テーマ:キウイ

久しぶりの陽射しです

ほぼ3日続きの雨降りで、 久々の陽射しは有り難いです。 急激な温度上昇で新葉が萎れてしまいます。 果樹の様子を観察して廻りました。 キウイの「香緑」の花盛りでしたが長雨では、 受粉もままならずイライラの日々でした。 晴れてみますと早速受粉昆虫の訪花で助かりました。 香緑の受粉樹「APメール」には、 足に一…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香緑キウイが開花し出しました

今日も午後から雨模様でしたので、 早朝の観察となりました。 昨日の雨で濡れたキウイでしたが、 晩生の「香緑」が開花を始めていました。 蕾も大きかったので花も大輪でした。 さて、香緑の専用雄木としての「APメール」は?・・と言いますと、 同期したかのように今日が開花初めとなりました。 自然の妙には驚…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

下の畑のキウイ

昨年植え付けたばかりのキウイ苗ですが、 蕾が付いた品種もありましたので、 収穫の真似事は出来るかも知れません。 雌品種は、「ゴールドエンペラー」、「香緑」、「紀州ゴールド」、 「レインボーレッド」、「黄肉系大実種」、「紅美人」、「紫香」、 「ベビーキウイ」、「一才サルナシ」などを植え付けて有ります。 雄品種は、「孫…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

上の畑のキウイの様子

今日は市内在住のKさんのご訪問がありました。 日本みつばちの見学とのメールでしたが、 まだ捕獲できていないと言うことで、 梅の接ぎ木などでの果樹を見学希望となりました。 昨日から「アップルキウイ」の開花が始まりました。 同じタイミングで雄木の「孫悟空」も開花が始まりました。 全く蕾が付かなかった「ゴールドエンペラー」…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

キウイの「紅妃」が開花し出していました

恐らく2,3日前から咲き出した様な キウイの「紅妃」の開花を見つけました。 下の畑で防鳥ネット張りに熱中している間の 紅妃の開花だったようです。 幸い雄木の「早雄」は 1週花ほど前から開花していましたので安心です。 普段見慣れているキウイの雌花と違って「紅妃」の花は 小玉キウイ故か、花柱と柱頭と子房と見える筈…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

上の畑のキウイ棚

昨夜の荒れ模様から一変して晴天ですが、 今日も強風が吹き付けて さくらんぼの短果枝が千切れて飛んでいました。 貴重な花穂を・・勘弁して欲しいです。 気温は20度を超して暖かい日です。 この陽気でキウイの葉も元気に伸び出しています。   この棚の周囲には雌雄の異株が高接ぎを含めて 9品種ほど絡み合っています…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

動き出した様な接ぎ木キウイの芽

昨日の当地の気温は4月の陽気でしたが 今朝は予報と違って肌寒い曇り空となっています。 そんな寒暖の繰り返しの日々が続いていますが、 1月20日に施術しましたキウイの居接ぎや高接ぎの穂木には、 僅かながら芽動きが始まった様に感じます。 動き出しには品種間に違いが生じているようですが、 基本的には早生種のキウイの穂木が早…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年最初の梅・接ぎ木作業です

曇りがちな天気で肌寒い一日でしたが、 昨日のキウイ接ぎ木の続きと梅2品種を接ぎ木しました。 昨年の梅接ぎ木成績を見ますと、 居接ぎは全て活着しましたが高接ぎは1/3と不調でした。 接ぎ木技術の未熟さもさることながら 穂木の選別眼も重要では無いかと・・思ったりしています。 今日の2品種は1年枝で太さも理想的な穂を提供し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キウイの接ぎ木を始めました

キウイの接ぎ木時期の適期は水揚げが始まる前の 1月中に接ぐのがよいようです。 昨年は少し遅れて2月初旬でしたが活着率は良好でした。 しかし、発芽後の遅霜で大半の穂木は霜枯れてしまいました。 今年は、この苦い経験を生かして 持ち運び可能なポット植え台木を用意しました。 いざという時は、簡易温室などへ避難させます。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

キウイ挿木苗のポット上げ

昨年の春先に挿木したキウイがまだプランターに挿したままでした。 1月末には今年の接ぎ木が始まろうとしているこの時期ですが、 使えそうな発根済み挿木苗をポット上げして、 今春の接木台にしようかと思います。 挿穂は自前実生の「さぬきゴールド」と実生「香緑」の穂になります。 その他に「A.P.メール」3本、「孫悟空」1本の雄木が…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

キウイの移植・完了(下の畑)

昨日は上の畑でキウイ棚の剪定作業でしたが、 今日は下の畑のキウイも落葉したので 残りの2本を移植しました。 午前中は先日剪定したブドウの枝と昨日のキウイ剪定枝を 粉砕機でチップにしました。 今回のチップ量は結構な量ですので、 暫く放置した後、BB圃場に敷く予定です。 さて、剪定枝が片付いたのでキウイ棚中央に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キウイ棚の剪定(上の畑)

落葉が遅れていました上の畑のキウイですが、 ここ3,4日の降霜によって霜枯れました。 やっと剪定できるようになりました。 防鳥ネットまで伸びた蔓が絡みつき、 剪定よりもこの蔓を外すのが一仕事になりそうです。 剪定前のキウイ棚は品種見本棚だけに、 狭い棚なのに8種類の雌雄キウイ苗がひしめき合っています。 夏場に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

欧州種ブドウの撤退

上の畑内に有ります小型ブドウ棚には欧州種の 「ビッテロビアンコ」と「リザマート」を植え付けていました。 樹は出来たのですが良い実が付きにくい(特にビッテロビアンコ) 事やスリップスに弱いなどで美味しいブドウとは程遠いです。 今回の剪定で枝を切り異品種の高接ぎで更新しようかと思います。 葉も黄色く紅葉し落葉が始まりましたので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キウイの2品種を移植しました

午前中は肌寒い冬日でしたので年賀状の印刷で時間をつぶし、 天気が良くなった午後から下の畑に出かけました。 2日続きの降霜でしたがキウイの葉はまだ残っていました。 小木の2品種(ゴールドエンペラーと早咲き系雄木)は、 ほぼ霜枯れた様子でしたので移植を決行しました。 まだ青葉の残る「香緑」と「黄肉系大実種」は もう少し葉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今季の初霜です

昨日は寒くて、一日中炬燵でパソコン相手に 年賀状の準備で怠けてました。 今日は今シーズン一番の冷え込みで初霜となりました。 幸い天気はよいので下の畑の見回りや 防鳥ネット用のエクセル線を張り巡らせたりで過ごしました。 下の畑の方が霜は激しく降りていました。 家の庭では降霜はなく車のウィンドウで霜が降りたのを知りまし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「紅美人」が届きました

紅芯キウイの「紅美人:クレナイビジン」が届きました。 一緒に黄肉系キウイの「紀州ゴールド」も導入してみました。 初めてお世話になる園芸ショップさんからの導入になります。 根鉢を水洗いして見ますと、 まずまずの根量で良い苗の部類と感じました。 午前中いっぱい水揚げ後、 早速下の畑に植え付けました。 丁度良…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

落葉待ちのキウイの様子

下の畑のキウイ棚の下には、 植え付け位置補正が必要なキウイ苗が移植待ち状態です。 おそらく初霜が降りないと落葉しそうもないキウイ苗です。 上の畑では、紅芯系キウイ苗(紅妃、レインボーレッド)や 各種の雄木(A.P.メール、孫悟空、早雄など)の養成苗が 移植に向けて落葉を待っている状況です。 上の畑のキウイ棚は狭い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

実生キウイの様子

今年の4月に播種したキウイの実生苗は、 7月に一部の苗を下の畑の圃場に植え付けていました。 残った実生苗は少し有効利用しましょうとポット上げしてみました。 発芽後はズッと同じ鉢でしたので7月からほとんど成長は見られず、 か弱い苗になっていました。 半分程抜いて根鉢のしっかりした苗を3号ポットに植え付けました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キウイフルーツの「紫香」

下の畑でブドウ苗を植え付けていましたら、 ”こんちは”っと、訪問者が・・。 ”紫香を収穫したので、持ってきました・・”と キウイ栽培家の佐野さんです。 家は家内も出かけていましたので留守宅でしたが、 推察力‥よろしく、下の畑まで届けてくれました。 糖度高く、皮ごと食べられる「紫香」です。 樹上で柔らかくな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

キウイ棚の整備と収穫

昨日から下の畑のキウイ棚の棚受け張りを進めています。 エスター線を使って50~60cm間隔の格子目に棚受けを張りました。 革製手袋を填めての作業でしたがエスター線の張りを良くする為に 力一杯の引き作業で右手は腫れてしまいました。 この棚受けの設置でようやくキウイ棚も機能しそうです。 作業は丸一日間も掛かりました。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ジャンボ王林と柿の太秋

今日も朝から下の畑ですごしました。 早朝の富士山はうっすらと雪が降った様子です。 最近はほとんど降雨もなくお湿りが欲しいところです。 平地の朝露が雪になったのでしょうか。 北日本は大荒れの天候とのことで、 当地も晴れですが西風が強く吹き荒れました。 沢山結実したリンゴの「ジャンボ王林」ですが、 名称とは裏…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ほったらかしの下の畑の様子は・・その⑤

下の畑では本数の少ないのがリンゴ苗です。 今年の春先に沢山の開花が見られたのですが、 フジや王林、つがる系の受粉樹が無かった性か・・ 結実は僅かでした。 来春は受粉樹の高接ぎが課題となっています。 現在は「ぐんま名月」と「シナノゴールド」に多品種高接ぎした 2本を移植してあります。 「シナノゴールド」の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キウイ実生苗の植え付け・・など

4月初旬に播種した緑果系キウイの実生苗が 播き床一杯になってきましたので半分程度の苗を 下の畑圃場に植え付ける事にしました。 シャベルで大凡半分を掘り出して小型プランターに移し替えました。 結果的には100本程度の苗がありました。 4/3播種 苗に大小は見られましたが、根はしっかり着いていましたので 活着に問…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

キウイ棚の組み立て(下の畑)

来年あたりには準備しないと木が成長してしまいそうな 下の畑に植え付けたキウイ各品種でした。 思いがけなくプロ用の中古単管パイプが手に入り、 2日掛かりで骨組みを組み立てました。 重い木槌を振り下ろしながら 約1m程度の打ち込みした短めのパイプに ジョイントで2m以上の単管をつなげて柱(12本)としました。 年よ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

果樹あれこれ・・

このところ、ブログ更新意欲が減退気味です。 皆さんのブログ巡りも滞り気味で・・ 今日は、雨降りの一日となりました。 計画通りであれば、さくらんぼ置き場には 雨除けシートが展張されている時期なんですが、 今年の結実状況ではその気にもなりません。 雨に打たれた「紅さやか」が、 やけに良い色になってきました。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

実生、あれこれ・・

肌寒い3月の初めに柿のタネを播種しています。 我が家で収穫した「太秋」と「黒柿」のタネです。 柿の品種保存用の台木確保が播種の目的ですが、 発芽が遅いのが柿の特徴でしょうか。 昨年も老爺柿の実生を行いましたが、 発芽が遅くてヤキモキしました。 しかし、発芽率は大変良くて驚きました。 今年の食用柿の発芽もすこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

下の畑の梨など・・

会社時代からの仲間である土井さんが 旬のタケノコを持ってきてくれた。 昨日、NHKの朝番組でタケノコ掘りと 食べ方を見ていて、 冗談半分に「土井さん、持ってきてくれないかなぁ」。 その日の午後のことでした・・・。 早速、夕食はタケノコご飯と煮付けに タケノコの刺身を味わわせて頂きました。 “土井さんご馳走様…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

無念・残念、遅霜被害

昨日の午後は、3月下旬なのに雪が降り 夜半からの冷え込みと強風で 今朝は-0.5℃で遅霜が降りました。 昨日の夕方には霙混じりの中で 接木キウイの穂に 外してあった保湿袋をかけ直しました。 しかし、自然の猛威には為す術もありません。 遅霜被害は多大なものとなりました。 新芽が気持ちよく伸びていました サ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

嵐の後の静かな日和で・・

時折吹き抜ける風は穏やかで、 昨日の強風とは大違いです。 明日はまた下り坂の予報です。 果樹達に強風被害は無かった模様です。 早生種の桃の開花が始まったようです。 白鳳として購入したものの品種違いのこの桃は、 昨年あたりから甘みが増しています。 今年の再現が楽しみです。 ↓ ポピュラーな「白鳳」や…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

キウイ、ブドウの挿木

庭のキウイやブドウの様子を観察していますと、 新芽の動きが始まっています。 キウイでは、接ぎ穂の芽が伸び出しており、 ブドウでは昨年の挿木苗で新芽が伸び出していました。 当初、4月になってから実施の予定だった キウイやブドウの挿木を前倒しで実施しました。 キウイの挿木は主に台木用として挿しています。 一部、接木の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more