テーマ:イチジク

イチジク5種の経過

今春、鉢増しした「ロンドボーデックス」は、 まだ緑のままで一向に色変化は見られません。 実も膨らみを増す気配はなく、 ダンマリの状態が続いています。 ↓ 色付きは赤から黒く変化し、 完熟となるようですが、 まだ先のようです。 昨年の「ヌアールドカロン」は8月末の収穫でした。 こちらも完熟果は外皮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イチジクなどの挿木の鉢上げ

3月1日に挿木したイチジクと豆梨の鉢上げ実施です。 この時、「キング」の接木も行っていました。 葉の展葉も順調そうで明日から雨模様の予報。 鉢上げには好都合の気象条件・・・かと(6/29)。 発根状況はまずまずと言ったところです。 イチジクは今春、四日市市のKさんとの 穂木交換で入手の「キング」、 栽培中の「ロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチジクの秋果

先日、ビオレ-ソリエスの鉢増しをしようと、 木を持つと鉢と木が分離してしまいました。 なんと、 僅かな横根一本で生長・結実していました。 この横根も持ち上げた際に千切れました。 沢山実が付いていたのに勿体ない不注意でした。 こちらも鉢増しした「ロンドボーデックス」。 激甘イチジクとのことで、その甘さが楽しみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この時期の果実、いろいろ・・

梅雨空は今しばらく続きそうな予想ですが、しばしの晴れ間に果樹達の現状を撮影しました。 イチジクの春先に付いた果実は、夏果と言うようですが「ドーフィン」の夏果を収穫しました。木には既に秋果がいっぱい付いています。 「バナーネ」も同様に、夏果が収穫間近となっています。   スモモは、「大石早生」、「プラム井上」…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

イチジクの春果

イチジクの中には春と秋に収穫できる品種があるようです。 ポピュラーな「ドーフィン」は、剪定の時に昨年枝を残しますと春果が着きます。「ホワイトゼノア」や「バナーネ」も同様のようです。 ドーフィンとバナーネは露地植えで栽培していますが、防鳥網の中でも毎年コガネムシの食害が激しくて困ります。 「バナーネ」は、大果で知られ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more