多品種高接ぎ梨の花芽の様子

上の畑では唯一の露地植え梨の「ラ・フランス」ですが、

今は多品種高接ぎ用に枝を供給の台木化しています。



今年も7、8品種の追加となりますます多品種化しています。

保湿袋の花が賑やかです(^_^;)。

nasi0318c1

北側にあった柿の木も下の畑Ⅱへの移植で、

背景はスッキリしています。



昨日現在、花芽に膨らみが見られた品種を拾ってみました。

西洋梨のほとんどはまだ芽動きが確認出来ませんが、

早い和梨には花芽の綻びが見られます。



毎年、安定的な実付きの「南水」は、

花芽が付きやすい品種です。

nansui0318c1



今年初生りの期待が高まる「八達」の花芽では、

綻びて蕾が覗いてきました。

hattatu0318c1



「秋栄」と「新星」も花芽付きは良好です。

akie_sinse0318c1



昨年高接ぎの「豊水」にも花芽が付きました。

受粉樹としても貴重な一枝です。

hos_natu0318c1



大玉でジューシーな大実種は花芽付きが抜群です。

「王秋」も安定的な実付きが有り難いです。

niko_osy0318c1



この他に、和梨では3,4品種の花芽に膨らみが確認出来、

中国梨の「ヤーリー」や「ツーリー」にも花芽が付いた様です。

洋ナシ品種は後日確認予定です。



露地植え梨で持て余し気味のお方には、

多品種高接ぎはお勧めです。



収獲は、少量多品種ですが、

自家栽培で色々な完熟梨を楽しめると思います。





・・



この記事へのコメント