露地植え桃の剪定

落葉果樹の剪定の手始めは、

下の畑の地植え桃となりました。

鉢栽培に比べて成長や枝の伸長・太りは

圧倒的に露地栽培の方が旺盛です。



鉢栽培ではほとんど新梢の伸びがありませんので、

剪定枝も僅かですが、

下の畑の剪定枝は多かったです。



突然気まぐれに剪定を始めましたので、

全ての品種を剪定前の画像を残せませんでした。

before1216c1

太枝はノコギリで切り詰めています。



株元の枝から剪定枝の量が判断出来ると思います。

after1216c1

私の剪定は自己流ですので決して真似しないで下さい。

横に枝を広げていません。



いわゆるコンパクト栽培です。

これでも、少量ながら十分収穫を楽しめます。



最近、アメリカのプロの桃栽培記事で、

似た様な樹形を拝見しまして・・、

”在るんだぁ~”とニンマリです。



株間に新苗を植え付けられる隙間がなんとか確保出来そうです。



下の畑の桃苗の中では、比較的木が小さいのが

この「おどろき」と「西王母」です。



昨年は剪定すべき枝もない貧弱な状態でしたが、

今年はご覧の様に剪定枝が出ています。

odoroki1216c1



同じく「西王母」も良い成長を示し、

剪定も存分に出来ました。

seiobo1216c1



ハネージュは樹勢が強く、

コンパクト樹形には向かない品種かも知れません。

太枝も大分切り詰めましたが、

リバウンド的な新梢発生が怖い感じです。

haney1216c1



脚立が1.5mですが、ハネージュや他の桃も樹高は

1.5m以内に仕立てています。

jyukou1216c1



一気呵成に下の畑にあります11品種の剪定をやっつけました。



花芽が付かなくて心配した「黄ららのきわみ」でしたが、

その後、少ないながら花芽が付いた様です。

kirara1216c2



整枝・剪定も他の品種と同様で、

コンパクト樹形を徹底しています。

kirara1216c1



後日、多少の手直しが必要ですが、

こんな感じで桃の剪定が終了しました。



明日は今冬最高の冷え込みらしいです。

当地でも零下の予想です。






・・



この記事へのコメント

Shimada
2011年12月16日 19:08
時植え桃も多品種栽培で、
私には相当の規模の桃園に見えます。
かなり大胆に剪定されているようで、
私も150cm以下は、理想の姿、
桃はまだ初年度ですが、
そうありたいと思っています。
しお>Shimadaさん
2011年12月16日 19:37
樹高や植え幅などを小さめに維持しようとしますと、この位に切り詰めませんとコンパクト樹形は出来ないですね。
果樹栽培では邪道かも知れませんので、コンパクト樹形は自己責任での仕立て方ですね。
日本一の果実
2011年12月16日 20:05
しおさんの気迫に圧倒されました。
なかなかここまでは出来ません。
果樹も風通しと日当たりです。
これで来年の桃も安泰でしょう。
以前仰ってましたが1本に30~40果。
多品種少量生産、日本の国土に合っていますね。
剪定は気合を入れて一気に。私もやらなければ。
しお>日本一の果実さん
2011年12月16日 21:23
コンパクト樹形で維持出来れば助かるんですが、気を抜くとたちまち大木になってしまいますね。
2,3年後に落ち着いてくれると嬉しいのですが。
多品種少量果樹では、生らせ過ぎに要注意ですね。木をダメにしてしまいます。
そちらの剪定も沢山で大変でしょうが、一気に仕上げて下さい。(^_^)

ホワイトモグタン
2011年12月16日 21:42
こんばんは。
剪定作業お疲れ様でした。
桃やスモモは1年で1m以上伸びますから、樹形をコンパクトに保つのは意外と難しいですよね。
小さくしようすると、どうしても強めに切り詰めてしまうので余計に伸びが良くなってしまいます。
西王母の樹形は良いですね。
私好みの樹形です。
しお>ホワイトモグタンさん
2011年12月16日 22:50
こんばんは。
コンパクト樹形は簡単そうで維持するのが難しいことは、ホワイトモグタンさんなら分かって貰えるでしょうね。
ウチの樹形でも、たまにお好みのモノが在りますかね。
tangor農林8号
2011年12月17日 21:52
かなり切るんですね。それだけ切らないといけないほどの成長を見せるのは素晴らしいです。
どちらかというと切りたがりの私ですが、まだまだそんなに切るほどの成長は見られません。
来年はこーんなに切ったんだよ!って言えるような成長をさせたいですね。
2011年12月17日 22:27
桃から剪定を始められましたか。さすが露地ものの成長は著しいですね。横にも上にも伸ばさない剪定というのも難しいようですね。
こちらも雪が降り始めたので、急いでブドウ、キウイの棚のものから剪定を始めました。
しお>tangor農林8号さん
2011年12月18日 08:02
露地植えの成長は凄いですね。上の畑の大鉢(100L)植えの桃も3,4年は露地栽培でしたので株元は太いです。
でも最近の剪定はほとんど切り詰め無しが多いです。1,2年で落ち着くと鉢栽培は、水と肥料管理に集中ですね。
しお>桃太郎さん
2011年12月18日 08:07
雪の前に剪定作業は、急かされた感じで大変ですね。
棚モノから剪定ですか、お疲れ様です。
コンパクト樹形と一言なんですが、これはこれでそれなりの努力は必要ですね(^_^)。