テーマ:ナシ

上の畑の林檎や梨は・・・

今年の林檎は梅雨時期に斑点落葉病が蔓延して、 葉は縮れて無残な状態です。 梅雨時でも防除は欠かせないと・・反省している次第です。 結実までは順調でしたので勿体ない事をしてしまいました。 無袋のりんごの様子を撮影してみました。 無袋で残したりんごは、 肥大モニターとして様子見には好都合です。 例年のように「ジャンボ王…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下の畑:袋掛けや獣対策

下の畑には鹿が出没している事は既に紹介済みですが、 いよいよ食害が出てしまいました。 ここの鹿は悪戯をしないイイヤツかと思い始めた矢先の事です。 植え付けた桜桃の葉を食べ尽くし、 先日移植したての「桜桃接木1年苗」の一部でも、 新梢の葉が無くなっていました。 露地植え試験苗として接木3年生の「夢あかり」でしたが、…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

果樹作業あれこれ

昨年挿し木したブドウ苗がポットで展葉しています。 置き場所も少ない事から、日陰栽培に追いやられています。 苗の養成を兼ねて下の畑で1年間栽培してみます。 3月に鉢増しした苗はそのまま残して、 6号ポットの苗の一部を露地植えにしてみました。 ↓ 天気予報では、 明日から明後日に掛けて降雨がありそうとの事、 乾…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

下の畑(野菜用地確保)

今日も朝から良い天気でした。 明日はまた雨になる予報で、 畑地の耕作には打ってつけの日となりました。 下の畑植栽はほぼ完了していましたが、 ブドウの植栽予定地を臨時畑地と変更しました。 ↓ 臨時畑地1は、獣防護ネットを張り巡らせて、 畑地2はトウモロコシをまく予定地となります。 朝から鍬を持って出かけま…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

下の畑の梨など・・

会社時代からの仲間である土井さんが 旬のタケノコを持ってきてくれた。 昨日、NHKの朝番組でタケノコ掘りと 食べ方を見ていて、 冗談半分に「土井さん、持ってきてくれないかなぁ」。 その日の午後のことでした・・・。 早速、夕食はタケノコご飯と煮付けに タケノコの刺身を味わわせて頂きました。 “土井さんご馳走様…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梨類の接木、その後は・・

今年の梨類の接木は、 品種が少なくて接木箇所も多くありませんでした。 新入りの穂木としまして、 和梨の「あきづき」、「なつしずく」、「八達」と 洋ナシの「バートレット」、「ル・レクチェ」です。 保険苗作成として 「幸水」、「マリゲリットマリーラ」、「コミス」の居接ぎを行いました。 上の畑の梨類は、 露地植…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梨や桃、すももの様子(下の畑)

久しぶりの晴れの日を有効に過ごしたいです。 新芽が動き出しています下の畑の果樹に、 予防的に殺菌剤・殺虫剤を散布しました。 下の畑には洋ナシ・和梨を5本植え付けてありますが、 「ジャンボ新高」と「豊水」の花芽が弾けていました。 ↓ J新高に高接ぎの「にっこり」も同様な蕾の様子です。 ↓ 洋ナ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

花芽や蕾の様子(下の畑)

カメラ片手に下の畑を巡回しました。 早くもこぼれ落ちた雑草のタネから発芽が見られます。 しばらくは、雑草との戦いが続きそうで 一段落するまで手を抜けません。 天候を見計らって除草剤散布の予定です。 果樹を見回りましたが、 特に異変もなく花芽や蕾は順調そうです。 スモモの「秋姫」の親木には、 高接ぎ枝より密度の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナシ・プラム類のバックアップ苗更新

ようやく暖かい天候になってきました。 畑の日陰の土中に保存している穂木を掘り起こし、 スモモ以外のプラム類と梨類の接木を行いました。 プラム類では、アンズの「平和」への高接ぎで 2品種(信州大実とゴールドコット)を追加しました。 ↓ この平和には既にハーコットを接いでありましたので、 上手く活着しますと1本で4種…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

多品種高接ぎ梨の花芽は・・

上の畑にあった梨類の鉢植え苗は、 全て下の畑に移植しています。 現在、上の畑の残る梨類は、 露地植えの「ラフランス」が1本のみとなりました。 1本とは淋しい話ですが、 意外と樹上は賑やかなんです。 このラ・フランスには現時点で16品種の高接ぎ穂木が活着しています。 1品種は成長が遅くて花芽の確認が出来ませんでした…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

コルト苗の鉢増し

コルト台に接木された「月山錦」の鉢底から派生した コルトの根から新梢が伸びたのを、 1年間養成しました。 挿木のコルト苗もあるのですが、 この苗も春先の台木として無駄に出来ません。 8号鉢で良く伸びています。 3本の台木が確保できそうです。 ↓ 既にひこばえも2,3本見られます。 3本に分…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

付いています、梨の花芽

鉢植え果樹の中で、 露地植えした場合との差が大きい種類は、 梨やぶどうが顕著ではないかと感じています。 鉢植えの場合、 実や房の大きさは、 いくら摘果・摘房して調整しても差が出てしまいます。 それを承知の鉢栽培ですが、 大玉系の梨栽培では、 露地栽培の強みをひしひしと感じる今日この頃です。 大実系の「ジャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹の準備状況は・・? ③

穏やかな土曜の昼下がりです。 少し眩しい日射しを感じながら、 花芽を観察しました。 梨類(和梨・洋梨)にも来春の準備は出来ているようです。 単体鉢植えの「豊水」と「ジャンボ新高」には、 大きな花芽が着いています。 ↓ 苗木購入後10号鉢で栽培中の洋梨(カルフォルニア、 オーロラ、ゼネラルクラー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今日の収穫物は・・

収穫物が日増しに減少するのは寂しい限りです。 残る僅かな果実を少しずつ収穫して味わえるのは、 家庭果樹の醍醐味でもありますね。 本日の収穫物は3種(柿・梨・イチジク)、 5品種となります。 ↓ 小玉ですが、味はまあまあの出来だと思います。 和梨・洋梨で最後の1果となった「王秋」は、 1/2果が落下せず残…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

台木養成:ナシ編+α・・④

昔、雑木盆栽に填っていた頃、 満州豆梨の木を見た記憶があります。 梨類(和梨・洋梨)の台木は山梨や豆梨が使われます。 意識して探してみましたが、 意外と見つかりませんでした。 洋梨を3種ほど購入した際、 台木の根を切り詰めて10号鉢に植え付けました。 切った根は、翌春根伏せで発芽しました。 この根…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

来春の準備は・・②

先日収穫したばかりの梨ですが、 もう来春の花芽が確認できます。 今年が初生りの高接ぎ品種でしたので、 来年は本来の品種特性を発揮することを期待しています。 まだ実が付いている 「菊水」と「王秋」 ↓ 来年の花芽がはっきりと識別できます。 「豊水」、「楽山」、「ジャンボ新高」も 堅い花芽が見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他の梨は・・。

幸水や豊水の収穫が終わり、 晩生の梨の収穫待ちとなっています。 高接ぎの初生り品種「にっこり」は、 たった1果の貴重梨でしたが、 果重オーバーで枝折れです。 ↓ 10月が収穫時期のにっこりでしたが、 来年までお預けとなってしまいました。 イイ感じの生長でしたので残念です。 ↓ 「王秋」も高…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

僅かですが「豊水」を収穫しました

ここまでに残った実は、 僅かに5果となっていました。 どうやら、梨の「豊水」が完熟となったようです。 不揃いの玉ですが色はままです。 ↓ 小さめの豊水を食べてみましたが、 ジューシーで柔らかい果肉で、 甘みも十分でした。 不揃いな中でも、 見栄えの良い玉もありました。 ↓ 幸水に近い味わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

果樹たちの様子

貴重な一房が色付いていますが、 収穫時期の判断が付きかねています。 カタログ記載では8月中旬の収穫とあり、 見た目の色付きも良さそうな感じかと・・。 この「リザマート」は、 1,2日の内に収穫予定です。 ↓ 色付き始めた・・と前出ブログ記事ですが、 1日で急激な濃い色変化が・・。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梨類の様子

当地の富士梨は夏の味覚の一つで、 品種は「幸水」、ジューシーで甘い梨です。 今年も頂き物の4Lサイズを味わうことが出来ました。 ↓ こんな梨を収穫してみたいですね市販品。 さて、我が家の梨はと言いますと・・ ・ 鉢栽培中の「ジャンボ新高」と「豊水」には、 数果ずつ小さな実が付いています。   …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イチジクなどの挿木の鉢上げ

3月1日に挿木したイチジクと豆梨の鉢上げ実施です。 この時、「キング」の接木も行っていました。 葉の展葉も順調そうで明日から雨模様の予報。 鉢上げには好都合の気象条件・・・かと(6/29)。 発根状況はまずまずと言ったところです。 イチジクは今春、四日市市のKさんとの 穂木交換で入手の「キング」、 栽培中の「ロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨の袋掛け

結実数は少ないですが、 和梨・洋ナシの袋掛けを行いました。 赤星病、黒星病の品種もありましたので、 アンビルFを散布してから袋掛けしました。 鉢植えの「ジャンボ新高」と「豊水」は、 それぞれ数果ずつ残しました。 ↓ この2種には、発病はありませんでした。 露地植えのラ・フランスに高接ぎの 「にっこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梨の受粉跡

梨の開花が始まっていますが、 ミツバチなどの虫によって受粉が完了したようです。 ぷっくりと子房の膨らみが分かるようになり、 受粉が確認できました。 2年ぶりに収穫したい 「ジャンボ新高」 ↓ 昨年ラ・フランスに高接ぎした 「幸水」です。 1,2果の収穫を目指したい。 ↓…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1週間後の梨は・・

3/22から僅か1週間で、梨は大きく動いています。 今週は、まだ梨の様子を見ていませんが、 ここにある写真の蕾は、 咲き出しているかも知れません(3/28撮影)。 今年、ラ・フランスに高接ぎの梨の穂木も、 新芽が気持ちよく伸びています。 今年の高接ぎ「にっこり」も、 活着しそうな新芽の伸長です。 ↓ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨の様子

鉢栽培の「豊水」と「ジャンボ新高」に花芽の動きが見られます。 昨年の高接ぎ品種にも、花芽が付いています。     瑞々しく美味しい梨は好きなんですが、 なかなか自前の収穫果では満足できるモノはないです。   一応、コンスタントに結実・収穫は出来るところまでは来ていますが、 出来映えか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨の台木養成

数多い果樹の中で、梨の台木は入手しにくい一つです。 梨の接木には「豆梨」や「満州豆梨」が台木として使われています。 豆梨が入手出来れば、 実から種を取って実生苗を作れますが、 いざ入手をしたいと探しても、 簡単には見つかりません。 ; 手っ取り早いところで、 一昨年の暮れに購入した洋ナシから台木の太根を切…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨の接木 第1、続けて第2弾

梨の芽接ぎや接木の台木は、 露地植えの洋ナシの1本がメインになります。 他に、鉢植えの「豊水」と「ジャンボ新高」が有りますが、 台木としてはまだ貧弱です。 ・ ・ 梨苗の台木は、豆梨などが使われていますが、 手持ちの台木はまだ小さい苗です。 ・ もう暫くは、品種維持の台木として 露地植…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

露地植えラ・フランスの大剪定?

用意した道具、剪定ばさみ・ノコギリ・脚立・・・。 さぁ~、切るぞ! 2年ぶりの大幅な剪定を敢行しました。 ラ・フランスは、ひょろひょろ伸びた枝の先端や短果枝に花芽が良く付きますので、 今回の剪定後の結実は期待出来ません。 目的は、ナシ類(洋ナシ・和梨)の台木として整形する・・ことです。 まだ、落葉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

果樹園は春爛漫 フンフン♪

庭は果樹の開花で、春たけなわです。 花が咲いて、やがて実が付き・・・。 今年一番手の結実は、梅の「南高」でしたが二番手に「暖地桜桃」が結実しました。 梨の「ジャンボ新高」や「豊水」の開花も始まりそうです。 今日は、遅れていました殺菌剤と殺虫剤の散布をやっと行うことが出来ました。 すもも、梨、プルーンに「トリフミン」の2000倍…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more