キウイの簡易剪定(上の畑)

朝晩は冷え込みますが良い天気が続きます。

昨日は上の畑の果樹に越冬害虫駆除を狙っての

マシン油乳剤を散布しました。



今日はゴチャゴチャ・キウイ棚の剪定を敢行しました。

剪定と言いましても、棚に1品種とは行きませんので、

残したい枝を確認しながらの切り詰めで

狭い棚なのに半日掛かりでした。



一部に緑の葉も残りますが霜枯れた葉が多くなったので、

簡易剪定を行いました。

dc1219c1

防鳥ネットの外から剪定前のキウイ棚を北東から見ています。



こんなキウイ棚でも、今年は「紅妃」、「アップルキウイ」、「香緑」の

3品種を収獲出来ました。

来年も頑張って貰いましょう・・と言うことで、

サッパリとして貰いました。



昨年に比べて残した枝が多いです。

来年はゴールドエンペラーの復活を狙っています(^_^)。

dc1219c4

簡易剪定後、南から見ています。



1品種毎の枝量は大して多くないのですが、

棚支柱の4本には2~4本くらいの苗が立ち上がっていまして、

棚上では雄木の高接ぎも点在しています。

 

dc1219c2

南西側から見ますとゴールドエンペラーの幹が大分太く見えます。



南東から見た棚の様子です。

画像に写った品種は明記しましたが、

埋もれた品種には矢印のみとなりました。

dc1219c3

多収は望めませんが、今年くらいの収量を再現出来ればOKでしょう。



剪定枝はしばらく放置です。

後日、スモモやリンゴの剪定後に

粉砕して再利用の予定です。



下の畑のキウイは良品を狙いたいので、

厳密な苗管理を目指しています。

と言いましてもまだ生育途中の苗ばかりですので、

1,2年後からの整枝・剪定になります。






・・



この記事へのコメント

2011年12月19日 17:30
こんばんは。
凄い数の高接ぎですね。この品種が一斉に生ったら面白そ~ですね。多分、日本中を探してもこんなに沢山の品種を接いであるキウイは無いと思います。
すご~い!拍手、パチ、パチ、…です。
しお>夕焼け雲さん
2011年12月19日 18:01
こんばんは。
ゴールデンキングには4,5品種の高接ぎですが、他は1本立ち苗が寄せ集めてあります(^_^)。
今年は4品種の収獲でしたが、来年は6品種以上を狙いたいですね。
ホワイトモグタン
2011年12月19日 20:17
こんばんは。
凄い過密ですね。
上の畑の棚は品種の確保が主でしょうかね。(^^)
我が家も棚を増やす予定でいますが、なかなか行動に移せないでいます。汗
しお>ホワイトモグタンさん
2011年12月19日 20:39
こんばんは。
今年も北関東の気持ちの良い剪定画像を拝見してから始めようかと思いましたが、余りにも素材の違いが大きいのでフライングの簡易剪定です。
仰る通りでして、オマケで実を付けているキウイ棚ですね。
またキウイ棚の増設ですか。大きな棚が出来るんでしょうね。楽しみにしています。
日本一の果実
2011年12月19日 20:40
良く半日で終わりましたね。
まるでパズルのようで頭が冴えておりませんと出来ません。
どなたもキウイの剪定は一番大変な作業になります。
切った後でしまった~。後の祭り状態になります。
一番大物の剪定が終わって安心ですね。
しお>日本一の果実さん
2011年12月19日 20:55
さすがに、日本一の果実さんは経験がお有りのようですね。
入り組んだ蔓の出元を確認しながら残す枝の判断など、意外と大変な作業ですよね。特に高接ぎ枝は、うっかり作業で消滅もありますので、注意深い作業となり疲れました(^_^)。

Shimada
2011年12月19日 21:56
キウイを今から始める者としては、
この多品種棚は、見て驚きです。
いろんな目論見があるための
多品種接ぎと思うのですが、
面白い試みをやられてますね。

棚の広さによると思いますが、
私は、2種位に絞りたい、
と、当初思っても、
後々いろんな思いや欲が出てきますかね~?
しお>Shimadaさん
2011年12月19日 22:23
キウイの樹勢を見ますと、狭い棚での多品種栽培はお勧め出来ませんね(^_^)。私も収穫用は下の畑のキウイ棚に期待しています。

ゆったりと良品に絞った栽培が無難だと思います。多品種の場合は、棚の拡張も頑張って下さい。
2011年12月20日 05:20
おはようございます。今日は何故か早くに目が醒めPCに向かっております。
上の畑で優良品種を見極めて、下の畑で優良品種を栽培する。理想的な栽培ですね。
私のところも小さな棚に7品種(うち雄3品種)となってしまいました。
しお>桃太郎さん
2011年12月20日 06:59
おはようございます。
最初からこの栽培法を狙った訳ではないですが、こんなところで落ち着いた・・と言うところでしょうか。
そちらのキウイ棚も多品種栽培のお仲間入りのようですね。雄木もしっかり確保されて、流石です。