パッションフルーツに初花が咲きました

野菜畑に植え付けた「パッションフルーツ」に

初花が2花ほど開花していました。



パッションフルーツの和名は、

クダモノトケイソウ(果物時計草)だけあって、

時計草に酷似の花です。

dc0716c1



自家受粉性のようですが

出来れば異品種の花粉が推奨されています。

今回はこの1品種のみでしたので、

雄しべの花粉を綿棒に付けて

人工授粉をしてみました。

dc0716c2



蔓のトンネル支柱利用のネットに届き出しました。

今後の伸び具合に期待です。

dc0716c3



この蕾も明日辺りには開花でしょうか。

dc0716c4



初めての栽培ですが、

結実・収穫を見たいところです。



お隣さんの苗も2日前から開花し出していました。

あたかも”パッションフルーツ園”と化しています(^_^)。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2012年07月16日 20:29
パッションフルーツは甘酸っぱくフルーティな味と言うことですが、今だ食べたことがありません。
スターフルーツは甘酸っぱい味だったような気が致します。
熱帯果樹はフルーティな香りと独特な味がします。
お花も綺麗で二度おいしい果樹です。
受粉して秋に収穫出来ると良いですね。
しお>日本一の果実さん
2012年07月17日 06:41
食べた人の話では美味しかったと言う方と酸っぱかったの両方で、自分で確かめるしかないようです。
まだ先の見えない果樹ですが、今出来る受粉作業はしっかりやっておこうかと思っています。