 本日リンゴの全収穫となりました。 収穫直前の「らくらくふじ」の様子です。 東…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「新世界」や「選抜やたか」などの林檎接木苗

昨日当たりから富士山の雪景色が冬モードに変化してきました。 冷え込んだ朝の富士はくっきりと見えて、清々しさを感じます。 今朝7時前の富士山 今日は、今春実施した林檎の接木苗と昨年の苗に まだビニールポットに植えたままの苗もありましたので、 鉢増ししました。 今年の接木数は少なく、 3品種のみでした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

上の畑の林檎や梨は・・・

今年の林檎は梅雨時期に斑点落葉病が蔓延して、 葉は縮れて無残な状態です。 梅雨時でも防除は欠かせないと・・反省している次第です。 結実までは順調でしたので勿体ない事をしてしまいました。 無袋のりんごの様子を撮影してみました。 無袋で残したりんごは、 肥大モニターとして様子見には好都合です。 例年のように「ジャンボ王…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブドウなどの様子、..etc

欧州種ブドウは梅雨や長雨には弱いので せめて雨除け程度は・・と言う事で 簡易雨除けシート下での栽培です。 2種のブドウでは「リザマート」の方が「ビッテロビアンコ」より 元気で果房も良く着きます。 粒揃いとは縁遠い果房ですが、 賑わっている棚の下の「リザマート」です。 一方、何とも淋しい果房が「ビッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

上の畑でも袋掛け

上の畑の遅れていました袋掛け作業を始めました。 先週の土曜日から少しずつ進めています。 大鉢の桃(なつっこ・山吹大玉あかつき)を手始めに、 数の少ない梨やりんごも袋掛けが必要です。 「なつっこ」は袋掛けと並行して摘果も実施しています。 十分な大実を期待しています。 同じく大鉢植えの「山吹大玉あか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桃、りんごの摘果作業

今年の桃開花時期には蜜蜂の訪花が少なく、 例年は人工受粉をしたことがなかったのですが、 この春は梵天で撫で回しました。 その効果が出たのか否かは不明ですが、 良い感じで着果していました。 やや遅れ気味ですが、摘果作業を行いました。 毎年、良く実が付いています「なつっこ」は、 今年も良好な実付きでした。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

開花はしたものの・・(りんご)

昨日からの降雨は未だに収まらず、 庭先の桜桃の花はずぶ濡れで重く垂れ下がっています。 開花が進んでいますりんご類ですが、 この天候では虫の姿も少なく、 人工受粉もままなりません。 写真は4/21に撮影した開花の様子です。 (13品種) 例年では人工受粉をしなくても、 虫達によって自然に受粉されていました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

りんごの開花も始まりそうです

手持ち落葉果樹では一番晩生のりんごも 動きを開始したようです。 芽動きが感じられ出して久しいですが、 今日、今年の一番花を見つけました。 クラシックな「ゴールデンデリシャス」が 開花一番手となりました。 ↓ ご多分に漏れず、虫達の気配はなく こちらも栽培開始以来、 初の人工受粉での対応が必要な状況です。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

りんごの花芽確認

今日は、初めての試みとしまして、 現在栽培中のりんご品種(全29種)の花芽を撮影してみました。 幸いにも、昨年接ぎ木の幼苗にも花芽が着いていましたので、 手持ち品種の全てを撮影できました。 各品種の詳細は割愛させて頂きますが、 今後、開花・結実の様子と共にご紹介できればと思っています。 No.1 らくらくふじ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

りんご苗の鉢増し&M26苗の分離

2年前に高接ぎを主体に品種を増やしたりんごですが、 細めのM26台にも接木して養成していました。 ポリポットなどに植え付けていましたが、 僅かですが成長していましたので鉢増ししました。 ↓ 「こうとく」2本、「さんさ」2本、「ハックナイン」と「昂林」が各1本。 7号鉢に植え付けました。 花芽を付けた苗も見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リンゴの大鉢植え替え、まだ余裕だった

昨日のスモモの植え替えに続けて、 今日はりんごの大鉢の植え替えを行いました。 「ジャンボ王林」は栽培開始から16年経過し、 鉢植え5年目となります。 根詰まりが心配で、鉢増しを決行しました。 昨日と同じチェーンブロック活用で、 大鉢もなんのその・・。 ↓ 60L鉢から抜いてみますと、 意外や・・、まだ余裕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リンゴも最後の収穫です

今朝も8℃でしたが昨日の朝方は6℃と冷え込みました。 富士山の雪化粧がくっきりと望めました。 ↓ 晩生リンゴの「らくらくふじ」を収穫しました。 色付きが今一な感じですが、 これ以上の濃い赤は無理かも知れません。 ↓ 今年のらくらくふじは小玉です。 しかし、味は上出来のリンゴとなりました。 収穫し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

りんごの品種確保、接木のその後は・・

                  今年の春先(2/8)に実施した                  リンゴの品種確保を兼ねた接木は、                 夏頃に1本ダメにしてしまいましたが、                  残りはほぼ上手くいったようです。                    穂木交換で入手…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リンゴの収穫

暖かな陽気に誘われてリンゴを収穫しました。 「ジャンボ王林」全てと残っていた「シナノゴールド」、 ほとんど摘果して僅かに残った「ゴールデンデリシャス」、 まだ木に残っていた「アルプス乙女」などをもぎ取りました。 さらに、色付きもここまでかと判断して、 「あいかの香り」と「ぐんま名月」も2,3果ずつ収穫しました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台木養成:リンゴ編・・③

リンゴの台木の研究は進んでいるようです。 矮性台木の主要品種であるM系(M9,M26)が いろいろな品種の台木として使われています。 M系の欠点は挿木繁殖が出来ないことで、 挿木で繁殖が可能なJM系矮性台木の 出現には驚きました。 ウチではまだM26が主体的な状況です。 露地植えの「らくらくふじ」を鉢上げする時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来春の準備は・・②

先日収穫したばかりの梨ですが、 もう来春の花芽が確認できます。 今年が初生りの高接ぎ品種でしたので、 来年は本来の品種特性を発揮することを期待しています。 まだ実が付いている 「菊水」と「王秋」 ↓ 来年の花芽がはっきりと識別できます。 「豊水」、「楽山」、「ジャンボ新高」も 堅い花芽が見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のリンゴは色付きが良いです

朝晩の冷え込みがリンゴの色付きに 良い影響を及ぼしているようです。 当地のリンゴは、 色付き不良が当たり前の例年でしたが、 今年は明らかに異変です。 今年が初生りの「北紅」です。 これほど真っ赤なリンゴを収穫出来たのは、 早生種以外では珍しいです。 ↓ 黄色の「シナノゴールド」も色付きは良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴの季節に突入・・か

早生種のリンゴも一段落したようで、 いよいよ本格的なリンゴの季節に突入したようです。 気の性かも知れませんが、 今年の「アルプス乙女」の色付きは早いように感じます。 また、色付いた実の落果も早く、 既に4,5果の赤い実が落ちています。 ↓ 落果した実を見ますと、 特に傷みはありませんでした。 「秋…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リンゴの様子

早生種の「つがる」、「紅祝」、「阿波3号」が終わり、 晩生種の季節になろうとしています。 一時的に朝晩の涼しい日もありますが、 当地の寒暖の差は期待できる差とはなりません。 当然ながら”真っ赤なリンゴ”を夢見てはいませんが、 蜜入りのリンゴなんかを収穫してみたいものです。 例年では見映えはともかく、 当地で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

果樹たちの様子

貴重な一房が色付いていますが、 収穫時期の判断が付きかねています。 カタログ記載では8月中旬の収穫とあり、 見た目の色付きも良さそうな感じかと・・。 この「リザマート」は、 1,2日の内に収穫予定です。 ↓ 色付き始めた・・と前出ブログ記事ですが、 1日で急激な濃い色変化が・・。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プチ収穫物

朝晩は涼しさを感じられて 大分過ごしやすくなりましたが、 日中の果樹作業はまだまだ厳しいです。 ブドウ「藤稔」の残りを全収穫(数房)しました。 土地が合わないのでしょうか? 黒く色付きません。 ↓ コガネムシが葉を食い荒らしています。 放って置きますと葉が無くなりそうなので 収穫後に農薬散布です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

リンゴの様子

8月3日ブログ画像1枚目の「つがる」は、 昨日落果していました。 玉全体に良い色に成ってきた矢先のことです。 分かっていることなんですが、 転がっていますとガッカリしますね。 ↓ もう少し赤味が増していたら完熟果なんですが、 これ以上は樹上に止まることを許してくれません。 比較的上玉の1果ですが、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

早生リンゴの2品種

当地の梅雨明けが発表されました。 朝から、強い日射しがいっぱいでした。 落果が始まった「つがる」ですが、 その後、落ちる実もなく色付きが進んでいます。 保護袋を外して見ました。 ↓ 玉全体に赤味が広がっています。 各玉の色付きには差が見られ、 青いままの玉も多くあります。 ↓ 早…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リンゴ「つがる」の落果が始まりました

リンゴの津軽は、 収穫期に落果し易い品種で、 落果防止剤の使用も知られています。 何の対策もしていない当園の「つがる」ですが、 落果が始まったようです。 ↓ まだ、2果ですがどこで落ち止まりとなるやら・・。 落ちた1果は、小玉ですが色付きが始まっていました。 もう少し色付きが良ければ、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早生リンゴの「つがる」など・・

まだ梅雨も明けていないのに、 リンゴの話題で恐縮です。 早生種リンゴの「つがる」の様子ですが、 今年は一重袋で袋掛けしましたので 色付きの様子が透けて見えます。 25リットル鉢植えの「つがる」の実は、 まだまだ青リンゴですが、 よく見ますとうっすらと色付き出しています。 ↓ この木で十数個の実が付…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リンゴの袋掛けを行いました

20品種程度のリンゴの枝に、 膨らみを増した幼果が確認できましたので、 袋掛けを実施しました。 アルプス乙女は小果で数が多いので、 袋掛けはしませんでした。 品種によっては、多少小さめの幼果もありますが、 一気に袋掛けを実施です。   果梗の短い幼果に無理矢理の袋掛けで、 何個も落としてしまいまし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

リンゴが結実しました

連休の5月5日からずーっと雨が降り続いてまして、 一寸の止み間にリンゴの様子を見回りました。 しっかり降り続いて、肌寒い日が続きました。 果樹は久々の長雨に濡れて、 生き生きとしていました。 着果率が悪い「紅玉」ですが、 今年は何とか結実しています。 ↓ 昨年の高接ぎ品種の「あいかの香り…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

リンゴの開花

落葉果樹開花も大詰めになりましたが、 りんごの開花が始まっています。 昨年「アルプス乙女」や「らくらくふじ」に高接ぎした品種にも 花芽が付き、開花しています。   自然受粉に任せていますが、 多品種栽培の利点として、 受粉相性は心配ないと思います。   昨年高接ぎの「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

りんごの花芽

リンゴの新芽がジワジワッと動き出しました。 昨年の高接ぎ品種にも花芽がチラホラと・・。 定番の「アルプス乙女」の花芽は蕾が出しゃばりませんので 新芽が開き伸び出さないと見えません。 他のリンゴの花芽と違いますね。 ↓   昨年の高接ぎ品種「あいかの香り」と「秋映」 数は少ないですが、花…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more