暖地でのリンゴ栽培も早20年ですが・・

本日、果樹管理記録用のエクセル・ファイルで

初めてリンゴ苗を購入した時期を調べましたら、

1992年に「アルプス乙女」を導入していました。

続けて「ジャンボ王林」と「らくらくふじ」などを植え付けていました。

当時は上の畑への地植えがほとんどで、

その他の果樹では桜桃が4、ブドウが2、プルーンを2品種と

質素に楽しんでいました。



その後、もっと沢山の果樹や品種を栽培して見たいとの変化で、

当時のリンゴ苗は大鉢植えで多品種接ぎに変貌しています。



そんなリンゴも昨年は不作の年でした。

樹勢の回復や病害虫予防に心掛けて今年も開花時期になりました。



枝先に伸び出した淡い緑は清々しい色合いで、

その緑葉の中には膨らみだした蕾が確認出来る品種も

多くなりました。



上の畑の蕾の様子をスケッチ(撮影)してみました。



「あいかの香」と「秋映」です。

aika_aki0407c1



20年前に導入の「アルプス乙女」と6年目の「紅祝」です。

ALoto_Beni0407c1



この「ゴールデンデリシャス」はHC購入苗ですが、

最近は全く見なくなりました。

Gdel_yata0407c1



「ぐんま名月」と「ハックナイン」です。

gunm_hac0407c1



大分木が傷んできた「ジャンボ王林」ですが長いこと頑張っています。

Jorin_JG0407c1



大鉢植えの古株に高接ぎの「こうとく」と「おいらせ」です。

kout_oira0407c1



この「らくらくふじ」の台木から発生した蘖を

養成して数を増やしたリンゴ台木(M26)は貴重でした。

raku_sans0407c1



「さんたろう」と「シナノゴールド」です。

santa_sinG0407c1



「静香」と「つがる」です。

sizu_tug0407c1



暖地でのリンゴ栽培は落葉果樹の中では

難易度の高い部類です。

外見は似たように作れますが、

蜜入りし難いとか赤色が付き難いなどの欠点が目立ちます。

でも、甘さは問題のない範囲で食べることが出来ます。



収穫期の秋口で夜間に冷え込みがないのが

リンゴ栽培に向かない理由でしょう。



見て楽しむ趣味栽培では、

全く問題ないです(^_^)。



偶に、蜜入りリンゴが収獲出来たりで、

結構楽しめます。





・・



この記事へのコメント

2012年04月07日 18:43
りんご栽培も20年になりますか。私は、まだ10年ちょいの経験しかありません。
蕾も見えて、楽しみな季節になりましたね。
日本一の果実
2012年04月07日 19:04
リンゴの皮は今だ食べられません。
この皮が苦手で若い頃は嫌いな果物でした。
それが今は頑張って栽培するまでに変貌しております。
思い起こしますと昔は酸っぱいリンゴが主流だったように思います。それが今は甘いリンゴに。
糖度20以上の甘いリンゴを作りたいですね。
しお>桃太郎さん
2012年04月07日 19:09
お恥ずかしいことに、ただ栽培暦が長いだけで満足な収獲は一度もありませんです(^_^)。
見た目で楽しむリンゴ栽培は、この時期が一番良い時期かも知れません。
しお>日本一の果実さん
2012年04月07日 19:13
リンゴ嫌いでしたか。
私も果樹が特に好物な訳ではないですが、誰かが食べて美味しいと言ってくれるのが楽しみで栽培している感じが強いです。
最近のリンゴ品種は、従来の常識を超えていますから、糖度20以上も可能かも知れません(^_^)。
Shimada
2012年04月07日 21:53
リンゴも私には魅惑の果樹です。
経歴20年とは恐れ入ります。
私は入門1年生、
昨秋思い切って植えて良かったと。
暖地でリンゴは出来ないと思ってましたが、
ベテランしおさんの暖地栽培リンゴ、
大いなる後押しに、
順調に仕立て、育ったとして、
ほぼまともな果実は5年後位でしょうか?
2012年04月07日 21:56
こんばんは。
林檎も蕾が見えるとは大分お早いですね。
毎日のように、氷点下まで冷え込んでいる当地の林檎は未だに動きがありません。
林檎も沢山の品種をお持ちのようで、花の観賞や食べ比べが出来ていいですね。(^^)
しお>Shimadaさん
2012年04月07日 22:27
どの果樹もそうでしょうが、特に暖地でのりんごは育て甲斐がありますね。
ブドウや桜桃とは違った楽しみ方に出会えると思います。
北関東や北陸の様には行きませんが、真似事は出来ますので大いに楽しみましょう。
しお>ホワイトモグタンさん
2012年04月07日 22:38
こんばんは。
当地も今日、明日は冷えますが零下までは行かないようです。しかし、遅霜が気掛かりで早い芽動きも良し悪しです。
当地では品種本来の特性が出難いので、花の観賞までが良いとこですね(^_^;)。
仙人
2012年04月08日 10:23
私も昔林檎を数品種植えてましたが果樹を収穫するというより花見用でした。
結局販売されてるような林檎は1個も出来ず難しい果樹だと痛感しました。
暖地で林檎を多品種栽培される しおさんのワザはすごいですよ。
しお>仙人さん
2012年04月08日 11:56
仙人さんもリンゴ栽培を手掛けておりましたか。暖地では開花・結実までは本場と違わないように見えますが、期待しすぎますと収穫時期の色付きや玉サイズにガッカリさせられますね(^_^)。
再度、挑戦を期待しております(^_^;)。
2012年04月08日 22:02
いよいよリンゴが開花間近ですね!ピンクが顔を覗かせて、展開が楽しみです。
我家の乙女も、早い枝ではつぼみが膨らみ、色が見えるようになってきました。サクラも開花してきましたが、サクランボは、、、随分と遅れています(汗)
しお>かいづさん
2012年04月09日 12:08
今年のリンゴはどうなりますか、先ずは開花が順調なことを願いたいですね。
ほぼ同じ様な果樹の進捗ですね。
さくらんぼも間もなくの開花と思いますよ(^_^)。