桃やスモモを少々・・

今日は久し振りに朝から夏の陽射しで暑いです。

16リットルの噴霧器を背負い、

入れ替え用の殺虫・殺菌剤の濃縮液(1L)を手に、

下の畑1へ農薬散布に出かけました。



16リットルの2回でほぼ全面に散布できますが、

ブルーベリーは収穫中ですので除外しています。



スモモ類は色付き出しますと鳥達が見逃してくれません。

大した被害ではないですが完熟間近の実はことごとく突かれます。

そこで色付き出した「李王」は色付き始めた実から収穫しました。



酸味の少ないスモモですので早取りでも意外と美味しく食べられます。

rio0709c2



鳥に突かれた李王です。

収獲果で全体に色着いた1果を齧るとまずまずの甘みを感じたので

糖度を測ってみましたが低めの値でした。

しかし、味覚的には甘い李でした。

rio0709c1



果重は100gに未達でした。

rio0709c3



次の収獲品種は「大石中生」や「貴陽」辺りでしょうか。




桃の「日川白鳳」を袋越しに触って見ますと

柔らかくなっている感じでしたので2,3果を収獲してみました。

カタログサイズでは250g、糖度は11~12%とあります。

hikawa0709c1

ほぼ、平均的な出来のようです。



家に戻って、上の畑の不明桃も2果ほど収穫してみました。

右の白桃は不明桃に完全遮光性のリンゴ用二重袋を掛けていた

同じ不明桃です(^_^)。

fumei0709c2



典型的な少量多品種栽培での収穫物です。

fumei0709c1



狭小の庭先での自家栽培では、

鉢栽培ながら多品種の果樹を手掛け、

少量の収穫物を家人と楽しむ。



スーパーでもなかなか手に入らない珍しい品種や

最新品種を積極的に取り込み・・。

自家産の果実を味わう。



これって意外と贅沢な趣味では無いでしょうか。





・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2012年07月09日 21:41
スモモや桃にも個性があります。
野菜や果樹もスーパーで入手出来ない品種を自家栽培で楽しみたいですね。
不明桃は何か分かりませんが、この時期の桃としては大果ですね。
優秀な桃です。
スモモの糖度は一般的には13~14程度ではないでしょうか。
李王の糖度12.8も悪く無いと思います。

ナアン
2012年07月09日 22:08
ウチも少量多品種栽培なのですが
カタログの重量に全然及ばなく
いつもガク~ンとしています(涙
不明桃は日川白鳳と比べて香りはどうでしょう?
2012年07月09日 22:16
16リットルの噴霧器を背負われるとは、しおさんもまだまだお若いですね。
私なんぞ10リットルの噴霧器でヒイヒイ云っております。
不明桃はかなり大玉ですね。今の時期にこれだけの大玉、大玉系の日川白鳳かも知れませんね。
猿被害を考えますと、私もこれから鉢栽培が増えていくかも知れません。その時は、スーパーで手に入らないおいしいものをと思っています。
Shimada
2012年07月10日 05:52
我が家のスモモは、まだまだ先、数年?
桃は、8~9月頃初採り?
そうでしたね、色付くと鳥被害に遭う。
全くその防御を忘れてます、
鳥防御網をそろそろ手配しなければ。
しお>日本一の果実さん
2012年07月10日 06:37
梅雨時期の果実は糖度の上昇は厳しそうですね。
残った実にはこれからの陽射しで甘くなって欲しいところです。
仰る通りでスモモの平均的な13~14になりますと、かなり甘く感じます。
李王は完熟の色付きを収穫したいですね。
しお>ナアンさん
2012年07月10日 06:48
鉢栽培での肥大はハードルの高さを感じますね。肥培管理が欠かせないように思います。
皆さんのコメントを拝見していますと、不明桃は日川白鳳もどきかしらと感じだしています。なり出しの1,2年は渋い桃であったのは共通しています。香りは特に気にしていませんでした。どちらも印象的なものではなかったかも・・。
しお>桃太郎さん
2012年07月10日 06:52
桃太郎さんの方がズッとお若く力強いでしょう。
仰る様に日川白鳳ライクな桃のように感じますね。
自家栽培は入手し難い品種に特化するのも、一つの楽しみ方ですね。そちらの「はなよめ」はお見事です。

しお>Shimadaさん
2012年07月10日 06:56
スモモの高接ぎは結実が早く楽しめますので、更新中のスモモ古木を大事にして下さい。
鳥達は赤い実に目がないです。防御は怠りなくご準備下さい(^_^)。