実生、あれこれ・・

肌寒い3月の初めに柿のタネを播種しています。

我が家で収穫した「太秋」と「黒柿」のタネです。



柿の品種保存用の台木確保が播種の目的ですが、

発芽が遅いのが柿の特徴でしょうか。



昨年も老爺柿の実生を行いましたが、

発芽が遅くてヤキモキしました。

しかし、発芽率は大変良くて驚きました。




今年の食用柿の発芽もすこぶる良好な感じです。

kaki0507c4




まだ、全ての種が発芽しきっていませんが

動き出しは始まっているようです。

kaki0507c3

一見弱々しく見えます葉色ですが、

意外と丈夫でして展葉後の伸び出しは順調な感じです。




柿の台木は3月中旬頃WAHRHEITさんから頂いた台木がありまして、

居接ぎを試みていますが、

未だに穂木の動きが見られませんです。

柿の芽の動き出しは遅めであるのは承知していますが、

良否は早く知りたいものです。



頂いた台木の一部は養成して、

来期に使用する予定です。



WAHRHEITさんに頂いた老爺柿台は、元気に芽吹いています。

rouya0507c5




***********************************




かつて、キウイの「さぬきゴールド」の実生を試みて、

その発芽率の良さに驚かされましたが、

今回の緑果系キウイの実生も相当なものです。



家内が食べたキウイの1果の種を貰って、

4月初めに播種しました。



発芽抑制物質を洗い流した後、

少し乾かしてから播種しています。




直径約30cmの鉢にばらまいています。

kiui0507c1

またこんなに苗を採ってどうしましょう。



少しアップで・・・

kiui0507c2

台木用のキウイがこれだけあれば、

全品種の確保も可能かも・・・なんて言えそうな数です。




また、欲しい方にお譲りすることになるんでしょうね。



でも、無事発芽が確認できますと嬉しいものですね。






・・




"実生、あれこれ・・" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント