下の畑1に残る果樹は・・

昨日は1ヶ月ぶりの降雨で乾ききった畑地には幾らかの潤いです。

今日も降るとの予報に期待していましたがカンカン照りの猛暑です。



小木の果樹苗が日照りで枯れ苗も出ていた下の畑1です。

残る果樹も少なくなりました。



今年の次郎柿は病虫害駆除に努めた性か、

何とか収獲果も残りそうです。

jiro0812c1

昨年は柿のへタムシ被害で全滅でしたので、

現時点で残ったこれらの柿は色付きを見たいところです。



次郎に高接ぎの「甘百目」にも2果が残っていました。

amahyaku0812c1

他の3種ほどの高接ぎ枝には結実果は見あたりません。



この時期、

下の畑1での休憩時には貴重な日陰を提供してくれる次郎柿です。

jiro0812c2

この木陰で飲むよく冷えた水は元気の源です。



昨年豊作だった「カリン」は4果ほどが肥大して来ました。

karin0812c1



初生りの「マルメロ」の2果は猿の侵入時にやられました。

スモモやモモの被害も多大でしたが、

「黄ららのきわみ」と「西王母」は何とか残っています。

まだ固い青玉であったのが幸いしたかも知れません。



モニター用の無袋西王母は綺麗なままです。

seioubo0812c1



猿の侵入時に2,3果やられましたが、

まだ十分な数が残っています。

seioubo0812c2

引き続き防虫害駆除に努めようと思います。



夏季の剪定が影響して花芽が少なかった「黄ららのきわみ」ですが、

小さな固い桃が2果残っています。

kirara0812c1

それにしても小さな玉です(^_^)。



放任栽培中のブドウにも少し房が付き、

色付きが始まっています。



イチジクの秋果も順調そうに見えますが、

カミキリ被害には注意しながら幹周りをチェックしています。



今年は桜桃台木の種類を若干増やして、

露地・鉢・ジョイント用と使い分けていこうと考えています。

ジョイント用には青葉か中国実桜台を使ってみましょう・・

と言うことで挿木苗を圃場で養成しています。

outoudai0812c1

昨日の降雨で息を吹き返していました。

もう少しまとまった雨が欲しいところです。





・・



"下の畑1に残る果樹は・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント