桃の休眠枝高接ぎは全敗です

苦手意識の兆候はハッキリと出ました。

桃の休眠枝高接ぎや居接ぎはほぼ全滅です。



居接ぎで太めの穂木だった品種が2,3本残った程度で、

高接ぎの細い穂木は活着ゼロの全敗となりました。

momotakatugi0415c1

これを機に桃の”休眠枝高接ぎ”から撤退を宣言します。



残るは9月の芽接ぎに賭けるつもりです。

過去の実績では芽接ぎの方が成績が良い感じです。



ご厚意で2年続けて同品種を提供して頂いた「は○○め」は、

3,4本が居接ぎで残ったようです。

桃の接木下手な私には、

太い新鮮な穂木でしか勝負できないようです(^_^)。



さて、気分を変えて花後の結実状況は如何に・・と、

目を皿のようにして枝先を見てみますと、

杏類に幼果が確認出来るようになりました。



着花数が少なかった「紅浅間」払子台ですが、

少し結実したようです。

beniasama0415c1



杏みたいな梅の「露茜」の幼木にも

パラパラと着果が認められていました。

実止まりがどの程度かは今年で分かる事でしょう。

tuyuakane0415c1



昨年、HCで杏と一緒に購入の「まるめろ」は、

枯れてしまったかと心配になるほど芽動きが遅かったですが、

何と動き出してみますと花芽らしき膨らみが・・。

marumero0415c1



アップで見ますと、

カリンの蕾より一回り大きめの蕾に見えます。

marumero0415c2



上の畑の鉢植え杏の「ゴールドコット」は

今年も実付きは良さそうです。

Gcot0415c1



一方、この時期までは期待を持たせる「ハーコット」も、

例年のように結実は確認出来ました。

昨年も同じ感じで結実していましたが、

収獲まで残った果実はゼロでした。

harcot0415c1

数個くらいは残って欲しいところです。



プルーン類の開花が始まっています。



受粉用に残していた「スタンレープルーン」でしたが、

昨年末に枯らしてしまい受粉状況が心配なところです。

一応、近くに異品種を置いての自然受粉です。



大実でゼリーのような果肉の「パープルアイ」です。

parplai0415c1



「プレジデント」や「パンサー」も咲き出しています。

panser0415c1

プルーンの完熟果は、

一度味を経験しますとまた来年も・・と、

きっと成ります。



少ない数ですので途中落果は避けたい枇杷の幼果に

チャチャット・・袋掛けをしました。

biwa0415c1




午後、このブログ記事を編集していますと

眠気が・・

”春眠暁を覚えず・・”です。





・・



この記事へのコメント

Shimada
2012年04月15日 18:12
貴方のような詳しくて器用な方でも
不得手なものもあるのですね。
ビギナー私の接木は、
やはり接木は難しいの結果になりそうです。
枇杷は、もう袋掛けですか、
当方は、これ幼果かな?と云う程度です。
日本一の果実
2012年04月15日 19:11
桃の高接ぎは難しいです。
スモモの高接ぎは簡単ですが、何故か桃は難しいです。
私も完敗に終わる可能性があります。
桃は挿し木の方が全然簡単のように思います。
将来的な病気は分かりませんが成長は接ぎ木苗と全く変わりません。
プルーンも完熟果ですね。
春も眠いです。
今日の午後は昼寝してから出動です。日が長くなってきましたので助かります。
しお>Shimadaさん
2012年04月15日 19:15
細い穂木の桃高接ぎは難しいですね。
挿木で品種確保を狙うべきでした。
高接ぎの良否は穂木に頼る部分が大きいように思います。
そちらのビワも良い感じで推移していますね。収穫時期が楽しみです。
しお>日本一の果実さん
2012年04月15日 19:20
今年、日本一の果実さんの桃挿し木を拝見してこの方法があったかと驚きでした。
来期は高接ぎは御法度で、挿し木でまず苗確保を優先しようと思いました(^_^)。
昼食後の短いお昼寝は、気持ちが良いですね。
日も大分延びました。
tangor農林8号
2012年04月15日 20:01
桃へ桃の接木って結構難しいですよね。
こちらの昨年秋の割り接ぎも、桃への接木はかなり生存率が低かったです。桃の台木や、バイオチェリー、ニュー太陽への接木は生存率が高かったです。
あと、やっぱり鮮度がかなり効いて来るように思います。
切ってすぐに接いだものの生存率は高かったですよ。
今年秋に接木するときには芽接ぎだけでなく、割り接ぎ、切り接ぎも試してみてください。
新鮮な穂木を使えば結構付くんじゃないかと思います。
2012年04月15日 20:19
こんばんは。
しおさんらしからぬ結果に驚いております。
ベテランの方でもこんな事があるのですね。
私のところの桃とスモモの接木は4月の頭に行いました。
そして、数日前から芽が動いてきました。
露茜は画像くらいの大きさに結実していれば、多分行けそうな気がしますが。
昨年の我が家の記憶なので曖昧ですが、落ちなかったと思いました。
2012年04月15日 21:30
モモはやっておりませんが、拝見していますと難しそうですね。お花が奇麗なので憧れましたが、場所のことも有り、今の果樹を気長に育てようと思いました。
我家ではスモモ系がかなり開花してきました。しばらくは晴れて欲しいです。
しお>tangor農林8号さん
2012年04月15日 21:38
色々と有り難うございます。
仰る様に、穂木保存や穂木の太さ、技量などが影響したのでしょうね。
兎も角、新鮮穂木の確保が課題ですね。
しお>ホワイトモグタンさん
2012年04月15日 21:52
こんばんは。
ホワイトモグタンさんではあり得ないことでしょうね(^_^)。
露茜残りそうですか、楽しみです。
しお>かいづさん
2012年04月15日 22:12
桃は栽培だけでしたら、十分楽しめると思います。
場所を考えますと、ウチの桃品種数は現状維持で十分ですね(^_^)。
そちらのベランダもスモモや桜桃の開花と賑やかになったでしょうね。

Luftchen
2012年04月15日 22:13
桃は難しいですか。。。
来週末に、遅ればせながらチャレンジ予定です。
桃の接ぎ木は初めてなのですが、楽観視していました。
しおさんの記事を拝見して、えらく緊張してきましたよ~(苦笑)
しお>Luftchenさん
2012年04月15日 22:21
失敗者が言うのも何ですが、新鮮なガッチリ穂木でしたら問題ないかも知れません。
先入観無しで楽しんでみて下さい。
気楽に行きましょう(^_^)。
2012年04月15日 22:37
しおさんも苦手がありましたか。桃は以外と難しいものなんですね。
昨年は、怖いもの知らずの初接木だったため無欲が良かったのか以外と成績が良かったです。今年は、未だ結果が見えていません。
種の保存を優先に考えたら、挿し木だって接木だってどっちだって良いような気がします。
「は○○め」は、種の保存が出来て良かったですね。
しお>桃太郎さん
2012年04月15日 22:46
大の苦手が桃の高接ぎです(^_^;)。
良い穂木の確保が成功の鍵ですね。
今年の「は○○め」居接ぎ成功は、提供者さんの穂木の良さが決め手だと確信しています(^_^)。
スペシャルウィーク
2012年04月15日 23:28
接ぎ木直前まで樹にのこした枝ではどうでしょうか?採取する枝ですが樹の上段にあるもので枝先が自然のもの、または融合されているものを使えば成功率は高まると思います。接ぎ木後の切り口を少なくする為ともうひとつ。樹は水分や栄養をを下から上に向かって補給することを考えると上部に切り口がない健康な枝が必須と考えます
そのため接いだ後の袋も被せません。
しお>スペシャルウィークさん
2012年04月16日 06:48
皆さん活着向上への工夫は色々されていますね。
ご提案の方法での実績が有りましたら是非ご紹介して下さい。
新鮮な穂木を使うことは、一番の良策でしょうね。

2012年04月17日 17:06
マルメロの品種は何ですか。自家受粉しない品種もあるそうです。
うちはかおり+スミルナの組み合わせです。
海外から古い品種の苗木を輸入しようとしたのですが、隔離栽培すらダメということでした。
今年の秋に種子を輸入する計画です。
しお>KOHさん
2012年04月17日 18:44
このマルメロはHCで購入しましたが、品種は不明ですね。
まだカリンの花が開花中ですので、ダメ元で受粉してみようかと思っています。
植物の個人輸入は難しいでしょうね。種子は狙い目ですね。また情報を寄せて下さい。