梨「八雲」と桃「西王母」の話題

今日は定期的な通院日で留守にしていましたら、

宅配の不在通知が郵便受けに・・。

届いた荷物は山形・村山でも珍しい青ナシ「八雲」のお裾分けです。



桜桃栽培でお世話になっているS.F.Takaさんが、

サクランボ以外の果樹で手塩に掛けて栽培しているのが

この「八雲」です。



昨年は摘果が効いて大玉八雲を頂戴していましたが、

今年は量産を目論んだ摘果を施して、

豊産ながらカタログサイズの200g~250gはクリアーのようです。

yakumo0903c1

山形は晴天続きで糖度も高めの梨に仕上がったようです。

ただ今、冷蔵庫で冷やしています。




先約の収獲があって残り果の大玉はカラスに突かれて小玉しか・・

と恐縮のS.F.Takaさんでしたが十分上玉でした。

yakumo0903c2



S.F.Taka様、ありがとうございます。



*************************************



今朝方、日本一の果実さんのブログで西王母が話題に・・

さて、我が家の西王母は大丈夫かしらと、

下の畑1に行ってみました。



急に傷み果が目立ちだしていました。

ここ3,4日の降雨も影響したんでしょうか。

seiobo0903c1

傷み果だけを集めてみますと20果近くありました。



まだ、青く固い桃です。



ほとんど畑に捨ててきましたが、

傷みカ所の少ない2,3果を持ち帰り果重を見ますと

500g台になった果実もありました。

seiobo0903c4



晩生種の宿命でしょうか。

病害虫の影響が長きに渡って出やすいです。

収穫適期が9月の20日過ぎ頃でしょう。



後、何度かの農薬散布は欠かせないかも知れません。

seiobo0903c3



何とかまともな完熟果を1,2個残したいところです。

seiobo0903c2

明日辺り、殺菌剤を散布してこようかと考えています。





・・



"梨「八雲」と桃「西王母」の話題" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント