キウイの緑枝接ぎ・・など

下の畑1で今春実施のキウイの居接ぎ苗は、

既に成功苗は移植しましたが、

挿木苗は圃場確保が遅れてまだプランターです。



そんな苗の品種を見ていますと、

黄肉系の雄木が少ない感じでしたので、

緑枝接ぎで苗の確保を図っていました。



実施日は6月28日でした。

展葉に差はありますが活着しそうな雄木達です。

rokey0719c1

台木は、

プランターに植え付けてあった何年か前の実生苗です。



同じプランターの台木に今春居接ぎの「紅美人」です。

kurenai0719c1



これも同じプランターの「レインボーレッド」です。

rainbored0719c1



今春居接ぎの「早雄」と「孫悟空」は、

植え替えが必要ですが、

緑枝接ぎの「孫悟空」は危なそうです。

so_go_son0719c1



露地植えしてあった実生苗に緑枝を接いでいます。

展葉に勢いを感じます。

ro_son0719c1

黄肉系雄木は

最低限の2本ずつは確保できそうです。



この「孫悟空」は芽動きが遅かった1本ですが、

勢いはありそうです。

今春居接ぎの「紀州ゴールド」は、

細い蔓を隣の柿の木に伸ばしていました。

so_son0719c1



高接ぎで2,3カ所緑枝接ぎも行っていますが、

良さそうな芽動きの穂木もあるようです。

当初の目標は達成できそうです。



昨日、下の畑1で袋内落下の「おどろき」を見つけました。

収穫時期は8月下旬頃ですが、

既にカタログサイズでした。

odoroki0718c1




大玉になるらしい「田上姫」は今年も小玉ばかりで、

袋内落下が激しいです。

カタログサイズでは400gとのことですが、

精々300g程度かも・・。

tagami0718c1

あかつき系の大玉選抜で期待の品種ですが、

まだ正体が見えません。

豊産性のようです。





・・



"キウイの緑枝接ぎ・・など" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント