上の畑:点描

今日は午後から雨の予報で明日も降雨の一日になりそうです。

現在、今にも降りそうな空模様になってきました。



朝から、果樹居接ぎ苗のポットから鉢増しをしながら、

植え変え作業をこなしました。



果樹の果実で色付きの良いモノを収獲したり、

撮影したりで午前中を過ごしました。

小玉リンゴの「アルプス乙女」が良い色でしたので、

収獲しました。既に大鉢周辺には落下したアルプス乙女が

転がっていますが、樹上に残った実のみを集めました。

ALotome1014c1

真っ赤な・・との表現がぴったりの色合いです。



最後の1果となった「シナノスイート」も良い色付きでしたので収獲しました。

sinanoSW1014c1



昨日食べた「ロンドボーディクス」は我が家のイチジクにしては

やや高い糖度で19度でした。

このところ晴天続きで甘みが増したようです。

lond1014c1

この2果は降雨で遣られる前に収獲となりそうです。



色付きと言えば、黒柿が大分黒っぽくなり出しました。

kurogaki1014c1

真っ黒になって果肉にゴマが入ると甘い柿になります。



飛ばされずに残った1果の「ラ・フランス」が袋ごと落下していました。

本来の玉サイズでないですが、

追熟させてみようかと・・。

LaFran1014c1

洋ナシの追熟は過去数年来上手く行った試しが無く、

ほとんど諦めの放置追熟です。



もぎ取直後に食べられれる日本梨は、

収獲さえ確保できれば後は食すだけです。

「南水」残り果も一緒に収獲しました。



早生種・紅芯キウイの「紅妃」の2果を試し取りしました。

まだ固いキウイですが柔らかくなったら味見となります。

kouhi1014c1



果樹ではないですが色付きの様子が綺麗だったので、

2ショット追加しました。

鑑賞用の豆柿「老爺柿」です。

実のお尻から色付く様がとても綺麗です。

royagaki1014c2

少しアップの方が分かり易いでしょう。

royagaki1014c1

赤く色付くと鑑賞価値は十分だと思いました。

完熟果は甘い柿になります。




本日の収獲果です。

flu1014c1

秋の果物は色が綺麗ですね。

鮮やかさが際立っているように感じます。






・・



この記事へのコメント

Shimada
2011年10月14日 17:40
こちらは、朝からシトシト、午後から本降り。
明日は、大雨予報です。

アルプスの乙女が見事な赤で驚きます。
私もこの苗買っておいて良かった?
これだけ綺麗に色付くと、美観的にも良いですね。
味もそこそこ、いけるのでしょうか?

リンゴ、柿、梨、キウイ、イチジク、
何となく楽しくなるような取り合わせの畑ですね。
果樹の魅力は尽きず、と云うところでしょうか?
私も早くそうなりたいです。
日本一の果実
2011年10月14日 18:03
実りの秋満喫ですね。

洋梨は私も今年再チャレンジしたかったのですが、肝心の実が生ってくれません。
これで2年連続です。(汗)
追熟ですが洋梨は自然追熟でも可能だそうです。
ただ品種によって開きがあって1、2週間から長いものですと1ケ月かかるそうです。
本来は1~2週間予冷してから常温でしょうか。
私もお仲間に入れさせて頂きたい所でありますが、来年も大して生りそうにありません。(汗)
私も何か収穫したい所でありますが、大したものが生っておりません。(汗)
サツマイモ・枝豆・え~と。え~と・・・・・・
しお>Shimadaさん
2011年10月14日 18:14
当地も夜半から降り出して、明日は本降りのようです。

アルプス乙女の色付きは暖地でも早くて真っ赤に染まりますね。味も堅い実ながらしっかりしたリンゴです。良い買い物をされたと思いますよ。

そちらも果樹品種が矢継ぎ早に増加中で、1,2年後は賑やかな収獲となるでしょうね。
しお>日本一の果実さん
2011年10月14日 18:26
洋ナシの追熟はなかなか手強いですね。2年前には予冷後の追熟も試したり、殺菌剤を塗布してから追熟など得られる情報は全て実施してきましたが、成功例はゼロです(^_^;)。
今年は開き直りの自然追熟です。
ウチも最近は数が確保できていませんが、追熟が出来たら増産に入ろうか・・などと空想しています。
そちらの野菜類はプロ級です。きっと果樹も近いうちに玄人の出来になるでしょうね。
ホワイトモグタン
2011年10月14日 20:26
こんばんは。
一度にこれだけ沢山のフルーツが収穫出来ると喜びも一入ですね。(^^)
正に味覚の秋ですね。
どの果樹も綺麗に色着いていて、目の保養にも最高ですね。
洋ナシは、10日前後で熟す品種もあるようです。
しお>ホワイトモグタンさん
2011年10月14日 20:49
こんばんは。
少量多品種の典型例みたいで、お恥ずかしいところです。とは言え、味覚の秋には色々味わいたいですね。ここにブドウが有ったら、最高なんですが・・ウチでは決して実現しない品揃えですね(^_^)。
現在、10品種程度の洋ナシを栽培中ですが、結実しましたら追熟の容易な品種を見定めたいですね。

2011年10月15日 21:30
どの果実も見事に色づいて多品種栽培のお手本の様です。
いろいろな果実の味が楽しめて多品種栽培も有りかなと思いました。
乙女やシナノスイートの色づきは見事という他ありません。
2011年10月15日 22:22
アルプス乙女を収穫なさいましたか。
こちらのは大きくて立派ですね!私も残っているものを収穫しましたが、ここまで大きいのは出ませんでした。栽培技術、樹の充実度の違いですね(汗)
しお>桃太郎さん
2011年10月15日 22:46
お褒め頂いて恐縮です。
そちらの収獲のように1日がかりの大量収獲は憧れの作業です。私の多品種は狭小な栽培場所における苦肉の策ですが、露地植えの大きな木をお持ちの場合では楽しみの倍加につながりますね。
しお>かいづさん
2011年10月15日 22:55
自然落下の方が数が多いアルプス乙女ですが、樹上に残っていた根性乙女を収獲しました。
立派と言えるほどではないですが色付きだけは良かったですね。当地で何もしなくても毎年赤くなる乙女は、孝行娘です(^_^)。