早生桃が袋内落果していました

6月に収獲の早生桃2種が袋内に落果していました。

傷み果ですが、

初生りの桃は収穫時期が分かり難いので、

袋内落果は好都合です。



1本は「はつおとめ」で6月下旬~7月上旬が収穫時期のようです。

”成熟日数60日の最早生でサクランボの時期に収穫できる。

果重は130~160g位の小果。”とカタログ記載です。

hatuotome0614c1

2,3個と少ない結実ですが、無袋果に色付きが見られます。



もう1本が、「春雷」です。

”果形は卵丸形、果重は150g位。6月下旬頃。”

syunrai0614c1

4,5個の結実でしたが残るはこの2果となりました。



色付きの良い丸い小桃が「はつおとめ」で、他の3個が「春雷」です。

momo0614c1

春雷はカタログ記載にある通り、卵形の桃です。



恒例の果実検査データです。

先ずは果重です。

kajyu0614c1

残るはつおとめはもう少し肥大しているかと思います。

3個の春雷で一番大きめの1果です。



果肉の様子です。

上が「春雷」、下が「はつおとめ」です。

kaniku0614c1

春雷は核離れが良いですが、果汁の多さははつおとめの方が

ジューシーです。



余り期待は出来ない糖度ですが、

春雷は渋味を感じますが甘さも感じました。

todo0614c1

はつおとめは度数の割りに桃の味がしました。

初生りなのに渋味がない桃でした。



下の畑Ⅰでは「おどろき」の東に「春雷」、その東に「西王母」、

そのまた東に「はつおとめ」と並んでいます。

極早生種と晩生種が偶然にも並んで植え付けてありました。



モニター用の西王母無袋果とはつおとめが同じくらいの大きさです。

seiobo0614c1



樹勢をやや持ち直した感じの「おどろき」の無袋果の肥大も

同じ様な感じで推移しています。

odoroki0614c1



昨年までは「日川白鳳」辺りが早生品種の代表でしたが、

極早生種の参加で早い時期から桃の収穫が楽しめそうで、

来年以降が楽しみになりました。



今日は、3回目のBBのまとめ収獲を家内がやっていました。

大実種は連日のつまみ食いですが、

小粒BBは色付きを見計らって2,3日置きの収獲です。

BB0614c1

計量はしていませんが1kg強・・といった感じです。



先日、今年の一番手ジャムを昼食時に味わいました。

jam0614c1



今日は、昨日のアンズを使ったジャムの仕込みが始まっていました。






・・



この記事へのコメント

日本一の果実
2012年06月14日 19:24
自家製ジャムは果肉たっぷりで最高の贅沢だと思います。
朝食が楽しみになります。
春雷は思ったより糖度が高いですね。
形もユニークです。
春雷と西王母の並びは家でも同じです。
春雷が意識して大実で高糖度になってくれれば良いのですが。
チラ見で終わるかもしれませんが。
2012年06月14日 22:00
こんばんは。
春雷は、極早生にしてそんなに高糖度なのですか?
極早生では、ひめこなつ辺りが一番甘いものと思っておりました。
我が家の春雷も画像のような感じになっていました。
しお>日本一の果実さん
2012年06月14日 22:13
自家製ジャムの季節突入ですね。
あれこれと、ジャムにしてみたい果実が収穫時期になりますので初ジャムの果実も登場しそうです。
そちらの植え付け位置も同じとは奇遇ですね(^_^)。初生りの春雷は甘みは感じますが1,2年(若木)は渋味が残りそうです。
しお>ホワイトモグタンさん
2012年06月14日 22:18
こんばんは。
糖度は、意外な高値ですが渋味が気になりました。1,2年後に本来の味になる桃でしょうか。
日川白鳳が若木の時は渋かったです。
そちらの春雷を味見してみて下さい。
2012年06月15日 21:51
さすがに極早生はつおとめ、春雷は早いですね。
しかも春雷の糖度には驚きます。今後の成長が楽しみですね。
しお>桃太郎さん
2012年06月15日 22:22
早生桃は小玉ですが、今朝残りの春雷を食べてみましたら渋味がなく甘さもあって、完熟果に期待が膨らみました。
2012年06月17日 23:10
離核の桃の品種を探しているのですが、春雷は離核でしょうか。
どの程度の離核なのかが気になります。
しお>KOHさん
2012年06月18日 06:43
少数例ですが、春雷は核離れがよい桃だと感じました。但し、その分果肉にパサパサ感がありました。成木での実が同じなのかは2,3年後の様子見となります。