柑橘・ブドウ・柿・栗の接木など・・

今回が初めての試みとなる柑橘系の高接ぎや、

難易度が高いブドウや柿の高接ぎや居接ぎをやってみました。



柑橘系は頂いた穂木で賄っていますが、

台木が有りませんので当然のことの様に

多品種高接ぎとなりました。



1本は上の畑の露地植え金柑の「ぷちまる」です。

取り敢えず、品種確保が急務の高接ぎです。

kinkan0320c1

香酸系品種が主体です。



高接ぎ開始直前に生っていた実を収穫しました。

puti0320c1

収穫しても食べる者はいません。



放棄苗から復活したデコポンにも、

枝を借りて高接ぎしました。

deco0320c1

どれだけ残るかは全く手応えがないです(^_^;)。



下の畑Ⅰの次郎柿に、

追加品種を高接ぎしました。

今回はΩカッターを主体に用いてみました。

jiro0320c1

この次郎柿は芽動きが確認出来ました。



下の畑Ⅱの2本の柿の木にも高接ぎしてきました。

1sita0320c1

移植したての柿の木ですので、

活着したかどうか・・?

まだ明確な芽動きは確認出来ませんでした。



今回の最高難度はブドウの休眠枝接ぎです。



庭先のブドウ棚にあるネヘレスコールは撤退し、

この木に高接ぎを試みました。

hojyu0320c1

時期尚早ですが、

ダメ元のΩカットで接合しています。



下の畑Ⅰにはブドウ台木のテレキ5BBが圃場に残っていましたので、

5品種ほど居接ぎしてみました。

B_itugi0320c1

こちらも接木カッターの出番でした。



最後は、栗の高接ぎです。

「ぽろたん」をトゲなし栗に高接ぎしました。

トゲなし栗は見た目に面白いですが、

晩生でぽろたんの実に比べて見劣りします。

kuri_polo0320c1

少し枝を残しましたが、

ぽろたん主体の栗の木に変貌していきます。



柑橘と栗は、初めての接ぎ木でした。

柿やブドウも経験値は少ないですが、

接木カッターの効用を見るには良い機会と思いまして、

時期的に早めでしたが実施と成りました。




しばらく、コメント記入欄を閉じております。

急な用件は、メールでお願い致します。



・・



この記事へのコメント