上の畑や庭先の果樹は・・

今朝方までシトシトと雨が続いていましたが、

薄曇りに変わりましたので果樹の様子を観察しました。



幼果の結実までは順調かと思われたビワでしたが、

「田中」は途中から新梢の動きが活発化してしまい、

高接ぎの「長崎早生」や「早五星」も全て落果してしまいました。



「田中」はこの2袋が残ったのみでガッカリです。

tanaka0610c1



「大五星」も落果が見られましたが、

少し残りました。

しかし、肥大はほとんど見られず普通のビワとなりました。

1果を試食しましたが甘みが乗らず、

淡い酸味を感じました。

daigo0610c1



これが今年の最大果で79gと小玉の「大五星」でした。

daigo0610c2



梅雨時期の収獲となるアンズの「ゴールドコット」も

全体的な色付きが見られています。

触って見ましたがまだ固い感じです。

Gcot0610c1



スモモの「いくみ」はこの2果のみかと・・。

来年は受粉樹と同期で豊産を願いたいところです(^_^)。

ikumi0610c1



庭のビューティに高接ぎの「ジュピター」は、

肥大が進んでいました。

jyupi0610c1



上の畑の「黒柿」に高接ぎの「いさはや」と「基肄城」は、

生理落下中ですが実止まりしそうな幼果も見られます。

isa_kuro0610c1



下の畑Ⅱに移植した2本の柿の木は枯れてしまったようです。

木自体は欲しいものではなかったのですが、

各種の高接ぎ品種を同時に失ったショックが大きいです。

高接ぎ枝には7品種ほど有りましたが、

バックアップをとってから移植すべきでした(^_^;)。



上の畑の「太秋」は今年も結実良好です。

高接ぎ枝の「基肄城」も2回目の結実となったようです。

tai_ki0610c1



8日に初収穫したブルーベリーですが、

今日は2回目の収穫をしました。

BB0610c1

スパルタンはその場で腹におさまったようです。





・・



この記事へのコメント

2012年06月10日 17:05
次々と色んな果実の収穫ですね。羨ましい。。。

ウチはやっと鳥よけのネットを張り終えました。
紅さやかは収穫できそうですが、収穫する気になれず。今年も樹上で成熟落果ですね。。。
しお>S.F.Takaさん
2012年06月10日 17:20
少量多品種で雑多な果樹ばかりです(^_^)。

防鳥ネット張りが完了しましたか。いよいよ、収獲待ち態勢になりましたね。
紅さやかもう少し大玉で旨味があればですね。まあ、勿体ない話しですが受粉樹として働いたでしょうから、本場では仕方ない事なんでしょうね。

日本一の果実
2012年06月10日 17:25
大五星は良い色に仕上がりましたね。
79gは上出来です。
今年のビワは全滅でした。
ほとんど受粉しませんでした。
冬の異常な寒さが影響したと思われます。
スモモ・柿と夏から秋の収穫は賑やかになりそうですね。
しお>日本一の果実さん
2012年06月10日 17:37
色だけはビワらしくなりましたが余りにも小玉で今年は散々な結果ですね。
当地より若干冷え込みが厳しかった影響でしょうか。
少量ずつの果樹種ですが、違った味を楽しめるのは良いかも知れませんですね。
今日、下の畑で桃の「春雷」をチェックしてきましたが、3果のウチ1果は袋内落果で未熟でした。残る2果はまだ固くもう少し様子見となりました。
Shimada
2012年06月10日 18:13
枇杷は、もう収穫の時期なのでしょうか?
新梢の出方が多いと落果や果実への影響が大きいのですね。
当方の実生枇杷、まだ袋を掛けたままで見てませんが、
外観から見るに、そう大きくなってないようです。
今年の当方の柿は、
初生りの興津20号の実付きがよく、
大変楽しみ、今日、消毒しておきました。
しお>Shimadaさん
2012年06月10日 18:28
新梢の動きが活発化しますと若返りで果実の落果などの影響が出やすいですね。
じっくり待って収穫して下さい。ウチの田中は、袋越しに黄色くなっているのが確認出来ましたがもうしばらく残しておきます。
興津20号は楽しみですね。ウチの高接ぎ興津には結実がなく、来年に期待です。
tangor農林8号
2012年06月10日 19:59
柿の多品種接ぎの木は勿体無かったですね。鉢から地植えへの変更は比較的着きやすいと思うとつい油断しちゃいますよね。
そちらのスモモの葉っぱは結構綺麗ですね。今日ウチの雨避け下のニュー太陽を見たら葉っぱが穴まるけ、水浸状スポットまるけだったので、そういう葉っぱを毟っていったらほとんど丸裸になってしまいました(涙)。春の間に屋根からはみ出して雨にあたっていたのが今頃効いて来たのかもしれません。スモモも結構難しいですね。
2012年06月10日 22:15
ビワは、自然落下しないものと思っていたのですが、自然落下するもんなんですね。
甘みが乗らなかったとは残念でしたね。
ブルーベリーも本格的な収穫となってきましたね。私のところはやっと唯一レカがほんのりと色が出てきたところです。
しお>tangor農林8号さん
2012年06月10日 22:20
6,7年生の地植えの柿の木でしたので、地上部の割りに根鉢の掘り起こしが十分でなく、かつ高接ぎ枝が多いので切り詰めが甘かったようです。
桃やスモモは葉を綺麗に保つのは結構難しいものですね。それなりに殺虫・殺菌処理が必要かも知れませんね。
ブドウ栽培で実績が有るtangor農林8号さんですから、準じた管理で問題なく栽培可能かと思います。
2012年06月10日 22:41
こんばんは。
ビワ、大分大きな果実ですね。
やはり、大果品種は迫力がありますね。
我が家の露地ビワは、房ごと真っ黒に枯れて残ったままになっています。
冬越しした鉢物田中は、大分遅れて5月上旬頃に咲き出しましたが、開花中にぽろぽろと崩れるように果房から落ちてしまいました。
全くもって不思議な光景でした。
柿といえば、柿の接ぎ木、時期さえ合えばそれほど難しい部類ではないようです。
しお>桃太郎さん
2012年06月10日 22:42
木の状態によっては、この様な落果にもなるようです。田中に少しの実が残ったのが不思議な位です。
レカも良い品種ですね。ウチのレカも色付き出したところです。
しお>ホワイトモグタンさん
2012年06月10日 22:59
こんばんは。
いやいや、大五星でこのサイズは大外れでしょうね。今冬の北関東の冷え込みは枇杷にとって過酷でしたね。
柿も接木適期で実施が無難と言うことですかね。良い年と悪い年が有って、活着の正否が掴めずで苦労しています。
スペシャルウィーク
2012年06月11日 00:41
お世話さまです
信州人のスペシャルウィークです(^O^)
先日の記事でコガネムシがありましたが 当方は露地植えの葡萄で成虫に葉を喰い荒らされ毎年これからの時期は困っています 始めはマメコガネでそのうちに大きなトウガネブイブイです
ベト病が発生しないぐらい綺麗にやられます汗

殺虫剤のスミチオンやフェロモントラップでは追いつきませんで 今年は浸透移行性のモスピランを使ってみてどうかというところですが 最悪劇薬指定のも視野にいれています

ネットを張る方法もあるかと思いますが 皆さんの実体験で対策などありましたら教えてください
しお>スペシャルウィークさん
2012年06月11日 06:57
おはようございます。
当地もブドウや桜桃の葉を毎年食い荒らされています。色々な農薬を試されているようですが、良い結果が見つかりましたら是非教えて下さい。

確かに防虫ネットは効果が有るでしょうが、広い露地植えでは大変な労力で考えてしまいますね。
tangor農林8号
2012年06月11日 23:18
地植えのものの移植でしたか。大変失礼しました。地植えで6~7年も経ったら根域は随分広くなっていたでしょうね。それはとっても大変な移植でしたね。そういうときは重機が欲しくなりますね。