プラム類の花芽の様子

スモモ、プルーン、アンズなどに来春の花芽が着いたでしょうか。

葉も紅葉前に飛んでしまった木もありますが、

残った葉は紅葉し始めています。



枝先の見通しが良くなりましたので来春の花芽確認には

好都合であります(^_^;)。



ズッとお構いなしだったプルーンの「パープルアイ」ですが、

花芽の準備はしっかり出来ていたようです。

parplai1029c1

今年の肥大は不十分でしたが袋掛けの性か傷み果は少なめでした。



大実のスモモと思われる「ジュピター」は、

高接ぎの枝も太くなりました。

jyupitar1029c1

来春は本来の実が見られるかもです。



今年は期待以上の出来だった「貴陽」ですが、

来年も続くかは全く予想できません(^_^)。

kiyo1029c1

美味しいスモモでした。



今年は豊作のプルーン「パンサー」でした。

味も良く、害虫被害も無かったのが不思議です。

panser1029c1



極早生でありながら大変美味しいスモモの「いくみ」は、

受粉相性が良さそうな「ビックオザーク」をこの木に高接ぎしました。

来春の結実が楽しみなところです。

ikumi1029c1



この「ニュー太陽」も生らせ過ぎで失敗でした。

摘果をしっかり出来れば大実のスモモです。

newtaiyo1029c1

来春の花芽もしっかり付いています。



スモモの「太陽」と「トパーズ」も花芽はガッツリと確保です。

toparz1029c1



生らせ過ぎで失敗の黄色いプルーン「フロリナ」です。

来春は摘果して大実にしたいところです。

frorina1029c1



今年は西洋アンズの「ゴールドコット」が良くできました。

家内がジャムにしましたが、

程良い酸味が美味しいジャムに向いているようです。

Gcot1029c1

来年もしっかり実付きを確保したいところです。



開花までは例年好調ですが、結実不良の「ハーコット」です。

自家結実性の西洋アンズのようですが、

絶不調なアンズです。

harcot1029c1



その他、庭や上の畑内にあるビューティ、プラム井上、紅りょうぜん、

バイオチェリー、メスレー、サンタローザ、ソルダム、ビックオザーク、

紫峰、ハリウッド、ヴィーナス、黒琥珀、涼呂、秋姫、李王、

ケルシーなどのスモモにも花芽は付いたようです。



大実種プルーンの居接ぎ苗は流石に今年の花芽は

期待薄です。






・・




この記事へのコメント

仙人
2011年10月29日 17:34
教えて下さい。
すももって接木後 何年程度で収穫できますか?
ポット栽培、路地栽培での収穫までの期間に大きく
違いがありますか?
Cr
2011年10月29日 17:47
こちらもアンズ系は花芽が確認できました。
今年はハーコットの接ぎ木が全敗でしたので、来年もお願いできますでしょうか?
日本一の果実
2011年10月29日 18:02
花芽を確認して来年の実付きを想像するのも楽しいものです。
これだけ多品種の食べ比べは羨ましい限りです。
家の1年生スモモの挿木苗に今年わずかに実を付けました。収穫までには至りませんでしたが成長の早さには驚きです。
スモモも初夏から収穫出来ますので貴重な果樹です。
ハーコットは収穫まで行きたいですね。ゴールドコットより確実においしいです。
紅浅間はありませんでしたか?これも今年食べてみましたがおいしい杏でした。
しお>仙人さん
2011年10月29日 18:09
高接ぎ枝ですと翌年には結実しますね。
居接ぎ苗の場合ですと、鉢栽培も露地植えもそれほど違いはなく2,3年生で花芽が付き結実すると思います。
居接ぎした年に伸びた新梢を夏頃に切り詰めて年に2回目の枝を伸ばしますと元の枝は2年枝として花芽が付くと思います。スモモは1年枝の花は結実しにくい傾向にありますので、2年枝の花芽を大事にして下さい。但し、品種によって多少の差があるかも知れません。

ぴょんすけ
2011年10月29日 18:13
こんにちは。
台風による葉の傷みが可哀想なほど痛々しいですね。
でも花芽が出来ているので来年も何とか行けそうですね。
スモモ、プルーン…も凄い品種の数ですね。その他もまた多いこと多いこと、しおさんの果樹園に無いものはない!…ですね。私には「何のこっちゃ?」かよく分かりませんが。
しお>Crさん
2011年10月29日 18:13
春には上手く結実すると良いですね。
ウチのハーコットは結実しない傾向にありますが、それで宜しければ穂木の提供は可能ですよ(^_^)。
しお>日本一の果実さん
2011年10月29日 18:23
取り敢えず花芽が確認出来ますと、開花が楽しみになりますね。
スモモは結実が早いですから、せっかちな私には合った果樹かも知れません。ハーコットはゴールドコットより美味しいアンズですね。しかし、ここ2年ほど味わえていません。木はゴールドコットより立派で開花までは良好なんですが・・(^_^)。
紅浅間は下の畑に移植してあります。今年も1,2果着いていましたが取り忘れて味見できませんでした。
しお>ぴょんすけさん
2011年10月29日 18:28
こんばんは。
ぴょんすけさんの所もキウイなどで影響があったようですね。
幸い、花芽が出来た後の台風でしたから何とか来春も開花しそうで良かったです。
いやいや、在り来たりの品種のみですので最新品種は皆無に近いですよ(^_^)。
Shimada
2011年10月29日 19:26
スモモは、ご存知の通り、今年大伐採、
今、接木用新梢が大きく育ちつつあります。
従来は剪定もせず無関心で伸び放題だったので、
花芽が何たるか?、見たこともありません。
しかし、今年からは気持ちも大転換、
実るまでは大分時間が掛かると思いますが、
スモモに大関心を持っています。
しお>Shimadaさん
2011年10月29日 19:56
伐採後に発生した新梢は太い枝が沢山で来春の接ぎ木が楽しみですね。
スモモは結実が早いですから高接ぎ1年後には、味見が出来そうですね。最近は美味しい品種が多く出てきましたので大いに関心を持って栽培して下さい。
ホワイトモグタン
2011年10月29日 21:36
こんばんは。
どの品種も花芽が見られて来年が楽しみですね。
それにしても、そちらの今年の貴陽は貴陽らしからぬ生りっぷりでお見事でした。
ジュピターを初め、各品種も花芽を持ったようで、来年も賑やかな結実になりそうですね。
2011年10月29日 22:02
来年の花芽の準備はできたようですね。
あとは天気次第といったところでしょうか。
これだけスモモ類があると木の成長も早いので剪定作業も大変でしょうね。
仙人
2011年10月29日 22:07
ありがとうございます、早速来年試してみます。
夏期剪定が効果あるんですね。
なんか桜桃と似たような感じですね。
しお>ホワイトモグタンさん
2011年10月29日 22:15
こんばんは。
取り敢えずここまでは良さそうですね。
今年の貴陽は何が良かったのか不明なのが不安材料です(^_^)。
ジュピターは来年こそまともな大実を見たいところです。今年の再現が出来ると嬉しいですが、続く可能性は少なそうです。
しお>桃太郎さん
2011年10月29日 22:28
花芽までは例年通りとなったようです。
これで、来春の実付きが今年並みですと万歳なんですが・・。
ウチの木の大きさでは剪定もあっと言う間に終わってしまいます(^_^)。
しお>仙人さん
2011年10月29日 22:48
仙人さんご丁寧にありがとうございます。
そちらのスモモ栽培が上手く行きますように、念を送っておきます。
バラ科果樹の共通特性でしょうかね。
tangor農林8号
2011年10月30日 10:28
順調に花芽が出来ていますね。
しおさんの記事を見ると、うちも確認しなくちゃ!って思います。
今年はスーパーで購入した太陽が思いのほか美味しかったので、来年はスモモ類の栽培にこれまで以上に力を入れようと思っています!
またご指導のほど、よろしくお願いします!
しお>tangor農林8号さん
2011年10月30日 11:55
私も初めて太陽を食べた時は、美味しさにビックリした覚えがあります。
この太陽系統にはニュー太陽や貴陽があって、やはり美味しいスモモです。収穫後の追熟3,4日置きますと深い味わいになりますね。
一緒に美味しいスモモ栽培を目指しましょう。